東海道五十三次単語

トウカイドウゴジュウサンツギ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

東海道五十三次(とうかいどうごじうさんつぎ)とは、江戸時代東海道に存在した53か所の宿場町の総称である。

この街道風景を描いた歌川広重浮世絵としても有名。ここでは広重の浮世絵についても触れる。

同名のファミコンゲームソフト東海道五十三次(ゲーム)の記事を参照のこと。

概要

ここで言う「東海道」は、江戸時代に制定された江戸日本橋から三条大橋までのであり、現在国道1号とほぼ同じのりである。JR東海の「東海道線」も多くの区間で沿っているが、熱名古屋あたりで大きく回路を取っている。

歌川広重浮世絵1833年頃から発表された作品で、出発地の日本橋終点を含めた55点で構成されている。すがらに描いた模写を元に製作されたこの作品群は、現代では広重の代表作のひとつ、ひいては浮世絵全体の代表的作品として有名である。また当時海外に流出した浮世絵の中にこの広重作五十三次も含まれており、ゴッホなどの西洋の画にも影を与えている。

昔、永谷園お茶漬けにはおまけとして名画のミニカードがついてきてたものですが、この東海道五十三次もそのシリーズとして結構見かけるものでした。…と言ってたら期間限定で復活したよ!

なお、東海道の各宿場町は東海道の記事を参照のこと。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E9%81%93%E4%BA%94%E5%8D%81%E4%B8%89%E6%AC%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東海道五十三次

1 ななしのよっしん
2019/08/31(土) 01:42:12 ID: kxGqHFLVe+
広重の東海道五十三次は実は第一版から第三版まであって、たとえば同じ日本橋でも全く絵柄が違う。つまり単純な計算で165枚存在することになる。