東祥高単語

アズマヨシタカ

東祥高』(あずま よしたか)とは、日本作曲シンセサイザー奏者である。

概要

1947年生まれ。奈良県出身。

※宇陀市の市歌「うるわしの里」の作詞・作曲を担当exit

1969年に、フォークソンググループ「五つの船」に加入。脱退後はアナログシンセサイザーを駆使した音楽を発表し、冨田勲・喜多郎らと並ぶシンセサイザー音楽の第一人者となった。

1983年からはデジタルシンセサイザーを導入。NHKの番組BGMオリジナル曲にて、日本の情緒感を魅的に表現した楽曲の数々をリリースした。

1995年には、セガサターンソフトパンツァードラグーン」の音楽を担当し、特異な世界観を壮大なスケールへと印づける音楽に数々で、ゲームファンの心にもその名を刻んだ。

その後は、大阪ドームオープニング式典の音楽監督を務めたり、「鬼太鼓座」出身の井上真実とのユニットを結成して和洋折衷の表現を追求したライブを行うなど、関西を中心に精的な活動を行っていたが、2012年10月11日に肺炎で亡くなった。64歳。

関連動画

関連商品




関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E7%A5%A5%E9%AB%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東祥高

1 ななしのよっしん
2013/07/26(金) 20:17:09 ID: VKl8m00qXG

お亡くなりになっていたのか
ショックだわ
2 ななしのよっしん
2014/10/25(土) 19:41:25 ID: IPWJfQx0D4
パンツァードラグーン飛翔は本当に凄い曲
一曲だけで世界観を描いているようにも思えるほどの壮大さ

もう2年なんだなあ