松井優征単語

マツイユウセイ
2.1千文字の記事
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

松井優征とは、日本漫画家である。男性。代表作は『魔人探偵脳噛ネウロ』『暗殺教室』。

概要

1979年1月31日埼玉県生まれ。音楽家に持つ。

好きな色は肌色食はファンレター(いずれもジャンプ掲載時のハシラ文より)。ひいきのプロ野球チーム読売ジャイアンツ趣味・特技はフカキョンの顔マネ。

ボボボーボ・ボーボボ』の作者澤井啓夫の元アシスタントであり、『ボーボボ』単行本アシスタントページに何点かカットを描いている。この縁からか、『真説ボボボーボ・ボーボボ』の第49話には『ネウロ』第4話に登場した至郎田正影ドーピングコンソメスープゲスト出演を果たした。
なお全くの余談であるが、『ボーボボ』『ネウロ』ともにアニメ化時の主人公声優子安武人である。

自画像は上下にぱかっと割れた眼球から顔が覗いているというもの。
週刊少年ジャンプ1連載されている『ヘタッピマンガ研究所R』(村田雄介)には、魔人モードネウロイメージした姿で登場し、自身の漫画に対する考え方をるとともに「死ねイイのです……!」の台詞を残すなど強インパクトをもって描かれた(これは本当に言ったかどうか不明)。なお『ヘタッピマンガ研究所R』では毛の長い好青年としての描写もあり、『魔人探偵脳噛ネウロ』23巻の著者近影でこれにかなり近い実際の容姿が明らかになった。ていうかイケメン
近年は『暗殺教室』のヒットに伴いテレビや雑誌への顔出しが増加している。

作風など

個性的で魅あるキャラクター気のある画、独特の構図など、いずれも独創性あふれた作を持つ。週刊少年ジャンプ2008年52号に掲載された読者向けのオリジナリティ講座では、「羊羹好きのお様が気に入るのはどのお土産?」[1]というそれ自体既にオリジナリティーに満ちた例題で読者に自分の考えを示した。

イラストレーター石原人を手本にしている。十二傑新人漫画賞の審員を務めた際のインタビューで、「自分の絵は雑でいい加減で粗いので、雑でいい加減で粗い絵でしかかけない画面、上手い人には真似できない絵を理想としている」という旨をっている。

ここという場面では凝った構図が多く見られる一方、それ以外の場所はなるべく簡単な絵になるようにしているとのこと。
一方前述の『ヘタッピマンガ研究所R』では「構図にこだわるのなんてキャラに心血を注ぎきってからでいい」ともっている。そのキャラクター作りに関しては、全てのキャラクターにおいて「何かに関して純で、ひたむきであること」にポイントをおき、それは『ネウロ』作中でも登場人物の「芯」として言及されている。

作中にイメージ画像や風刺的意味合いを持ったイラストが挿入されたり、登場人物の名前などがパロディや一定のテーマに沿ったものになっているなどの遊び心も見受けられる。

「商品としての漫画」を常に心掛けていることでも知られている。アンケートの結果に左右され打ち切りの可性が常にある週刊少年ジャンプでの連載のため、連載開始の時点からいつどこで打ち切られても物語が綺麗に終わるように計画して執筆している。これは「商品(=漫画)を提供する側は消費者(=読者)に完成品を手にして貰うべき」という思考に基づく。
この構造を踏まえた上で『ネウロ』や『暗殺教室』を読むと、「ここではどうやって終わらせる予定だったんだろう?」とまた違った読み方が出来るようになるだろう。

ファン層は老若男女幅広いが、2016年にとある雑誌に掲載されたインタビューで「『ネウロ』の時はびっくりするぐらい子供ファンが付かなかったので『暗殺教室』ではそれをした」と発言している。

略歴・作品

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *参考→exit
  2. *魔人探偵脳噛ネウロ』23巻に収録。
  3. *掲載から時を経ること約5年、『暗殺教室』最終巻に収録。

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E5%84%AA%E5%BE%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松井優征

247 ななしのよっしん
2021/03/13(土) 17:06:22 ID: 7bNLifv7XO
>>240-243
素晴らしい
たちも先生の教えをしっかり受け止めて恩返ししなくては
(懐に何かを抱きしめながら)
248 ななしのよっしん
2021/03/13(土) 17:16:57 ID: ZJ5y22MnK4
>>240
漫画についてここまで言化できるという時点で鬼才
249 ななしのよっしん
2021/03/19(金) 13:50:00 ID: TlJYBW7EVd
にして中身を見てみたい
そんな事しても理解できないから漫画を読む事で中身を覗くしかないけど
250 ななしのよっしん
2021/04/12(月) 01:28:49 ID: /1KDdDvt3p
漫画を計算で描く人だから暗殺教室くんは可愛いけど性癖というより、こういうキャラの方が動かしやすいって理由で中性的男の子にしてるんだなって思ってたんだよね。松井先生っていい意味で作品に執着がない感じがするから。

逃げ若は隙あらば若をえっちに描こうとしてる松井先生の執念が凄まじくてこの人も拗らせてるんだな…と知ることが出来て近感が沸いた…。
ショタあそこまで可く描ける人あまりいないからありがたい
251 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 16:04:28 ID: CRTJZouEOO
確かにどの漫画ストーリーが綿密に計算されてて完成度の高い物を毎度作れる所は凄いと思うんだけど、
アクが強いキャラの立て方が所々単調で下品と言うか、最後には生理的な嫌悪感が勝って結局好きになれない。
学ぶべき所は多いと思うけど読んでて(またこれか、もういいや)ってなってしまう。人によっては間違いなく魅だろうし、好きな人には申し訳ないけど。
252 ななしのよっしん
2021/04/19(月) 01:24:48 ID: cIoz+xXgHh
手塚治虫漫画手法に近いものを感じた。

駄な言葉や表現は減らし、見せたいもの、伝えたい事のみに絞り際立たせていけば、いずれは記号の様になるのではないか?という事だ。

スターシステム読者の負担を減らすという意味で非常に有効だろうし、小さいコマの表情も画一的な部分を持たせればどういう反応をしているかが分かり易い。

読み返してみると松井先生の作品は背景がとても少ない。
場所のイメージと配置が印付けられればあとは動きに必要な範囲以外をぼかしている。ハナからないものに違和感を得ることはないし、余計な誤解も生まない。

素晴らしい絵を描くと背景情報も必然的に増える。
物凄いリアルバトルを描けば背景建物が適切な配置に思えないと違和感につながってしまう。かと言ってそれほどくもないのに効果線で誤魔化しまくれば手抜き感が出る。コレは読者にとってストレスだ。
更に細やかなタイの揺れなどにもが行き取るべき情報が増えて労も増える。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
253 ななしのよっしん
2021/05/14(金) 01:34:30 ID: rB+33DLFWy
暗殺教室読んでてギャグシーンいなって思ったけど、若手時代にボーボボアシスタントやってたのね笑
254 ななしのよっしん
2021/05/16(日) 16:45:15 ID: TlJYBW7EVd
>>253
自分にレスするのも何だが>>239を見てほしい
松井先生の苦労の跡が見える
255 ななしのよっしん
2021/09/24(金) 23:45:48 ID: SyfN08uExN
若君読んでてめてシュバッみたいな独特の動き凄いなあって思った。
一発で「松井優征の作品だ」とわかるもん

2000年も過ぎてて、あれだけオリジナリティのある動きを新たに生み出せたの凄い

あと週刊連載なんて常人は1回でギブアップしそうなもんなのに未だにジャンプで描き続けてるの凄まじい
256 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 02:31:28 ID: 9VnFQBuYOt
この人は少年漫画家の中で一番の天才だと思ってる
漫画家に限らず有名なクリエイターどは才や直感的な感性が大切だと言ってて、言化できる人は少ない
>>240で書かれてることも、昔の一流の漫画家が言ってきたことだしハリウッドの脚本の本を読んでると同じことが書いてある
作品の内容を一言で説明できる、シーンテーマを明確にする、セリフを減らす、ストーリーが逸れることが多く緊感が削がれるのでコメディ展開は極省く、ストーリーは同時に進行させる、不快になるキャラや展開を出さない(ただの犯罪者悪人主人公側に入れない、悲劇を演出する時に子供動物を犠牲にしないとか、他にも多数あるけど)
ただ、最近の脚本家監督は、今は作品が膨大な数に増えていることやネットが発達したのでマイナーメジャーくなってる、従来の手法が通じず逆に言えば好感だけで大ヒットする方が多いことに言及してる