松屋単語

マツヤ
1.2万文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ
  1. 松屋 - 東京に店舗を置く百貨店松屋銀座・浅草の記事を参照。
  2. 牟田松屋 - 福岡県大牟田市にかつて存在した百貨店
  3. 福岡松屋 - 福岡県福岡市中央区にかつて存在した百貨店マツレディスとも言われていた。
  4. 松屋 - 東京都葛飾区柴又帝釈天にある屋。松屋の飴切りを参照。
  5. 松屋 - 関西一円を販売エリアとする焼肉肉料理チェーン店。焼肉特急を参照。
  6. 松屋フーズ - 牛めし豚めしカレー定食味噌汁を付けておなかを満たしてくれる庶民の味方、みんなの食卓。本項で解説

なお、いずれも沿革・資本関係・人事交流等一切関係の別会社である。

概要

豚めし+生野菜株式会社松屋フーズが展開する牛めしチェーン店。

かつて中華飯店を経営していた創業者が、牛丼の味に衝撃を受け、後にライバルとなる吉野家に通い詰めて味の研究を行い、1968年東京都練馬区にある西武池袋線江古田駅周辺に一号店を出店した。この当時から牛めしとともに焼肉定食カレーメニューに加えており、他チェーンと明確な差別化を行っている。

古田学生であり、同時に都心通勤する独身サラリーマンの多いベッドタウンであったことから、学生サラリーマン満足させるメニューを置こうということで「牛めしカレー定食」の三本柱が完成した。

以降、内に留まらず中国アメリカにも出店しており、現在グループ全体で1000店をえる一大チェーンにまで成長している。一方、ロシアモスクワにも出店していたのだが業績が振るわず半年で閉店した。

冒頭でも書いてあるがデパート松屋銀座とは一切関係。ちなみに、銀座駅周辺には松屋フーズの店舗は存在しない(銀座駅から最も近い松屋フーズ店舗は、松屋新3丁店・松のや新店)。

業態

松屋フーズには現在11種類の業態が存在する。マイカリー食堂・テラスヴェルト以外は全て「」の字が入っている。なんならテラスヴェルト以外は「ま」が付いている(こじつけ)

クリックするとその業態の説明に飛びます)

各業態は同じ建物の別階層に併設されることも多いが、一部の店舗では同じ建物の同じフロアに併設されていることもある。後者の併設店舗の場合は、例えば「松屋+松のや」「松のや+そば」「松屋+マイカリー食堂」の商品を同時に頼むことができるので「牛めし+単品とんかつ=カツ牛めし」「カツ丼+単品天ぷら=油分たっぷり丼」「牛めし特盛+半熟玉子+とろーチーズトッピング=とろーチーズ牛めし特盛半熟玉子つき」といったことができる。

また、松屋の限定商品として「うな丼」「まぐろ丼」や「ごろごろチキンバターチキンカレー」が出る際にすし松やマイカリー食堂が監修するなど、業態間での連携も見られる。

以下、特記ない限り価格は税込表示・店内飲食とする。

松屋

創業 内容 内店舗数 券売機の有
1968年 牛めしカレー定食・丼 982(2022年5月現在 有(ごく一部exit

基本形態。牛めしカレー定食・どんぶり物がメイン

2021年9月28日14時に従来の牛めしプレミアム牛めしは取り扱いを終了し、新たな「牛めし」に切り替わった。同時に全店舗でプレミアム牛めしの価格に統一されている。

2021年9月28日14時まで 内容 2021年9月28日14時から
プレミアム牛めし 牛めし 牛めし
アメリカカナダ アメリカカナダ 牛肉の産地 アメリカカナダ
チルド(冷蔵)【注】 冷凍 牛肉の保存方法 冷凍
中国 玉ねぎの産地 中国
提供される 提供されない 胡麻焙煎七味 提供されない
380円 320
沖縄290円)
価格 380円
11月16日から沖縄280円)
663店舗(一覧exit 290店舗(一覧exit 取り扱い店舗数 全店舗
下記参照 下記以外 提供エリア
プレミアム牛めしの販売エリア関東1都4県(栃木群馬以外)のうち神奈川県の2店舗を除く全部、静岡県愛知県の一部、近畿1府4県(大阪三重以外)の一部
過去には岐阜県大阪府広島県でも提供されていたことがある。

【注】新型コロナウイルス感染症による輸入の停滞により、2020年6月以降は一時的にプレミアム牛めし提供店舗でも値段は380円のままで冷凍肉を使用した牛めしが提供されていたexit。ただしつゆの味が違ったり、玉ねぎは引き続き産限定だったりと差別化はなされている。

ごく一部の店舗(石川県金沢示野店、福井県福井若杉店、福岡県神松寺店、東京都浅草南店、東京都府中本町店、千葉県市川PA下り線店など)では、松のやじゃないのにとんかつを販売している。もちろん牛めし定食も販売しているし、浅草南店に至ってはさらにマイカリー食堂を併設しているという店舗。特に福岡県神松寺店については松のやの輸入品ではなく純な松屋としての商品なので、「創業ロースかつカレー」という全でも希少なメニューを食べることができる。ちなみにかつては広島県広島店(2020年11月25日閉店)でも提供されていた。

ごくごく一部の店舗(秋田県花輪SA上り線店や千葉県市川PA下り線店など、高速道路系の店舗)ではラーメンうどんなどを販売している。うどんはたまに関西圏の通常店舗でも取り扱われることがある。

たかつ牛丼ショックBSE騒動)の際に牛肉不足対策で豚バラ肉を用いた「豚めし」が発売されていたことがあるが、牛めし復活しほとんどの店で終売。その後も一部の店舗で細々と豚めしを出したりしていたが、2021年1月町田店を最後に全ての店舗で取り扱いを終了した[1]。その後、2022年2月を肩ロースに変更したうえでふたたび全販売を再開したが、4月には順次取り扱いを終了してしまった。

なお、公式オンラインショップでは豚めしの具を通年で買うことができる。購入はこちらexit

メニューは、牛めし(380円・沖縄280円)、たっぷりチーズ180円)、半熟玉子(80円)、オリジナルカレー(480円)、焼肉定食(690円)、ビビン丼(590円)、厚切りネギ塩豚焼肉丼(590円)。

特徴

松のや、松乃家

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2005年 とんかつ 236(2022年5月現在 有(ごく一部exit

とんかつ専門店。最初に新宿ガード店を出店した時は「黒豚とんかつ&和定食の店 松乃家」という看で、焼き魚なども提供する和食中心のお店だった。その後2008年めて”新業態”として赤坂店(現在はマイカリー食堂赤坂店となっている)を出店している。一部のネット記事では赤坂店が1号店という記述もあるが、上記の経緯があるためやや不正確(松屋の公式リリースでも2号店と書かれている)。

新宿ガード店を出した当初は黒豚を使用し、ロースかつ定食120g1,000円とやや高い価格帯の店だったが、2010~2011年ごろからはとんかつに注したうえで安価路線に方針転換。現在の松のやはアメリカ産の豚肉を使用し、とんかつ定食かつ丼500円台と非常にリーズブルなお店となっており好評を博している。また、他にもからあげフライドポテトなどの揚げ物も取り扱っている。もちろん、松屋と同様にみそ汁無料でつくが、カレーメニューにはみそ汁がつかない。さらに、定食メニューは全品ライス大盛無料一部店舗exitではごはんおかわり無料)。

松屋フーズでは松屋に次いで出店数が多く、鹿児島県沖縄県では松屋が出店するよりも先に松のやが出店していた。

名前が2通りあるが、現在新規出店する店は「松のや」で統一しており、「松乃家」も順次「松のや」に統一していく方針。これは海外出店を見越して、ひらがなを使用することでとんかつ日本食であることをアピールするため。「松乃家」のロゴ文字だけだったが、「松のや」のロゴは皿と箸をかたどったデザインを用いている。

ちなみに2022年3月現在、店舗検索での表記・食券・看などが全に「松乃家」のままになっていることが確認されているのは長野上田店と山口・防府店の2店舗のみ。

メニューは、ロースかつ定食(590円)、ロースかつ丼(590円)、ロースかつカレー630[2])。

マイカリー食堂

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2013年 カレー 1102022年5月現在 有(ごく一部exit

カレー専門店。初出店は渋谷南店(後にいきなり!ステーキ渋谷公園通り店になり、現在はそれも閉店)だが、のちに三鷹に移転した。現在ではCoCo壱番屋に次ぐカレー業界2位の約100店舗を出店している。ココイチ1000オーバーなので強すぎるけど。

長らく首都圏東京都神奈川県)に店舗を構えていたが、2020年9月29日静岡県、同10月8日大阪府10月23日沖縄県に初出店し、以降全へ急速に店舗を広げている。
また、多くの店舗は松屋または松のやとの抱き合わせで出店されている。ただし、マイカリー食堂のメニューを頼んだ場合みそ汁はつかない

辛さはマイルドから極辛(4辛)まで5段階で選べる(一部の限定メニューバターチキンカレーを除く)ほか、カレーソースオリジナルと欧から選ぶことができる(一部メニューを除く)。券売機を導入している。

メニューは、プレーカレー(400円)、手仕込みロースかつカレー(590円)。

すし松

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2006年 寿司 9(2022年4月現在

寿司屋。価格帯は低価格~中間程度で、皿により値段が違う。2021年4月現在東京都埼玉県に合わせて9店舗を構える。

ほとんどの店では特急レーンで場から注文品を送るシステムだが、蒲田1号店・蕨店は板前カウンター内で握るスタイルとなっている。

1貫単位の価格設定で、安い皿から77円(メニューまぐろ)・143円(サーモン)・209円(中トロ)・286円(大トロ)などがある。ただし蒲田1号店・蕨店は2貫単位の価格設定となっており、1皿当たり他店価格の2倍となる。

福松

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2006年 高級割烹料理 1

回らない寿司屋(高級割烹料理店)。店舗は三鷹(本社ビル内B1F)のみ。以前は新小岩や吉祥寺にも店舗があり、新小岩は回転寿司だった。

メニューは、御食:にぎり御(3,500円)、御夕食:福にぎり(5,000円)。

松軒中華食堂

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2017年 中華料理 5(2021年4月現在 掛川PAのみ有)

中華料理屋。2021年4月現在千歳烏山店(1号店)・調布店・田店・練馬店・掛川PA(下り線)店が存在する。掛川PA店以外はすべて東京都内の京王線西武線沿線。

店舗によって商品の値段やオペレーションが一部異なる。以前は本当にバラバラだったが、最近掛川PA店以外のメニューの値段については統一された。掛川PA店のみ券売機で、それ以外の店舗はレジ精算。その関係か、店舗検索上では掛川PA店以外が交通系IC非対応になっているが、実際はそうではない。

また注文方法も掛川PA店は券売機だが、練馬店・調布店ではタブレットで、千歳烏山店・田店では店員に直接注文する。

店は元・セロリだったためトマト麺という独自メニューを出している。かつては千歳烏山店と練馬店がちぢれ麺だったが、現在は他店に合わせてストレート麺になっている模様。

メニュー(千歳烏山店/掛川PA店の価格)は、醤油拉麺(480円/690円)、炒飯(490円/550円)。

cafè terrasse verte

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2009年 カフェ 1

カフェ業態。「テラスヴェルト」と読む。ヴェルトとはフランス語のことで、の多い武蔵野市に店舗を構えることから。店舗は三鷹(本社ビル内2F)のみ。店内には貸し会議室もある(1時間4000円〜、ワンドリンクサービス)。

メニューはモーニング:厚切りトーストセット(450円)、ランチビーフカレーセット890円)、グランドメニュービーフカレー(700円)、ドリンクブレンコーヒー340円)。

ステーキ屋松

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2019年 ステーキ 4(2022年4月現在 有(国分寺店は

ステーキ専門店。2019年3月三鷹店より展開開始。2021年11月現在三鷹(本社向かい)・下北沢吉祥寺国分寺に店舗がある(いずれも東京都)。国分寺店以外は券売機を導入している。国分寺店はタブレット注文制で、食後にセルレジで精算する。

メニューミスステーキ150g・1,200円)、ロースステーキ150g・1,000円)。ステーキを注文したらライスサラダスープおかわり自由となる。

下北沢店はコーヒーおかわり自由だったが、2022年1月26日をもって終了した。

松そば

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2019年 そば・天ぷら 1(2021年4月現在

蕎麦専門店。2019年11月清瀬店より展開開始し、その後横浜の上大伊勢佐木町にも開店したが相次いで松のや+マイカリー食堂に転換する形で閉店し、現在清瀬店が残るのみ。といい松屋フーズが天ぷらを出すと長続きしないジンクスでもあるのだろうか。券売機を導入している。

メニューは打ち立てせいろそば(一枚盛り330円)、天丼(490円)。

米(my)バーガー/こめ松

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2021年 ライスバーガー 11(2022年2月現在 実店舗なし

2021年4月出前館によるデリバリーのみテスト販売としてスタートした(いわゆるゴーストレストラン)。当初は松屋三鷹店と松屋青葉台店で取り扱っていたが、6月1日に20店舗追加され東京都神奈川県の合計22店舗での取り扱いになる。

なお、テストのためしばしば販売店は変わっている。現在の販売店舗はこちらexitを参照(深夜など、こめ商品取扱時間中以外は何も表示されません)。

と五穀のバンズを選択できるほか、具材・タレソースの組み合わせを変えることで全32通りの楽しみ方がある。

メニュー牛めしバーガー(500円)、バーガー(500円)。

松弁KITCHEN

創業 内容 内店舗数 券売機の有
2021年 弁当専門店 2(2022年3月現在

弁当専門店。現在糀谷駅近くの糀店と、あびこ駅近くのあびこ店のみ。

松屋と松のやを足して2で割ったような業態。新型コロナウィルス感染拡大のから外食の機会が中々とれない昨今、「おうち時間」を応援したい、「みんなの食卓でありたい」という理念を実現すべく、新しく立ち上げたブランドであると説明している。

報道公式リリースでは「松屋が弁当専門店に新規参入!」と銘打っているが、もともと松屋・松のやの弁当専門店自体はあった(例:松屋・松のや 惣菜小田急多摩センター店(現在閉店)、松屋 サテライト東中野2丁店など)。しかし、弁KITCHENではオリジナル弁当を取扱うという点が大きく異なる。

この業態に特徴的なメニューとして、オリジナル弁当という松屋のおかず(皿など)と松のやのおかず(とんかつなど)を合盛りにしたワンコイン弁当を販売していることが挙げられる。松屋のおかずは4種類、松のやのおかずは3種類から選択可で、合計12通りの弁当チョイスして購入できる。

また、松屋のメニューを発展させたオリジナル商品「たっぷりチーズトマトハンバーグ弁当」など、松屋の既存商品を活かしつつも幅を広げたメニュー提供している。もちろん、牛めし弁当ロースかつ定食弁当など通常の松屋・松のやのメニューも購入可

メニューオリジナル弁当500円)、たっぷりチーズブラウンハンバーグ弁当(600円)。

かつて存在した業態

和食

和定食の店 松屋

2001年11月に登場。新宿区新宿ガード店のみの1店舗で、和食ブームに合わせて新業態として誕生。

のちに、先述した「和定食の店 松乃家」となり、現在の松のやの流の流となった。

チキン亭、松八

八は「しょうはち」と読む。1号店はチキン亭が2001年4月杉並区高円寺に、八が2006年3月神奈川東京町田オープンした。

もともとはチキンかつ定食ロースとんかつ定食など、揚げ物料理較的安価提供していた業態。なので、メニュー的には松乃家よりもチキン亭の方が現在の「松のや」の流と言える。

そのため、「安いとんかつチキン亭・八、高いとんかつは松乃家」だったが、2011年ごろからはたった2店舗しかなかった「和定食の店 松乃家」が和定食の店の看をおろして「松乃家」として安いとんかつに注・店舗拡大するようになり、関係が逆転。

2014年には大宮店と川口店が松乃家に転換され八が消滅、2020年には最後まで残っていたチキン亭西新宿店も松のやへ転換された。最末期には松のやのメニューチキン亭で出されていた。

すし丸、焼津丸、吉エ門

回転寿司業態。2006年コバヤシフーズから営業譲渡された。

すし松として生き残っているかと思いきや、実際にはほとんどがすし松になれずに閉店してしまっている。現在も営業しているのはすし松に転換した蒲田1号店のみ。蒲田2号店もすし松に転換したが、そちらはビル建て替えに伴い2021年閉店した。

ヽ松

天ぷら専門店。読みは「てんまつ」。1号店は立川だが閉店し、横浜伊勢佐木町に残っていた店舗もそばに転換された(のちにそのそばも閉店)。券売機を導入している。

メニューサービス天丼390円)、天丼(550円)、十割そば(350円)、天ぷら定食(650円)。上記のそばに似ているが、そばが二八そばではなく十割そばになっており、各メニューも開店当初のそば清瀬店より40円ずつ安くなっている。

中華

鉄菜

「てっさい」と読む。ちゃんこめんを看メニューとし、醤油らーめん餃子など中華料理とする。

八と同じ2006年3月に、1号店を埼玉川口に出店。

青島餃子

「チンタオぎょうざ」と読む。中華料理店で、開店当初は餃子を5個100円提供していた(が、後に200円に値上げ)。1号店は2004年6月に出店した国分寺店(旧・松屋国分寺店の隣)。

ちなみに、松屋の海外初出店は中国で、餃子よりは少し遅い11月の出店。

麺Dining セロリの花

ラーメン屋。武蔵野市吉祥寺店と西東京市・田店があったが、吉祥寺店はトマト(のちにステーキ屋松)に、田店は松軒中華食堂に変更された。

トマトの花

ラーメン屋。2017年東京都日の出町のイオンモール日の出に初出店したが、2022年3月27日閉店した。かつては越谷レイクタウンにも出店したが、2年足らずで撤退してしまった。また吉祥寺にも出店していたが、ステーキ屋松に転換されてしまった。

メニューは、モッツァレラチーズ添加スープトマト麺(750円)。

地蔵ラーメン、博多ラーメン きんしゃい、巣鴨柳麺、田無柳麺

いずれもラーメン屋。

地蔵ラーメンが最も古く、1998年には市川市・本八幡杉並区・高円寺、田(のちの西東京市)に存在したことが確認されている(2000年には本八幡のみに)。地蔵ラーメン店はのちに田麺、セロリを経て現在は松軒中華食堂田店となっている。

きんしゃいは杉並区・西荻および武蔵野市吉祥寺に、巣鴨麺はその名の通り豊島区巣鴨にあった。

洋食・その他

甍亭(KAWARA-TEI)

「かわらてい」と読む。甍とは本来「いらか」と読み、瓦葺きの屋根のことを意味する。おそらく、松屋の創業者兼当時の社長が瓦葺氏だからだろう。

焼肉業態で、杉並区・高円寺店があった(松屋高円寺店の2階)。Wayback machineによれば1998年1月には存在したことが確認できるが、その他の情報は不詳。

REPINO trattoria

「レピーノ トラットリア」と読むが、通常はレピーノと呼ぶ。トラットリアとはイタリア語で大衆向けレストランのこと。

イタリア料理専門店で、前述の甍亭から転換(そのため高円寺の1店舗のみがあった)。石窯焼きでもちもちした食感のナポリピザを看メニューに、備長炭で焼き上げた炭火焼き料理イタリアンワインなどを提供していた。

松屋フーズにしてはしい洋食専門店だが、2005年5月オープンしたのに2006年7月閉店してしまい、わずか1年ちょっとしか営業していない幻のお店となってしまった。

松屋グリル

松屋のファミリーレストランのような店舗。板橋区・西台店があった。牛めしステーキなどを取り扱っていて、ドリンクバーも設置されていた。

ちなみに、松屋イオンスタイル豊田店にはなぜか松屋グリルロゴがあったとか。

MATSUYA

池袋東口店があった。2001年5月に登場し、女性客をターゲットに今までの松屋よりもカッコつけた一線を画した店舗づくりとなっている。メニューは「ビーフライス」「カレーライス」「マーボ&ライス」のほか、ソフトクリームなどのデザートメニューを取りえていた。

MATSUYA for yourself

小金井市武蔵小金井店と杉並区・南佐ヶ店があった。松屋のセルサービス店舗のはしりだが、現在セルサービス店舗と違い「サラダバードリンクバーがある」「全メニューが通常店舗より数十円値引きされている」が最大の特徴であった。また、当時まだまだボタン式券売機が残る松屋ではしくタッチネル券売機を導入していた。

松屋フーズのサービス

電話予約

ごくごく一般的なサービス。店舗に電話をかけて注文すればテイクアウト弁当を用意してくれる。テイクアウトができる全店舗に対応している。

還元は特にない。決済は店頭で現PayPayレジに決済端末がある店舗なら各種決済方法)で行う。

ネット注文

ネットモバイルオーダーの2つがあり、還元率などに違いがある。

還元率は、受取時刻を基準として前々15時~前末14時59分までの利用額によって変動する。例えば5月の還元率は3月31日15時4月30日14時59分までに受け取った弁当モバイルオーダーの利用実績によって判定される。

ネット モバイルオーダー
店内飲食 ×
持ち帰り
受け取り時間 15分後~24時間後 決済と同時に調理開始
締め切り時刻 閉店1時間30分前
(受取時間基準のため
実際には1時間45分前)
閉店1時間前
決済方法 事前決済
決済 ×
還元率
(前利用額別)
1000円未満 6% 1%
2000円未満 8% 2%
3000円未満 10% 3%
5000円未満 11% 4%
5000円以上 12% 5%

松弁ネットexit

閉店時間1時間半前までならテイクアウトのみ注文できる(店内オーダーには使えない)。松屋・松のや・マイカリー食堂・松軒中華食堂・すし松・そば・ステーキ屋松・テラスヴェルトに対応している。

受け取り時間は松屋なら最短で15分後、その他は最短で30分後から。決済方法はPayPayLINE Pay・d払いauPAY・メルペイクレジットカードによる事前払いのほか、店頭での現払いもできる(レジに決済端末がある店舗なら対応する各種決済方法も利用できる)。

ポイント還元率は10円につき0.6〜1.2ポイント(6〜12%)。2020年4月1日に1%から10%に引き上げられ、2022年4月1日からランク別になった。

モバイルオーダーexit

閉店時間1時間前までならテイクアウト・店内ともに注文できる。松屋・松のや・マイカリー食堂・そばに対応している。

オーダーするとすぐに作り始める。決済方法はPayPayLINE Pay・d払いauPAY・メルペイクレジットカードによる事前払いのみ。

ポイント還元率は10円につき0.1〜0.5ポイント(1〜5%)。2021年7月23日に10%から3%に引き下げられ、2022年4月1日からランク別になった。

松券セレクトexit

スマホを券売機代わりにできるサービス。予めスマホQRコードを発行して券売機に読み込ませると、選択したメニューをまとめて入してくれる。松屋・松のやに対応している。

QRコードの発行は店舗営業時間にかかわらずいつでも可。発行したQRコードの有効期限は24時間。決済は券売機で行う。

還元は特にない。予約サービスではないが券売機で注文が決まってないのにモタモタすることがなくなるので、後ろの人を待たせず、多少滞在時間を短くすることができる。

関連動画

関連商品

関連項目

リンク

脚注

  1. *関西学院大学店にはメニュー上残っていたが休止
  2. *松のや単独店舗のみの取り扱い。マイカリー食堂併設店舗ではマイカリー食堂のメニューとして590円。松屋併設店舗では取り扱いがないが、松屋のカレー+松のやのかつ単品として注文すれば480+350=830円。

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E5%B1%8B
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松屋

183 ななしのよっしん
2022/04/20(水) 13:15:05 ID: 2IA1UbsAbA
ブラック企業的観点からいえば既にやらかしてる

まあ大手だしワンツースリーで並び称されるのは時間の問題だとは思う
184 ななしのよっしん
2022/04/20(水) 13:19:54 ID: 2IA1UbsAbA
あと創業者と吉野家の関係は「通いつめて」じゃなくて実際に吉野家で働いてたよ
185 ななしのよっしん
2022/04/20(水) 23:35:13 ID: nsfTAedReR
三色しゃぶしゃぶはよ
186 ななしのよっしん
2022/04/21(木) 14:25:07 ID: 7xpXzx7PsJ
タレの種類かな?(生娘)
187 ななしのよっしん
2022/04/23(土) 15:43:29 ID: 4bD0QCbu2E
他の席いてるのに、すぐ右隣に男性が座ってきた。
圧がスゴかった。
188 ななしのよっしん
2022/05/12(木) 17:16:23 ID: xR49FXNZpp
一緒に経営してる?カレー屋のカレーが美味い
189 ななしのよっしん
2022/05/12(木) 23:12:14 ID: anFdhfvr+l
カレー牛丼が美味い
すき家とか甘めの味付けだけど、ここはすき焼きっぽい感じで好き
190 ななしのよっしん
2022/05/12(木) 23:13:36 ID: anFdhfvr+l
の屋はかつはサクサクしてるんだけど味が物足りない
191 ななしのよっしん
2022/05/12(木) 23:17:54 ID: PU5h+zXFda
ビビン丼食べるのが的で行くな。
192 ななしのよっしん
2022/05/13(金) 07:12:19 ID: PUs8Bi5ZXy
>>188 記事にあるけどマイカリー食堂やな