松平忠直単語

マツダイラタダナオ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

松平忠直まつだいら・ただなお 1595~1650)とは、戦国武将・大名である。徳川家康の次男結城秀康の子。越前福井

概要

結城秀康の子で、徳川家康の孫にあたる。に似て血気盛んな性格だった。「忠」は従兄弟徳川秀忠からの一字拝領。

大坂の陣では真田幸村相手に奮戦するなど活躍を見せるが、その後は色々と危険な乱行が立ち始め、若くして隠居・配流の憂きにあった。これをきっかけに、越前67万石を有した福井分割され、越前も5系統に分かれることになる。

生涯

若き日

の代か忠直の代かは諸説あるが、結城からへと復姓。松平忠直と名乗った。1607年、秀康が世して13歳で督を継ぐ。徳川秀忠との仲は良好で、・勝を正室に迎えている。

大坂夏の陣では越前衆を率いて大活躍。自らも敵の首を取るなど功を挙げた。真田幸村を討ち取ったのは彼の臣である。

だがこうした血気盛んな性格は年々悪化していく。大坂の陣の論功として名器「初肩衝」を与えられたが、領地の加増がかった事に不満を示したという。更には臣の未亡人が物にしようとしたり、断られるとその一族を殺したり、正室の勝すら殺しようと試みたり…と乱行が立ち始めた。病気を理由に参勤交代をサボったりもしている。

福井の地は京都から北陸(特に加賀前田)を睨む要衝の地。それだけに彼を野放しにしておくわけにはいかなかった。1623年、29歳の時に隠居を命じられ、出。そのまま豊後府内へと配流された。

忠直の子・長はまだこの時9歳と幼かったので、福井(越後高田から移封)が継いだ。

その後

配流されて監視・軟禁の身とはなったが、それなりに自由はあったようで、新たに側室をもうけて二人の庶子(永見長頼・永見長良)を生ませていたりする。(ただしこの二人、後々督争いの種になる)

1650年、豊前で死去した。56歳。

その後の福井藩と越前松平家

前述のとおり、福井は次の忠が継いだ。が、同時に分割されて忠福井50万石、三直政大野5万石、五直基に勝山3万石[1]、六直良に木本2.5万石……となる。

一方の息子長は忠と入れ替えで越後高田25万石となった。

こうして越前は5つの系統に分裂するのだが、現在に至るまでは忠系か長系かという論争が存在している。秀康以来の福井系か、それとも嫡男の系か……?

光長晩年のすったもんだ

だが長は嫡男に先立たれ、養子を取ることになった。この時に補となったのが、忠直が豊後で産ませた永見長頼の子・だった。が、これがお家騒動をもたらして高田易。綱嫡。

最終的に引っ越し大名こと直矩(直基の子)の子・宣富が養子となって決着し、めて美作山に10万石が与えられては復する。(この辺の事情も宗論争をややこしくしている)
これ以降、子孫はとして幕末を迎えている。

関連項目

脚注

  1. *結城氏の祭は彼が継承。引っ越し大名として有名な直矩は彼の子

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%BF%A0%E7%9B%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松平忠直

1 ななしのよっしん
2019/08/29(木) 20:15:45 ID: 6oUlJNJer9
記事立て
乱行に走ったのは真田を討ち取って調子に乗ったせいなのかな