松本幸四郎単語

マツモトコウシロウ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

松本幸四郎とは、日本歌舞伎役者の名跡である。屋号は高麗
柄としては市川團十郎と縁が深く、初代は二代十郎の門であり、十郎を名乗るまでの継ぎの名前として襲名したり、幸四郎から十郎へ養子が入ったりと言った関係がある。幸四郎の前の名・染五郎の姓が市川であるのはそのためである。
現在では日本舞踊・松本流の宗でもある。 

歴代の松本幸四郎(初代から六代目)

松本幸四郎(初代)(1674~1730)は二代市川團十郎の門から出世した。

松本幸四郎(二代)(1711~1778)は初代の養子で、後に四代目市川團十郎三代目市川海老蔵を襲名する。
十郎を長男に譲った後、海老蔵を名乗るまでは「二代松本幸四郎」に復していた。

松本幸四郎(三代目)(17411806)は二代長男
後に五代市川團十郎市川鰕蔵。
詳細は市川團十郎の項を参照。

松本幸四郎(四代目)(1737~1802)は二代四代目十郎)の門人から出世。
東洲斎写楽の浮世絵exitで一度は見た事がある人は多いはず。
のちの七代と同じく門閥外から幹部に出世した実者。
二代三代目譲りの実事に加え和事の芸を得意とした。
だが、この人の最大の特徴はあまりにもアクが強い性格であった。
三代目に習って自分の息子(五代幸四郎)を十郎にしようとあちらこちらで五代十郎の女性関係を吹聴した。
そのせいで温厚な性格であった十郎をキレさせてしまい舞台で芝居の途中で十郎がその事を暴露した…。
その為、幸四郎は当時出ていた中村座を退座(解雇)されるハメとなった(十郎は森田座へ移籍)。
また、初代尾上菊五郎とも正面衝突し、五郎ブチギレて舞台で幸四郎に小具の財布を投げつけた上に、
観客に芝居そっちのけで幸四郎への怒りをブチまけてしまった…。
それに対して幸四郎も応戦してしまい、菊五郎と取っ組み合いになり芝居は中止になった。
一体、幸四郎は菊五郎に何をやったのだろう?

松本幸四郎(五代)(17641838)は四代目の子。
「鼻高幸四郎」の異名で呼ばれる程の大きな鼻が特徴的な人。
その容貌故にの芸よりもむしろ二代と同様に実悪(悪役)の大名優として名を馳せた。

松本幸四郎(六代)(1811~1849)は五代の子。
と同じく悪役をよくしたが38歳の若さで亡くなり、以後七代が襲名するまで62年間に渡って途絶える事となる。
因みにこの記録は坂田十郎の復活(231年振り)までは記録が確かな空白期間では
市川團十郎中村歌右衛門の59年間を抜いて最長の空白期間であった。
(記録な不確かな物まで含めると片岡仁左衛門の73という記録がある)

七代目松本幸四郎(1870~1949)

三重県で土建業(武説もある)専治の三男として生まれる。
」と呼ばれ明治時代の歌舞伎に多大な貢献を果たした振付師の二代間勘右衛門の養子となる。
その縁から「劇」九代市川團十郎の門となり、市川金太郎四代目市川五郎八代市川高麗蔵を経て六代以降途絶えていた名跡を明治44年(1911)に62年ぶり七代松本幸四郎を襲名する。
現在幸四郎の芸である「勧進帳」を1600回以上勤め上げた。
その一方でシェイクスピアの「オセロ」や「ジュリアスシーザーも演じるなど息子の八代松本幸四郎や孫である九代松本幸四郎に受け継がれる「新しいもの好き」な一面も兼ね備えていた。
因みに三男の二代尾上によると

親父はモテにモテて愛人との間に十数人の認知していない子供がいた」との事…。

曾孫に当たる十一代市川海老蔵(2002年に隠し子発覚)や七代市川五郎(18歳の時に隠し子発覚)の
スキャンダルなんて可く感じられる程の凄まじいまでの絶倫ぶりだった…。
下半身の事に関しても子孫にしっかり(?)受け継がれている…かな?


海老様」と呼ばれた十一代市川團十郎長男(九代十郎の婿である五代市川の養子)、次男は八代松本幸四郎、三男に二代尾上がいる他、が大女形・四代目中村右衛門にいでおり、若き頃立役であった彼を女方に据えた。

八代目松本幸四郎(1910~1982)

七代の次男。
が十一代市川團十郎が二代尾上四代目中村右衛門は義にあたる。
他の兄弟と異なり、当初は歌舞伎俳優になるつもりがなく、画していた。
(本人はその後趣味継続しており、長男の九代幸四郎と次男の二代吉右衛門もの影で絵を得意としている)
しかし、関東大震災によって経済的な打撃を受けた事から役者になる事を決意した。
その為、16歳で初舞台を踏んだので子役を一切演じていない異色の役者でもあった。
その後、の薦めもあって初代中村吉右衛門の門下に入り五代市川五郎を襲名する。
の死後から8ヶ後に八代松本幸四郎を襲名した。
しかし、初代中村吉右衛門の死後、婿の立場から必然的に吉右衛門劇団の後継者となった為か、周囲の嫉妬や妬みも酷く一時松竹から東宝に一門・複数の役者と共に移籍した。
しかし、東宝側と幸四郎側の思惑の違いから轢や衝突も相次ぎ後に松竹に復帰した。
その後、息子の染五郎と孫の金太郎と共に三代同時襲名を行い初代「松本鸚」を襲名した。
しかし、襲名披露演前に既にガンを患っており、病を抱えつつ襲名を終わらせた直後の1982年に死去した。

初代中村吉右衛門を妻として、長男に九代松本幸四郎、次男に二代中村吉右衛門(初代の養子)がいる。
譲りの重厚な格・岳譲りの貫と演技を備えており、これは次男・二代中村吉右衛門に受け継がれた。
またである七代同様にシェークスピアなどの翻訳劇への挑戦も積極的に行い、これは長男・九代松本幸四郎にも受け継がれた。(間流は四代目を継承した)

テレビドラマ鬼平犯科帳」の初代長谷川蔵はこの八代幸四郎であり、原作池波正太郎蔵をイメージする際に幸四郎をモデルにしたとも言われている為、当り役として評判となった。
後に蔵を演じる二代中村吉右衛門は、この時に蔵の嫡男・蔵の役を演じている。

九代目松本幸四郎(1942~)

1942年8月19日、八代松本幸四郎の長男として生まれる。
1949年、7歳の時に六代市川五郎を襲名。
1981年が初代松本鸚を号するのにあたり、九代松本幸四郎の名跡を襲名する。

人間国宝で「鬼平犯科帳」の長谷川蔵役でも有名なの二代中村吉右衛門や、息子の七代市川五郎歌舞伎役者として活躍している他、松本紀保・たか子も女優として活躍している。
また、十二代市川團十郎と、初代尾上之助は従弟である。

歌舞伎では「勧進帳」の武蔵坊弁慶など快な荒事から、知的な役柄まで芸が幅広い。
また、歌舞伎にとどまらず、ミュージカルラ・マンチャの男」や大河ドラマ黄金の日日」、三谷幸喜脚本「王様レストラン」など、広いジャンルで活躍している。
更に、九代琴名義で舞台の演出も行っており、恐らく現在日本で最も忙しい歌舞伎役者と思われる。
2018年1月に二代松本鸚を襲名。七代市川五郎が十代松本幸四郎を襲名した。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%B9%B8%E5%9B%9B%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松本幸四郎

1 ななしのよっしん
2012/04/25(水) 11:24:26 ID: hQlmXU+umJ
KOUSHIROUにはレスがあるのに当人にはないなんて・・・
2 ななしのよっしん
2012/07/12(木) 12:36:57 ID: Sj+jNMKbkG
先週の日曜日動画うpって欲しいんやなw
3 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 00:57:50 ID: L3tTJjxzza
仁左衛門の映画版で30代の頃の九代を見たけど、剃みたいな鋭さでカッコ良かった
4 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 06:35:15 ID: f6/iaNPPSa
九代フィギュアアーツfigmaで出ないかな...
むしろ出して下さい!!

急上昇ワード