松本清張単語

マツモトセイチョウ

松本清張まつもと せいちょう)とは、日本小説家昭和を代表する小説家のひとり。

概要

1909年生まれ、福岡県櫃村(現在北九州市小倉北区)出身。本名は同じ字で「きよはる」と読む。ちなみに太宰治と同い年だが、作家活動期間は全く重なっていない(清デビュー太宰の没後)。

様々な職を転々としたのち、1951年に短編「西郷札」が『週刊朝日』の懸賞に入選しデビュー。この作品で直木賞補になる。1952年、「る『小倉日記』伝」で第28芥川賞を受賞(当初は直木賞補だったのが、選考委員の判断で芥川賞に回されたとか)。選考委員だった坂口安吾探偵小説好き)は、選評で「この文章は実は殺人犯人をも追跡しうる自在ながあり」と、後の推理小説での活躍を予見したような評を残している。

1955年から推理小説を書き始め、1957年に短編集『顔』で第10回日本探偵作家クラブ賞(現在日本推理作家協会賞)を受賞。同年に雑誌「」に連載した長編『点と線』が1958年に単行本化されると、『眼と』とともに大ベストセラーになり、それまでマニアックジャンルだった「探偵小説」が、広く大衆に読まれる「推理小説」に変わる契機となった。その後も『ゼロ焦点』『砂の器』などのベストセラーを連発し、推理小説界の巨匠となっていく。

江戸川乱歩横溝正史の作品群が浮世離れしたおどろおどろしい世界を描いていたのに対し、清ミステリー現実に密着した事件を描いたことで「社会推理小説」と呼ばれ大ブームを起こし、旧来の探偵小説は古臭いものと見なされるようになった。このため本格ミステリファンからは「本格の時代を招いた元」みたいに扱われがちだが、清自身はその後の「社会」の推理要素の形骸化を嘆いたり、自身の作品でもかなり非現実的なトリックを使っていたりする。特に『砂の器』の、映像化では必ずカットされるトンデモ殺人トリックは必見。

1960年代からは『日本』『昭和史発掘』といったノンフィクションや、『古代史疑』など邪馬台国論争をはじめとした古代史論とそれに基づいた歴史ミステリー時代小説などにも手を広げ、人的なペースで作品を発表し続けた。最盛期には原稿用換算で1000枚書いたといい、時には2000枚以上書いたという偽不明の伝説さえある。寝ないように立って原稿を書いたという逸話がある沢左保でも最大で1500枚だというから2000枚というのは物理的に不可能に思えるが、いかに清の執筆量が傍から見ても異常だったかというのが察せられる。

1992年脳出血のため死去。1994年には新人賞として松本清張賞が設立され、現在も続いている。

あまりにも有名な『点と線』の「空白の4分間」をはじめ、『ゼロ焦点』の影でヤセの断崖が、『波の』の影富士樹海自殺の名所になってしまうなど(『ゼロ焦点』は正確には1961年映画版のせいだが)、その作品はその後の作品群のみならず、現実世界にまで多大な影を及ぼした。文字通り、戦後昭和期を代表する小説家である。

日本映画を代表する名作のひとつとして知られる『砂の器』(1974年野村太郎監督)をはじめ、数多の映像化作品でも有名。意外なところでは『家政婦は見た!』も第1作は清の短編「熱い空気」が原作である。

没後四半世紀以上が経つ現在も、その膨大な作品群は何度も映像化され、読み継がれている。古い作品はどうしても文章が読みにくいことが多いが、清作品は今読んでもものすごく読みやすいので、気になった作品があれば手に取ってみるといいだろう。作品数が多くてどれを読めば……という人は、三大有名作『点と線』『ゼロ焦点』『砂の器』か、新潮文庫の傑作短編集(全6巻)あたりから入るといいかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%B8%85%E5%BC%B5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松本清張

1 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 00:19:32 ID: /I0IjqKbdy
編集した人おつです。
2 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 06:52:36 ID: ED/6VDdkjf
ほんとです。

急上昇ワード

2019/08/21(水)22時更新