編集  

松田優作単語

マツダユウサク

松田優作(1949年9月21日1989年11月6日)とは、山口県下関市出身の俳優歌手である。

先妻は作家松田美智子、後妻は女優松田美由紀。熊谷真実は義理のにあたる。

先妻の間に一女、後妻の間に二男一女がいる。長男松田、次男は松田翔太で共に俳優である。

文学座→六月劇場→夢事務所(個人事務所)→セントラル・アーツに所属していた。現在松田優作に関する権利は、優作の家族が所属・経営するオフィス作が保有している。(所属俳優として扱われている)

             松田優作           

概要

185cm長身空手で鍛えた屈強な体、切れ長の鋭い眼差しと彫りの深い顔立ちで1970年代80年代テレビドラマ東映映画角川映画を中心にアクションスターとして活躍し一時代を築いた。また「野獣死すべし」出演時の、役作りのための過酷な減量とを4本抜いたエピソードに代表される演技への病的とも言えるこだわりで、30代以降は舞台・テレビ映画ジャンルを問わぬ演技として評価された。その独特の演技に魅了される者は現在も多く、新たなファンを増やし続けている。

ただ、生前は短気な性格と過剰なこだわりが災いし、大小さまざまなトラブルを起こしたことからトラブルメーカーとしてのイメージも強く、概ね生前の松田優作に対する一般的なイメージは「なんじゃこりゃぁあ!!!の人」「探偵物語工藤ちゃん」「お騒がせ俳優」の3つに集約されていた。

生い立ちと生涯

日本人在日韓国人3世のとの間に非嫡出子として生誕。出生時の本名は優作。2人の異がおり(異兄弟もいる)兄弟仲は良かったが、自身の生い立ちに気付き孤独を感じるようになる。

1967年高校中退をし、渡をする。弁護士になれという母親の厳命によるものだが、後にアメリカ生活に嫌気が差し帰。長一家のつてを頼りに東京の私立高校間部に転入。1969年卒業をする。

1972年に劇団文学座への入団が決まり、役者に専念するため当時通っていた大学中退

1973年日本テレビ系刑事ドラマ太陽にほえろ!』に柴田刑事(ジーパン)役に大抜され、一躍脚を浴びることになる。同年には法務省帰化申請して日本国籍を取得し、通名であった松田優作が本名となる。1974年、ジーパン役として演じた有名な殉職シーンなんじゃこりゃぁあ!!!」はモノマネの定番になったドラマ史に残る名場面となっている。

その後は映画に軸足を移したが、1976年一般人暴力を振るい全治3ヶの重傷を負わせる傷事件を起こし逮捕される。これによりテレビドラマへの出演を1年間自粛する。1977年、そんな優作の復帰を願った石原裕次郎オファーにより、日本テレビ系刑事ドラマ大都会PARTⅡ』にレギュラー出演し本格的にテレビドラマにも復帰する。

1979年には日本テレビ系列アクションドラマ探偵物語』に演。同作には企画段階から参加し、私立探偵工藤俊作をアドリブ満載で熱演しはまり役となった。現在でもファンが多くいる作品でもある。この作品でゲストとして共演した女優熊谷美由紀と不倫関係に陥る。当時優作は駆け出し時代の劇団の同僚だった女優真弓(現・作家松田美智子)と結婚していたが、この不倫が原因で1981年離婚し、美由紀とは1983年長男の誕生を機に結婚

大都会Part2」「探偵物語」といったテレビドラマでの出演の一方、映画でもこの時期に「人間の明」「」「野獣死すべし」に出演し、第二の絶頂期を迎えた。

1980年代からはアクションドラマ映画から距離を置き、舞台への回帰をすすめる。この頃から演技も高く評価されるようになっていった。1986年の「ア・ホーマンス」で演兼監督を務めたことで話題となる。

1988年にはアメリカ映画ブラックレイン』に出演しハリウッドデビューを果たすが、この時に侵されていた。1989年に膀胱の転移により死去。享年40歳という若すぎる死であった。

死去から25年以上を経た現在でも、そのカリスマ性は伝説となっている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

松田優作(または彼が演じた人物)をモデルにしたキャラクター

製作者・原作者が明確に認めていないものも含んでいます。他にもあれば追記・修正願います

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E5%84%AA%E4%BD%9C
ページ番号: 4897697 リビジョン番号: 2479919
読み:マツダユウサク
初版作成日: 12/05/29 19:36 ◆ 最終更新日: 17/04/16 02:49
編集内容についての説明/コメント: 加筆、見出しを変更、概要と生涯を分けました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松田優作について語るスレ

21 : ななしのよっしん :2015/01/19(月) 23:22:55 ID: HyuSOOHjn6
まあ役者としても素らしくて人間もすごいよくできたジェームズ・スチュアートみたいな人は本当に稀だろうしねえ・・・
22 : ななしのよっしん :2015/03/06(金) 17:28:54 ID: ivCpiQM9QK
そして2000年頃、鬼武者2にて柳生十兵衛宗厳としてCGった!まだ小5だった自分にとって、このCG技術の高さは衝撃だったなあ。
23 : ななしのよっしん :2015/03/15(日) 00:32:36 ID: GKMUuydg0/
その手の死人ビジネスは好きじゃないな
24 : ななしのよっしん :2015/10/26(月) 14:52:17 ID: 7aQnGFRM9R
死人ビジネスっていうけど、実際それで喜んだ層の人間もいるから何とも言えん話だな。なんにでもビジネスってつけたがる人は何かにつけて嫌儲義なのかとも思うし。
25 : ななしのよっしん :2016/06/20(月) 14:57:26 ID: AwuEpyRZEc
こないだ初めて野獣死すべし観たけど、キチガイ演技にまじ背筋が震えたわ
優作サンまじ役者バカ
26 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 21:42:16 ID: nyIvp0SaAs
一番良いのは演技も人格も素晴らしい役者だろうけど
松田さんは、柔和な演技でさえ、その隠しきれない暴さ、狂気さが魅の一つだったからね
こういう人も一定数、業界には必要だよ
それに若くして亡くなったから老醜をさず、伝説に昇できた側面もあるし
27 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 19:15:57 ID: FdCUqfnBy0
>>lv273758657
28 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 01:58:17 ID: K3kyglhWUT
>>25
大都会PART2の冗談とも本気ともつかない発言の多さに定評のある徳吉刑事もオススメ。
29 : ななしのよっしん :2017/09/15(金) 22:30:20 ID: 9C+5nbGz9/
>>23
鬼武者2で死んでからこういうかっこいい人がいたんだと興味持って
探偵物語とかブラックレインとかをたくさん観て知った身としてはよかったかなぁ…
30 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 21:26:09 ID: 9d2PLUrfkV
チバテレビでやってた野獣死すべし見たけどあの引き付ける演技は凄まじいな
所作や空気だけでもあそこまで演技できるとは思わんかった
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス