松田秀士単語

マツダヒデシ
1.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

松田秀士(まつだひでし)とは、日本プロ・レーシングドライバーである。芸人映画監督ビートたけしこと北野武、ならび化学者の北野大は義理の
日本トップカテゴリーに参戦するプロドライバーとしては最年長となる。 

概要

1954年12月22日高知県出身。モータースポーツ活動は大学在学中のカートが始まりだが、卒業後は一旦離れる。
北野武夫人(元々芸人で、演芸場などの出会いを機に結婚)で、26歳で上した時に運転手兼付き人となる。その後、武氏の援助を受けてレース活動を再開した。
特にテレビ番組、「ビートたけしスポーツ大将」 では、全日F2選手権にチャレンジする様子が取材され、お茶の間での認知をされていた(多くのレースではトラブルによるリタイヤが多かった)。

様々なカテゴリで活躍し武氏から自立したのち、1994年から(2000年まで)はインディ500に参戦。1996年には8位の成績を挙げている。その縁で、GAORAが放送するインディカー中継のメイン解説を務めている。

SUPER GTにはJGTC時代の初年である1994年から参戦しており、2010年に至るまで外にしか搭乗した事がいという、異色のキャリアを持っている。これまでGTで搭乗した車両は、BMWフェラーリポルシェランボルギーニアストンマーチンなど。また、プライベーター以外での参戦経験もい。
2009年シーズンの第2戦で参戦100を達成し、2010年GTソシエイションよりグレーテッドドライバーとして表された。
2010年シーズンA speedアストンマーチン バンテージに搭乗する。

SUPER GT参戦ドライバー中、最高齢ドライバーであるが、それを感じさせない衰えぬ実を持ち、ファンも多い。
また、僧侶浄土真宗・本願寺)の資格を有していて、それもあってかブログタイトルは「スローエイジングでお浄土までぶっとばせ!!exit」。

モータースポーツジャーナリストとしても活動しており、多くの自動車雑誌で執筆している。
日本カーオブ・ザ・イヤー、世界カーオブ・ザ・イヤーの審員の一人でもある。

関連動画

モータースポーツ文化に対する思い入れは深く、日本におけるモータースポーツの立場、取り組み方に対して懸念を持っている。

 

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松田秀士

1 ななしのよっしん
2010/03/11(木) 00:05:13 ID: rDkPk11bWx
記事立て
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2010/09/09(木) 04:53:44 ID: jV3d9BCIwl
本当にこの人は色々面いね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0