枇杷単語

ビワ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

枇杷びわ)とは、バラ科に属する、中国西部原産の果物である。オレンジ色の小さな果実と、その割には大きな種で知られる。そのため、ビワの可食部はたったの70しかない(バナナと同じ)。

尚、本記事では植物としての枇杷は漢字、果実としてのビワはカタカナ表記とする。また、ブランド名はひらがな表記のものが多い。

概要

枇杷は一般にビワ、びわと呼ばれ、楽器と同音異義である。そもそも、枇杷のとなったのが楽器に形が似ているからであるとされる。枇杷は梅雨時になると実が成るため、初の季にもなっている(一方、旬の期間が短い果物でもある)。また、枇杷はでられることが多く、これはの季にもなっている。較的育てやすいので、庭栽培でも作られる。

非常に歴史の古い果物であり、正倉院の書物に記載があるほど。それゆえ古くからその味が知られてきたが、今よりずっと小粒で今日のような大粒になったのは江戸時代以降の話である。極めて寒さに弱いのため、産地は温暖な地域に限られている。

一般に知られる品種は「茂木」と「田中」であり、これらは地名や人名に因んでいる。日本では茂木びわで名高い、長崎県長崎市茂木地区が有名で、日本一の産地となっている。また茂木と並ぶ人気品種、田中産地で、房州びわで知られる千葉県2位(だが、田中は味が劣るため、大房など他の品種に置き換えられてきている)、以下は桜島や垂産地とする鹿児島県ハウスびわ産地である香川県、唐びわで知られる愛媛県、そして和歌山県大分県大分市兵庫県淡路島熊本県天草地方高知県室戸市などで栽培が盛ん。

とはいえ、種が大きいため食べにくく、農家高齢化や食の多様化、そして、栽培が難しい割に、旬の期間が短く、また耐寒性に乏しいことなど、労に見合わぬ不安定な収入などで生産量は減少を続けている。そのため、産地ではゼリージャムアイスシロップ漬けなどの加工品も作られており、活性化を促している。そして、ビワは味の少なさを生かしてアイスにすることも多く、びわアイスはご当地や観光客の人気を集めている。ビワという果実もビワ利用ではメジャーであり、他の果物を合わせるといい塩梅になる。

枇杷の葉の利用

枇杷は葉の健康効果が高いことでも注されており、タンニンや鎮咳作用を持つアミグダリンを含む。枇杷の葉は癖が少なく、飲みやすいため、今日では健康食品としても人気が高い(ただし、自前で作る場合は、よく燥させること!)。また、枇杷の葉の煎じ汁はあせもや湿虫刺されなどの外用としても民間療法レベルで使われてきたが、実際用効果が実されている。

また、枇杷の種子には未熟の実と同じ素が含まれているのだが、それを粉砕した健康食品が出回っていることが発覚し、民に対して、決してそれを摂取しないよう警を呼びかけている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9E%87%E6%9D%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

枇杷

1 ななしのよっしん
2018/02/13(火) 00:41:03 ID: 4sTIuhaDk5
すみません、「アミダグリン」ではなく「アミグダリン」です。
ほかの記事でも名前を間違えられていたんですよね、この物質。
2 ななしのよっしん
2018/02/24(土) 11:49:02 ID: 0zxLt6v0V5
事中枇杷の表記が一貫していないのが気になるのですが…
梅雨時になると実が成るため、
ここは流石に誤字ですかね
3 ななしのよっしん
2018/03/22(木) 01:46:18 ID: 4sTIuhaDk5
編集お疲れ様です。対応していただきありがとうございます
4 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 20:39:34 ID: 8nYZ00iW50
枇杷
タイトル:
Twitterで紹介する

急上昇ワード改