林原めぐみ単語

ハヤシバラメグミ
  • 15
  • 0pt
掲示板へ
声優 > 林原めぐみ

林原めぐみ(はやしばらめぐみ1967年3月30日-)とは、日本女性声優である。

東京都北区出身。血液型O型。正看護師免許所持。

現・フリー(ウッドパークオフィス:個人事務所)/ レーベル フリー
アーツビジョン所属、日本ナレーション演技研究所1期生、キングレコード スターチャイルド → キングアミューズメントクリエイティブ本部所属(本人の意向により2019年3月末をもって専属契約終了)

1986年テレビアニメめぞん一刻』の幼稚園児役で声優デビュー
以降、数多くのキャラクターを演じ続けている。

標は「おばあちゃんになっても、説得のあるおばあちゃん役ができる声優」としている。

また DJ歌手作詞エッセイ執筆など、幅広く活動中。
称は「めぐさん」「閣下」など。

声優一覧

概要

ニコニコ動画や一部の掲示板などでは『閣下』と呼ばれることが多い(平松晶子命名)

デビュー当時と今現在べると、歳は取っているなのに、どう見ても若返っているという不思議な現を見ることができる(デビュー当時のメイクが妙に濃かったためそう見えるという意見もある)。APTX4869を飲んだ可性もある。ちなみに、この現山口勝平山寺宏一などいろんな声優にも見られる現である。ええい、90年代声優は化け物か!!
役に性格が似るのか、声優仲間数人で焼き肉店を食い尽くした逸話を持ち、スレイヤーズアニメ放映10周年記念作のCD、「Meet Again」を再びと言うなどかなりの好き。 

90年代声優ブームをピークとして長い間人気アイドル声優王座に君臨しており、アニメージュのアニメグランプリ声優部門7連覇・通算12回獲得という記録は、おそらく今後も破られることのないであろう。
また、CDシングルCDアルバムともオリコン上位にチャートインすることも多く、数多のミリオンセラアーティストがひしめく90年代後半のオリコンチャートで最高第3位になるなど、声優ブーム林原人気の強さを知らしめた。
そして忘れてならないのがラジオ番組。自身の名を冠する2番組(HeartfulStationTokyoBoogieNight)がいずれも1000回を越える長寿番組となったのは、ひとえに彼女の持つ人柄がなせる業と言えよう。

なお、看護師看護婦)の資格を持っている。
また、受験生時代にとある看護学校の受付嬢の態度にを立て、そこらで買ったマンガ雑誌に掲載されていた声優養成所の特待生募集広告に応募したことがデビューのきっかけである、というエピソード余りにも有名(ファンの間で)。

活動内容

近年の出演〜2019現在


 【アニメ映画
 【ナレーター
 【ゲーム
 【ラジオ


過去出演一覧

動画関連

基本的に、本人出演系の映像大人の事情により少なめである。

ごくまれに、林原めぐみが歌っている曲(特にスレイヤーズ系の音楽)と、林原めぐみとは何ら関係ない曲 (たとえば 東方Project系や、アイドルマスター)のリミックスアレンジや、その曲の編曲内容が、歌っている曲と似ていることから、動画視聴者内で、同じ曲という考えが起こり「スーパー林原タイム」 とコメント投稿され、流れる事もある。

【恐山アンナ】恐山ル・ヴォワールを歌ってみた【マンキン復活】について

映像ではないが、大人の事情クリアして投稿された動画

2011/10/21投稿

当初より「本人だろ!」「~だから本人じゃない!」等、「歌ってみた」カテとしてはいささか『ほんの少し』芯から外れたとも取れる・・・しかし「真剣」と理解出来る意見が多出。

議論の勢いもさることながら、「この良曲をここまで昇した歌」「絵のレベル」「Mixマスリングエンコード技術」等、全てが非常にレベルが高かった事もあり、投稿以降あっさり総合毎時、カテラン含め「歌ってみた1位に君臨する。
歌ってみた」にしては較的長く一位に君臨しながらも1028以降は「総合」ランキングでは圏外まで落ちた。(再生ランキングはほぼ衰えず「繰り返し聞かれていた」事を物語る)

 

■11/08 本人WEBexitにて、自身が歌った事が記載されるや、ふたたび総合、毎時に返り咲く。

この「犯行」についてWEBで犯行明がなされているなかで、歴戦の「共犯者」の存在があった事、「犯行示唆」の状況や、「犯行動機」についてられている。

又、犯行後に「「ニコ動」が騒がしい」と言われ動画を「見てみた」事、見てみたら、(「自分の歌った歌」にニコ厨によって)「『ぶあああああああああっと字が左へと流れてた。(本人コメント)」事、一つ一つのコメントとその多さに驚いた事、一つ一つを読んだ中に「もうでもいい、うたってくれてありがとう」とのコメントがあり、「自身の声優としてのキャリア」ではく「歌が届いたんだ」と「思えた」事、等を含め、「漫画原作」への想いが本人の言葉で記されていた。

 

■11/09 投稿当初に議論されていた「本人犯行説支持」「別人犯行説支持」の争いについて。

ブログでの犯行明以後は、両共にお互いにさほど争う事も少なく、較的お行儀よくしている状況は第三者から見ていささか可愛い。「歌ってみた」の「歌い手」である本人が記していた「言葉と気持ち」をある程度尊重した為なのかも知れない。・・・が単に「閣下」によく訓練された為である可性が否定出来ない。

貴重な本人出演動画

声のお仕事

メインパーソナリティを務める2つのラジオの第1回と第1000回

ま さ か の ・・・

また、「声優は裏方であるべし」「ファンお金の有差別したくない」のポリシーから、曲は発売するものの有料でのライブはこれまで行っていなかった(ただし「ハートフル」「ブギーナイト」の録に付随する形でのライブはあるほか、スターチャイルドフェスティバルKING SUPER LIVE 2015などのレーベルイベントに出演して歌うことはあった)。
だが、本人く「上からの圧」により、2017年6月11日に有料でのライブ中野サンプラザにて初開催。当然ながらチケットの争奪戦が巻き起こり、「開催場所を間違えてる!」と各所から悲鳴が上がったのは言うまでもない。なお、その当日の模様は2017年9月9日WOWOWにて放送9月だけ加入者数増するんだろうなぁ・・・ニコ生では「WOWOWぷらすと」で事前番組も放送された。12月にはライブDVD/BDが発売、これにあわせてライブで歌われた楽曲のオリジナルセットリスト順に収録した配信限定アルバムリリースされている。

関連生放送

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9E%97%E5%8E%9F%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

林原めぐみ

405 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 19:54:21 ID: XtmzrL1mky
90年代後半から2000年くらいはアニメラジオ
何かしら大方毎日めぐさんの聞けたもんな。


ハートフルTBNは言うに及ばず、藤井隆メイン
ってたMBSのやってます水曜日はほぼ必ず寝落ち
してたけど、中盤までは起きてよく聴いてた。
406 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 14:30:43 ID: +A5jxLbZuC
すごい今更だけどからくりサーカスで5役(フランシーヌ、アンジェリーナ、エレオノールフランシーヌ人形、偽フランシーヌ人形)こなしてると聞いて
5役だけでもすごいのに全員重要人物、しかも幼少期も含めて演じ分けるとか半端ねぇ
プレミアムさん是非記事に追加してくれ
407 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 23:54:56 ID: 7EoNR8jG8H
同じ機質な人形なのにフラと偽フラがちゃんと別人に聞こえるのはさすがの一言
408 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 08:02:13 ID: 7EoNR8jG8H
あとヴィルマの前で男のふりした時のイケボいいよね
この人以外と少年役少ないんだよなもったいない
409 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 11:15:08 ID: KE07D+o63M
ミュウツーの逆襲EVOLUTION21年前と変わらずムサシフシギダネコピーピカチュウも良い演技だった
410 ななしのよっしん
2019/09/01(日) 03:59:40 ID: tiymciOnCs
>>400
でもそれから間もなくコナン灰原役が彼女に決まった時は
既に違和感を覚えるどころか寧ろ当然の配役に思えた印だった
綾波役を演じた影でこういう系統の役もこなせる事を強アピールできていた点が大きかったんだろうな
411 ななしのよっしん
2019/09/29(日) 22:14:37 ID: OTVERC3BQf
コナン作者エヴァ好きだから
和葉と灰原があのキャスティングなんだっけな
412 ななしのよっしん
2019/09/30(月) 22:45:08 ID: nxkMG+wce3
灰原に関しておかしな発言したりキャラ解釈が間違ってるのはヒロインになりたいけど理だから余計に執着してるからかも
413 ななしのよっしん
2019/11/04(月) 01:14:09 ID: pFtXMENpo2
>>405
全盛期は夕方アニメ見てれば大体聞けた時代だからなぁ
414 ななしのよっしん
2019/11/22(金) 19:14:32 ID: XtmzrL1mky
しかし本当にめぐさんは「二」って言葉がピタッと当てはまる人だと思う。

全盛期はどれだけの人ハートフル、ブギーナイトを聞いて励まされ、
前向き極まりない曲の歌詞背中を押され、叩き起こされ、(半分強制的に)
落ち込んでても立ち直って前を向いたことか。

90年代後半から2000年代前半、めぐさんに巡り合えたことには感謝しかない。

急上昇ワード

2019/12/08(日)16時更新