林家彦六単語

ハヤシヤヒコロク

林家彦六とは大正から昭和にかけて活躍した落語家である(1895年~1982年)

本名は岡本という。旧名より俗に「六の正蔵」や「トンガリの正蔵」と言われる。

以降の文中では便宜上、特記事項以外は六で統一をする。

概要

林家彦六という名前は最晩年の一年程度しか名乗っておらず、それまでは8代林家正蔵を長らく名乗っていた。その為林家正蔵と言えばこの「六の正蔵」を思い浮かべる人もいる。

直接六を知らない人は笑点林家木久扇(元・初代林家木久蔵)がたまに見せるヘナヘナおじいさんを思い浮かべてもらいたい。その元ネタこそがこの林家彦六である。

怪談噺や人情噺を得意とする正蔵の名の通り、彼もまたこうした噺を得意とした。

晩年こそヘナヘナであるが、それでもハッキリとした発音であり、これは三遊亭一底的に教え込まれた賜物である。江戸っ子であり、高座以外でも江戸ことばを話している。

エピソード(本題)

wikiなどで紹介されるように昭和を代表する名人の1人として知られる六であるが、彼の名前が今なお広く知れているのは山の数ほどに存在するエピソードの数々である。下手すれば六の存在そのものが落語であるといっても過言ではない…というかなっている(ex.六伝)。彼に関するエピソード一つとってもまさに落語世界である。

あまりに多くあるので、各々各自で調べていただきたい。

性格・行動にまつわるもの

彼の性格を一言でいえば「The 江戸っ子」というべきものである。短気でせっかちであるが同時に人情なところがあったとされる。独自の美学を持っており、曲がったことが嫌いで何事にも筋を通す事が多かった。こうした性格もあって、「トンガリ」の二つ名を持っていた。

  • よく子に「破門だ!」と言い放つが(その理由も大小さまざま)、ちゃんと謝ればそれまでで、翌日はけろっと忘れているという具合にを割ったところがある。「トンガリ」という渾名もこれに由来する。ちなみにかつて子であった笑点ピンクこと三遊亭好楽23回破門されている。
  • その三遊亭好楽は本名の「入信男」の名前が、世した六の息子の名前の読みが一緒であったことから六からかなり可がられた(ちなみに好楽父親いうちに亡くしたため六を慕っていた)。ある時、六が病の淵にあった時、好楽(当時は「九蔵」)が「師匠…!」と言うと「いつもいつもそう言われたら、死ななきゃなるめぇ」と言ったそうな。
  • せっかちなことこの上ない性格であり、移動は鉄道、それも発1時間前にはに来るほど。鉄道にしたのは飛行機を利用した際に空港の上を着陸待ちした事にを立てての事。
  • 矍鑠とした老人の代表格としてビートたけしこち亀両津に引き合いに出される事が多いのだが、ある時に老人ホームへ慰問へいった所、いたく不機嫌であった為にその理由を聴いた所「あたしより年下ばかりじゃねえか!」と答えたそうな。この時、86歳。これに絡んだことであるが、六襲名にあっては自分より年上が居なかったので口上を述べる者もいなかったという。
  • 立川談志く、儀なところがあり寄席で頻繁に演芸場へ行くことが多かったのでその為の通勤定期を持っていたが、あくまで仕事用であり、プライベートでは使うべきではないとして私用に際しては別途乗車券を購入していた。余談ながら、六の時代においては定期券購入に際して割引が大きいが勤務先の身分明が必要な定期券もあった。
  • 感が非常に鋭いところがあり、好楽女性ができた時、彼はまだまだペーペーである手前、言い出せなかったのだが、六はズバリ「女できたろ」と見抜いて二つにさせた。また立川談志について「やる事なす事が全部あたって、世の中がばかばかしく思えるようになってしまい、このままでは自殺するであろう」と危惧していた。実際、談志うつ病から来る自殺願望があったとされる。

趣味嗜好にまつわるもの

政治や思想にまつわるもの

  • 政治的には日本共産党をかなり支持してたが、その理由は共産主義というイデオロギーに共感というよりは当人の嗜好である判官贔屓からきているところや書生っぽいところから支持しているとのこと。
  • 一方で政治や大政党による暴走等の危惧をしており、それに対抗するためには共産党は必要との述べており、普段の共産党の活動を評価している。ちなみに新聞は朝日新聞を読んでいたが、落語に関する記事の内容にを立てて、しんぶん赤旗を読むようになった。
  • イデオロギー的には対局の保守思想である立川談志選挙応援に来ていたが、談志共産党議員侮辱的な野次を飛ばし続けていたことを快く思っておらず、談志と会えばほぼ喧にしていたらしい。
  • 上記に関連し、色んな人の応援演説をしているのだが、ある人の選挙応援では酔いした為にまともな演説が出来ず、ついには補者の名前を「林家彦六」と言ってしまった。なおその補者は落選した模様。ついでに林家彦六37票」と言う噂があるが定かではない。

人間関係にまつわるもの

  • 兄弟子であった6代三遊亭圓生との「と油」「敵」ともいうべき猛な不仲は広く知られている。とはいえ、その芸の技術は六自身は認めており、生没時にはその死を惜しんだ。ちなみに6代生はかなりとげのある性格で知られており、この手の仲たがいは六以外でも数多くあったとされる。
  • 6代三遊亭圓生から疎んじられた子2人のうち、一人を自身の子としている。
  • 6代生の子の一人である三遊亭全生のことは6代生とは逆にいたく気に入ってた様で、自身の前名の名前の一つである「三遊亭圓楽」を襲名させた。全生は六以上に短気であり、とあるいざこざの末にあろうことか2回り以上年上である六からの喧を買ったのだが、実際は場を収めるための六の演技で「自分も短気で損をしたから、もっと気を長くしないといけないよ」と優しくされたことがきっかけで稽古をつけてもらい、圓楽襲名のきっかけとなった。彼は後の圓楽こと5代目三遊亭圓楽である。
  • 著名な子に林家木久扇三遊亭好楽がいる。

その他もろもろ

「林家正蔵」について

六は1950年代の段階で4代柳家小さんの内輪子であり、六自身は師匠と同じく楽を名乗った為、慣例的に5代目柳家小さんになるであろうとされていたが、実際は子である小三冶が名乗る事となった。これは小三冶が落語界の重鎮や4代小さんの遺族を味方につけた事、六自身が4代小さんの直系の子でない事が要因とされる。

ところでここで一つの問題が発生する。名跡上では小さん>楽であっても、香盤という名跡とは別に存在する落語界における序列からすれば楽(六)>小三冶(小さん)であり、これは一種のねじれ現で色々と差し支えがあった。小三冶もそれを気にかけており、その時、たまたま林家正蔵の名前がき名となっていた為に楽は海老名の了承を得て1代限りと言う事で8代林家正蔵を名乗る事となった。

先述のとおり、六は筋を通す性格である為にいずれはこの名前を海老名に返上するつもりでいた。実際、彼は子に「」を名乗らせる事はあまりかった。

その後7代正蔵の息子である初代林家三平真打に昇進し、三の為に海老名からも名跡を返上せよと言われ、機が熟した為に「林家正蔵」を譲ろうとしたところ、林家三平は「師匠のよろしい時までお名乗り下さい」と言った。つまり、六の存命中はずっと名乗ってくれと言う事を意味していた。しかし林家三平六が存命中に1980年病没した為、三が正蔵を名乗る事がわなかった。

そして海老名より再び名跡の返還をめられた為、林家正蔵を返上し、林家彦六を名乗る事となった。

関連動画

子のモノマネもあわせてご覧いただくと面さが倍増する(多分)。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9E%97%E5%AE%B6%E5%BD%A6%E5%85%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

林家彦六

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 林家彦六についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!