林英哲単語

ハヤシエイテツ

林英哲とは、日本和太鼓奏者である。

概要

広島県生まれ。鬼太鼓座メンバーとして活動後、1981年に鼓童の創設に尽、その後82年に太鼓独奏者として活動を開始。

1983年には、伊藤多喜雄率いる「TAKiO BAND」にも参加、TAKiO BANDによる「南中ソーランロックソーラン節)」でも、和太鼓いている。

1984年、初の和太鼓リストとしてカーネギー・ホールデビュー現代音楽の分野でも前例のない和太鼓リストとして際的に高い評価を得た。(こちらのサイトexit冒頭部より引用)

1985年角川アニメカムイ」では、童率いるダウンタウン(ファイティング)ブギウギバンドとのコラボによる劇伴音楽にて、高い評価を得る。この映画の際に集結したメンバー体として、和風ロックバンド童組」が結成され、林英哲も当初はレギュラーメンバーとして参加の予定であったが、和太鼓ソロ活動を優先させたため1985年のみの客演となる。

97年以降、三味線奏者の木下伸市とのコラボにより、演・アルバムリリースなどを行なっている

2000年にはドイツ・ワルトビューネでベルリン・フィルと共演、2万人をえる聴衆を圧倒させた。太鼓独奏者としてロックジャズ現代音楽民族音楽などの演奏と共演しながら、かつての日本の伝統にはなかったテクニックと体を要する大太鼓のソロ奏法の創造、多種多様な太鼓群を用いた独自奏法の創作などジャンル越した、まったくオリジナルな太鼓表現を築きあげていく。

98年からは新たなステージとして、林英哲自身が刺を受けた芸術の作品や生き方をテーマに、太鼓ドラマともいうべき劇的舞台作品の創作を始め、コンサートツアーを全各地で開催。このステージは、内はもとより海外でも評判を得る。07年、ソロ活動25周年記念コンサート東京関西にて全曲太鼓協奏曲(揮:岩村)で企画構成・初演、絶賛を博す。

近年は和・洋器楽奏者や伝統芸能歌舞伎役者日本舞踊プリンシバルなど、気鋭の若手との共演も多く「太鼓音楽」の魅を提示し続け、内外での活動は速度を増して縦横尽にますます活躍のフィールドを広げている。演奏活動の他、イベント等でプロデューサー映画演劇などの音楽創作太鼓の委嘱作品、導も多数、エッセイ等の執筆も多い。97年、芸術選奨文部大臣賞を受賞。01年には日本文化術振賞を受賞。04年より洗足学園音楽大学の客員教授に就任。05年より東京藝術大学で、09年より筑波大学大学院で年一回特別講師としての特別講座も実施。

(林英哲オフィシャルサイト内プロフィールの項目exitより引用変)

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9E%97%E8%8B%B1%E5%93%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

林英哲

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 林英哲についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!