林野庁単語

リンヤチョウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

林野庁とは、日本政府を構成する「庁」のひとつ、日本業の監督野事業を担当する政府組織である。

様々なに同様の名称の機関があるが、ここでは特に日本国政府の林野庁について記載する。

概要

日本森林の管理を担当している。

組織

英訳名はForestry Agency。農林水産省の外局である。

歴史

野局が分離し林野庁になって今に至る。戦後皇室財産だった御料に組み入れられ、林野庁が管理している。

三公社五現業のひとつで現在も直轄事業として業も行っている。

林業の衰退

第二次世界大戦後、旺盛な住宅需要にこたえるため拡大造が世論の流を占め、それにこたえるため現在森林の構築が強行された。それにより全が一斉伐採され、伐採後にスギを中心とした針葉が植栽した。これはスギが育成が速くっ直ぐに育つため木材として使いやすいとの判断からだった。その後、木材の輸入緩和政策が施行され外産材にコスト面で敗北した野事業は1兆3000億円をえる累積債務を抱えることなった。

緑のオーナーの憂鬱

1984年から1998年度にかけてスギやヒノキを植えたに1口50万円を出資してと共同所有するオーナーを募集した(1999年に募集停止)。予定では20年後あたりから販売収益が上がり利益が分配される仕組みとのうたい文句だったのだが、まともに収益のできる運用ができなかったため多くの出資対が元本割れとなった。結果、訴訟を起こされ2016年2月29日大阪高裁は訴訟を起こしたオーナーたち約80人に対して説明義務違反を行ったとして約9900万円を支払うよう命じた。

そして花粉症へ

上記の経緯で植栽された大量のスギによって現代の日本人民病である花粉症が大量発生することとなった。同時に植えたが放置され実質不良債権化している為、収益以前の話となっているのである。

売れない杉

現在でも累積債務は一向に減っていない。一般会計から利払い分と償還用に平成25年予算で172億円をもらっている。業からの売上げは毎年20億円程度でほぼ焼け石にとなっている。

林野庁の未来

花粉スギの普及に熱心な近年においても、広葉は成長に年数がかかるという理由で以外を植栽していく気はあまり見られない。これはどこまでいっても業が視点の中心にある官庁である為、30年で生育する針葉の変わりに長い場合だと80年はかかる広葉を植えるインセンティブが働かないためといわれる。

以上のことから林野庁を環境保全を的とするために環境省下に移動すべきではないかという論も近年は見られる。その他、京都議定書の定義においては山で取れた木を燃焼させて発電した場合にはCO2排出量は生育時の吸収分との打消しでゼロとみなされる為、野の保存のために小規模な木材の発電を林野庁でも行ってはどうかという意見もある。またそれと並行して森林組合の育成にもを入れている。

今後、日本をどのように保全するにせよ民の深い議論が必要である。

独立行政法人

森林総合研究所
かつての木育種センターもここに吸収されており、現在花粉スギの開発をしている。

特別会計

  • 野事業債務管理

関連動画

関連商品

関連リンク

林野庁のWEBサイトexit

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9E%97%E9%87%8E%E5%BA%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

林野庁

1 ななしのよっしん
2017/03/20(月) 14:00:25 ID: FND12gbw31
開発や工事で収賄の話がめちゃくちゃあるのに民の関心が薄いため批難が少ないイメージ
2 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 18:11:16 ID: VPsQU0/0CK
木材自給続伸34・8 バイオマス発電 貢献 16年・林野庁
https://www.agrinews.co.jp/p42025.htmlexit