柄谷行人単語

カラタニコウジン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

行人(からたに こうじん,1941–)とは,哲学者・思想文学者である。本名は善男(よしお)。

法政大学教授。元近畿大学際人文科学研究所所長。

ほか、イェール大学コロンビア大学カリフォルニア大学アーバイン校,コーネル大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校等で教壇に立つ。

現代日本を代表する知識人のひとりとされる。

柄谷行人とは何ものか

兵庫県尼崎市出身。柄工務店の御曹司

甲陽学園を経て,東京大学経済学部卒。東京大学大学院英文科修士課程修了。

60安保闘争における,最年少世代のアクティビストとしても知られる。学生時代は,吉本隆明江藤の熱読者であったという。

日本医科大学専任講師のころ,夏目漱石論である「意識と自然」で群像新人文学賞を受賞しデビューする。以後、文芸批評の領域で活躍。70年代には,哲学・思想の著作を発表し始め,独自の思索を確立80年には『日本近代文学の起』を刊行し,日本文学研究に衝撃を与える。また、作家の中上健次と親交を結ぶ。

8,90年代には,構造義およびポスト構造義の再吟味(『隠喩としての建築』『探』等)を経て,流行していた日本ポストモダン思潮を批判(『批評とポストモダン』)。「批評間」誌を宰する。また、哲学者の東浩紀を見出し,育てる。

00年代には,アソシエーショニズムの運動を実践するも,頓挫(「NAM」)。03年に『Transcritique on Kant and Marx』(『トランスクリティーク』岩波書店)をマサチューセッツ工科大学出版より刊行し,カントマルクスをつうじた新たな思索へと向かう。

10年には,『世界史の構造』を刊行。11年以降は,大震災に伴う原発事故について,積極的に発言・行動し,12年には『哲学の起』を刊行。14年には封印していた『柳田男論』を世に問い,それに続いて柳田男をめて論じた『遊動論』を文新書より刊行した。

阪神タイガースの熱ファン

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

柄谷行人に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9F%84%E8%B0%B7%E8%A1%8C%E4%BA%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

柄谷行人

1 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 16:48:37 ID: E+f4tOHLu4
浅田と同じく思想の輸入屋
2 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 18:29:28 ID: GPLlEDnBZh
ネーションが々とか言ってる割にタイガース応援したりダイ・ハード好きとか可愛いとこある

急上昇ワード改

おすすめトレンド