編集  

柔道単語

ジュウドウ

柔道(じゅうどう)とは、日本発祥の伝統武道の一種であり、スポーツ競技の一つ。通常の格闘技と大きく違うのは投げが基本になっている所である。

概要

全ての武道は元々は敵を制圧・殺傷するためにあったのだけれども、とりあえずスポーツとしての柔道を書くのなら、相手の背中を勢いよく畳につけたり、押さえ込んだり、参ったさせれば勝ちになる。

段位または級によって帯の色が変わるが、一般的にはイメージが強い。

柔道の誕生と今

柔道は元々は、当時の数ほどあった古流柔術の中の一に過ぎなかった。

柔道の祖、嘉納治五郎明治維新を経て近代化が進む世の中から日本古来の武道が失われていくことを惜しみ、天神柔術と起倒流柔術を元にした新しい流が講柔道である。

その後、東大卒業学習院教授でもあった嘉納率いる講館は政治的なを活かして徐々に勢を伸ばしていった。

もちろん講館は政治だけではなく、嘉納に加え、史上初めて十段を取った山下義韶、嘉納の最初の子である富田常次郎、と呼ばれた横山作次郎、そして山で有名な姿三四郎モデルになった西郷四郎ら講四天王を初めとした構成員の柔術の実も兼ね備えていた。

四天王は強さで選ばれている訳ではなかったが、特に横山西郷の強さは講館でも抜きん出ていたとされる。ただし四天王山下以外は他流で柔術を学んでいるので講館の生え抜きではない。

現在柔道日本を飛び出し世界格闘技になっている。1964年東京オリンピックから公式になり特に欧州と南では現地選手が時に日本人選手を圧倒するほど普及が進んでいる。

段位と帯の色について

概要に書いた通り、柔道の帯といえばの二つがあるが、級まで含めるとさまざまな色がある。とはいえ、級は小学生中学生までがほとんどで、それ以上だと段位が取得可となるので昇段試験を受けて段位を取得する人が多い。
ちなみに段位者=帯というイメージが強いが、実は段位だけでも帯の色は以下のように複数存在する。

  • 段:
  • 初段~五段:(ただし六段以上でも着用可)
  • 六段~八段:
  • 九段~十段

帯について、かつては女性用は帯の中央にい線が入っていたが、現在は特に際試合においては男女同じい帯を使用することとなっている。

この通り、帯の上がちゃんと存在する。クラス以上はどちらかというと名誉色的な所はあるが、それでも()帯を締められるようになるには決して簡単なことではない。ただ単に強いだけではなく、人格・品位も兼ね備えていないと締められない色ということでもあるのだろう。九段以上となると本当に世界に一握りしか居ないレベルの段位となっている。

ルールについて

・年齢制限

中学生は関節技禁止。小学生は関節技も絞め技も禁止です。ちなみにブラジリアン柔術小学生でも気で関節技をやります。もちろんタップしようがしまいがすぐに「見込み一本」がとられるけど、怪の危険はいのかちょっと心配です。

・跳び関節

立った状態から相手に跳びつき、腕ひしぎ十字固めなどの形に持っていくというもの。MMA柔術のみならず、柔道でも立な技の一つであり、反則ではない。関連動画(その他)の青木真也解説の跳び関では「反則だろう」「柔術の技だろう」というコメントが流れることがあるが、7分30を過ぎた頃、そういうコメントをした人は間違いに気づくでしょう。ただし、現代のすぐ寝技を止めさせる柔道では、跳び関が失敗するとすぐに「待て」がかかる。

・立ち関節

どういうものなのかは関連動画(その他)の「木村政彦 寝技」の7分あたりからを見てみると良いかも。

この動画コメントでも「立ち関節は現代のスポーツ柔道では反則だろう」というコメントがあるが、立った状態で関節技を極めてしまうことは反則ではない。さらに言ってしまえば動きながら相手の(肘)関節を曲がってはいけない方向に曲げて怪をさせてしまってもルール上何も問題はい。(1994年全日本選手権決勝、吉田金野潤の例など)ただし、腕ひしぎ固めをかけたまま、体重を浴びせて倒れこむとかすると反則なので注意。

国際ルール簡単解説

日本の試合と際試合でルールが違う?
「講柔道試合審判規定」と「柔道連盟試合審判規定」の2種類があり、制限時間などいくつもの細かな差異がある。際試合は全て柔道連盟試合審判規定に基づいて行われる。
試合の方式
試合は5分間。ポイントが同点の場合はゴールデンスコア方式(ポイント先取した方が勝利)による延長戦が3分間行われる。ここでもポイントが入らなかった場合は旗判定となる。
ポイント
技の決まり具合や押さえ込みの時間によって、「一本 > 技あり > 有効」の3段階のポイントがつけられる。一本が決まった時点で勝利が確定する。技ありは2回で合わせ技一本となり勝利が確定する。有効を何ポイントとっても技ありにはならない。試合時間が終了した場合は獲得したポイントが多い方が優勢勝ちとなる。
”効果”ってなかったっけ?
2008年ルール正で止されました。
禁止されている事項等を行うと、導が与えられる。4段階あり、2回導で「有効」が、3回導で「技あり」がそれぞれ相手にポイントとして与えられ、4回導で反則負けとなり相手に「一本」が与えられる。導の種類としては、「消極的姿勢」「防御姿勢」「技のかけ逃げ」「故意に場外に出る」等がある。いきなりタックルして相手の足を取りにいった時など、即反則負けとなる場合もある。
旗判定
延長戦の結果両者同ポイントだった場合、審と副審がそれぞれどちらかの選手を示す旗を揚げ、2本以上旗が揚がった選手が勝利する。
ジュリー制度
2007年より導入された審判委員制度。誤審を防ぐためにビデオ判定を行い、審判に助言する役割を担う。オリンピック等の際試合では、試合を中断する権限や判定を示する権限も持ち、「第4の審判」とも呼ばれる(日本での試合ではジュリーにそこまでの権限はない)。
審と副審の判定が異なった場合はどうなるの?
簡単に言えば、三者の中でん中となる判定を採用する。
銅メダルが2人?
柔道際試合では敗者復活トーナメント戦が行われる。準々決勝で敗退した選手が出場し、ここで勝ち上がった選手と準決勝で負けた選手が戦って勝った方がもう一人の銅メダルとなる。

関連動画(試合)

 

関連動画(その他)

 三船久蔵十段をはじめとするモノクロ動画では「ヤラセだろう」「インチキだろう」というコメントもあるが、達人はヤバイです。そう見えるのも理はいかも・・・

 

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9F%94%E9%81%93
ページ番号: 621441 リビジョン番号: 2377757
読み:ジュウドウ
初版作成日: 08/10/05 11:30 ◆ 最終更新日: 16/06/28 05:39
編集内容についての説明/コメント: 関連項目にウラジーミル・プーチン追加、柔道やってるし追加しときます。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

柔道について語るスレ

241 : ななしのよっしん :2017/08/21(月) 00:53:07 ID: vT4aVnxPda
>>240
を見て面いとは随分しい人だね。
防御ができないならかんたんな話だ。防御しないで向かい合って攻めればいいだけのことだ。

姿勢にメリットなぞ一切ない。
見てくれが悪い、掛け逃げの増加、時間稼ぎの悪用、返し方は研究しつくされ、また自分からは仕掛けないから技術的広がりがない。
正当に「武」を掲げながら相手に防備な背中すことの醜さのどこに擁護できる点がある。

もちろんを禁止にするデメリットはある。立ち技はさらに消極的になり、技の途中で座り込めば「引き込み」とも取られかねない。
だが、いずれもペナルティ審判への導で対応は可だと思う。
代わりに得られる一本技への錬成と、寝技を含めた攻防の広がりを拒絶するものではないはずだ。
242 : ななしのよっしん :2018/03/04(日) 18:16:45 ID: BJrbUNa3L3
決勝で両者反則負けとかクッソ笑うわ
243 : ななしのよっしん :2018/03/04(日) 22:48:25 ID: vT4aVnxPda
100キロ級だから動けなくて当然,一本取ればそれでいいと甘やかしてきたツケだな。
時代はとっくに変わっているというのに
244 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 21:57:05 ID: f/kUWrTpU0
中学の授業で友人が投げ技くらって折した際に「怪するのは受け身がとれないお前が悪い」みたいなことを教師に言われるのを撃して以来柔道が嫌いになったわ。
悪いのはどう考えても投げてきた加者だろ
245 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 09:06:56 ID: UZ4mgfHE1C
>>241
なんか柔道未経験者の机上の空論にしか見えなくて至極滑稽なんだがな。
防備な背中すことの醜さのどこに擁護できる点がある。」って、それなレスリングのうつ伏せの禁止も一緒に唱えてろよ。あれだって柔道の試合でやれば、絞め・関節やり放題の体勢やで?
246 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 23:29:42 ID: vT4aVnxPda
>>245
まず自分の文章を見返してみよう
関係なレスリングを引きずってきて,そのレスリング柔道ルールを適用して「さあ技がかけ放題だぜ?」と言い放つ。

滑稽と称すにはあまりに寒いセンスと思わないかい?
247 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 23:51:53 ID: 0lcsZkjz5L
そもそも武道を謳っておきながら足に触れたらだめとか打撃を想定していないとか欠陥はあるんだから
ルール内でを維持するのはテレビ映えしないくらいのもんでべつに悪いことじゃないと思う
248 : ななしのよっしん :2018/08/12(日) 19:13:42 ID: vT4aVnxPda
打撃を想定する必要がないのはとうに明されているから置いておくとして。
2009年正に酔って(誤字じゃないです)結局2014年の全面禁止までの衰退を止められなかったことは反すべきでしょう。

より下を対とした手技(タックル技)の盛は一重リスクの低さにあり,その根本原因がにあることを否定する根拠はない。

だからこそ相応のリスクと技術発展のためにを反則とし,タックル技を復活させることがめられているわけだ
249 : 削除しました :削除しました ID: UZ4mgfHE1C
削除しました
250 : ななしのよっしん :2018/08/15(水) 17:33:34 ID: rQ+a/C4WD+
>>244
どう考えても受け身も取れない初心者を投げ練習に参加させてる導者が100%悪い
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス