柳ヶ瀬慎単語

ヤナガセマコト

柳ヶ瀬慎(やながせ まこととは、ライトノベル妹さえいればいい。』に登場するキャラクターである。

概要

原作6巻で初登場。一人称は「私」。誕生日5月30日で、原作6巻の時点で30歳。眼鏡スーツ姿の、いかにもサラリーマンといった貌をしている。

ギフト出版GF文庫に勤める男性小説家ペンネームで活動している。第15回GF文庫新人賞において『女神におしおき! ~世界を救ってやるからとりあえずを出せ!~』で優秀賞を受賞し、念願のプロデビューを果たす。担当編集者土岐健次郎

その応募作のタイトルからわかるように、大のスパンキング好きである。15歳誕生日、仲のよかった幼馴染女の子かれ、彼も彼女叩き返したことで突如スパンキング覚める。その日以降彼女を執拗にこうとしたものの絶交を言い渡され、以来自身の性的嗜好を隠し続けてきた。しかしライトノベルの執筆を通じ、日本にスパンキングの魅を広めたいと思い立ち、GF文庫新人賞応募・受賞に至る。

そのへの執着心から、イラストレーター恵那刹那(ぷりけつ)と非常にが合う。その縁もあり、慎のデビュー作『女神におしおき! ~世界を救ってやるからとりあえずを出せ!~』のイラストを彼が担当することとなった。大多数の読者には刺さらなかったものの、世のスパンキングからは大絶賛を受けており、コア人気を博している。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9F%B3%E3%83%B6%E7%80%AC%E6%85%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

柳ヶ瀬慎

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 柳ヶ瀬慎についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!