編集  

柳龍光単語

ヤナギリュウコウ
ネタバレ注意 禁欲の果てにたどり着く地など高が知れたものッッ
強くなりたくばネタバレ!!!
ここから下は自己責任で突っ走って問題ない!!!15mまでなら!!!

柳龍光とは、バキに登場する最死刑囚の一人である。
CV.二又一成

概要

死刑囚の一人で一の日本人で、バキが最大トーナメントで優勝した翌日に脱獄した。
刃牙完全勝利した数少ない一人。
暗殺術の最強の使い手で、修業で食いしばる事でが擦り減ってくなっている。
その腕前は師匠であるマスターをもぐ。
渋川剛気とかつて戦った事があり、その際に右を奪った。
その縁もあって脱獄後はっ先に渋川剛気を訪ねている。
その後は因縁の渋川剛気や刃牙に戦う。
最後は本部以蔵と戦い敗北寸前まで追い詰められたが、そこに勇次郎が現れ敗北を宣告されるが、勇次郎に「勝敗を決める権利はい」と反発した事が自分との勝負の場に立ったと解釈した勇次郎の強な一撃を受け戦闘不能に。
その後の生死は不明だったが、バキ外伝『ゆうえんち』及びバキ新装版の描き下ろしにて生存が確認された。

技や戦法、武器等

"酸素濃度が6以下の空気を作り出す技"と説明されているが、実際は真空を作り出す技。
に強な吸引が生まれ、人の口に当て肺の中の空気を全て吸い出し欠に追い込み意識を飛ばす。
意外と応用が利き、防衛省が特注したロケット弾をも防ぐを開け脱獄に利用したり、相手の体の一部を吸い付ける事で動きを封じたりする事も可
作中では刃牙の手を吸い付けそのまま関節を極めようとするが抜けられ、挟み撃ちにしようとしていたシコルスキーの攻撃を喰らってしまい失敗。
その技の特性からニコニコ動画ではサムネ空掌なるタグ製作されている、意味合いはサムネブラックホールとほぼ同義だが、やはり刃牙関係もしくは刃牙を彷彿とさせる動画に付けられる事が多い。
これは技と言うよりも人体を武器にする戦法である。
適切な量で且つ適切な種類の毒薬をすり潰した物を混ぜた砂に手を突っ込み消毒することを五日間
繰り返す事で手に素を沈着させる。
そうする事によって、触れるだけで相手をに犯す事が出来、そのによって殺す事が出来る。
この修行には当然想像を絶する痛が伴い、中には痛を逃れるべく腕を自ら切り落とす者がいる程。
こんな手で間違ってオ○ニーでもしようもんならどえらいことになりそうである。
使用者は柳龍光以外に王が使う事が出来る。
詳しい解説はこちら
所謂ビンタであるが、腕を液体化するイメージで打つ事により皮膚を剥ぎ取る事が出来る。
狙いが皮膚な為、いくら鍛えた体でもガード不可能で、全身が急所と化し、とてつもない痛が走る。
防御不の攻撃を持つ優秀な技であるが故に、勇次郎には「女子供の護身術」と罵倒されている。
のちに範馬勇次郎、範刃牙も作中で使用している。その痛みはどの攻撃でびくともしなかったピクルえ苦しむ程。
風神
二つの巨大なに糸を付けて高速で振り回す。
そのさは刃牙ですら全く捉える事が出来ない程(ただし腕の動きで結果的に動きを捕らえられてしまった)。
敢えて一本で振り回す事でよりく正確に振り回す事も可
弱い者が相手なら二本の方が強だが、強敵相手ならむしろ一本で戦った方が有効になる。
バグナク
翻訳すると"虎の"という名のインドの武器で、手に装着する事で拳を握った時のみの間からを覗かせる暗器
息吹き
相手のに強に息を吹き込み反対のから相手のを吹き出す技。脱獄時に使用したのみ。
日本刀
イルを殺す為に持ち込んだ名であったが、ドイルの腕のやタンカーの甲に当たり毀れし見るも残な姿と化してしまった。
やかんパス
沸騰したお湯が入っているやかんをパスするだけであるが、"ぶちまける"等の他の方法に殺気読み取る事が難しく渋川剛気にまともに熱湯を浴びせる事が出来た。が、これにより渋川剛気の怒りを買い手痛い仕返しを喰らう事となる。

作中での活躍

登場以前

マスターの左腕を奪っている。渋川剛気と対決し右を奪い勝利する。
その後久我重明に敗北し投され、修業を兼ねた受刑者達の虐殺を始め完成させる。
中で大相撲の元関脇・北を襲撃し欠にし神経を起こさせ病院送りにしている。

登場編・柳VS渋川剛気編

脱獄時に看守二名を殺
その後渋川邸を訪ね、やかんパスによりお湯をぶちまけあっけにとられている隙を突いて物を喉に突き付け勝利。
地下闘技場に集結し各死刑囚やファイター達と顔を合わせ宣戦布告を受ける。

柳VS刃牙&渋川編

しばらくした後に、刃牙と戦うべく作業員の格好をして刃牙学校に潜入し襲撃を掛ける。
風神を巧みに操り、刃牙刃牙で即座に風神への対応策を編み出し、ほぼ互の戦いを繰り広げる。
渋川剛気に乱入され、先の戦いの仕返しを喰らい2対1の戦いとなり一方的に攻撃を受ける。
実はは本気ではなく、遊び半分の刃牙試しであった。
本気を出した後は刃牙を倒し、一人残された渋川敗北宣告をし、パトカーの到着を察知し逃走した。

柳&シコルスキーVS刃牙編

いつの間にやら死刑囚が次々とやられ、最後の一人となっていた。
しばらくは登場する事はかったが、刃牙セックス強化直後に再登場。
刃牙に威圧されてしまったりと負けフラグが乱立する中戦いを挑むが、予想通り一気にぶちのめされてしまった。
しかし何とか持ちこたえ、刃牙手の打を撃ち込む事に成功し、一気に戦いが有利になる・・・ハズが何故か効果が表れず、しかも刃牙にもっと強打の反撃をされ追い込まれる。
そこに颯爽シコルスキーが現れニ対一で刃牙追い込み、一気に戦いが有利になる・・・ハズがシコルスキーが全く役に立たないどころか、刃牙の策略で同士討ちさせられてしまいノックアウトさせられてしまう。
何とか立ち上がるも、刃牙を連れてさっさと逃げてしまい、見物していた花山薫にも相手にされなかった。
二人掛りで一方的に負けた事、相手にされず逃げられた事、花山薫に威圧された事、刃牙山も自分より年下である事等耐えがたい屈辱を受け大粒の涙を流し悔しがる。

柳VSドイル編

イル心会と和解した事を聞きつけ、処刑すべくタンカーで待ち伏せをしていた。
イルが愚地己と別れたところを襲撃する。
先手一発手でドイルを失明させ、ミスリード煙草の煙等で翻弄し、戦いを優勢に進める。
途中強な正拳を喰らいつつも強底で船の外まで飛ばし首つり状態に追い込む。
トドメを刺そうとするが、ドイルが腕に仕込んだで防がれ、追撃しようとするがそのままドイルへ落ち逃走を許してしまう。
この際ドイルや船の甲に強に名をぶつけてしまいひどく毀れさせてしまう。
特に船の甲にぶつけたときはドイル叩き切る気だったので気良くにボロボロに。
日本刀較的安いものでも数万~数十万で取引されているが、名ともなれば数万~数千万レベル
刃牙打やドイルの正拳突きよりもよっぽどのクリティカルヒットだっただろう。
イルには逃げられるわ、名が壊れるわで散々な結果に終わってしまう。

柳VS本部以蔵&渋川剛気&範馬勇次郎編

渋川剛気に果たし状を送られ「三回も負けてるくせに決着を付けよう」と公園に呼び出されていた。
が、なんとそこに現れたのは最弱の解説王本部以蔵であった。

公園武術二人・・・勝負でしょう。

と言う理論により本部以蔵に挑まれてしまう。
つい最近日本刀を壊してヘコんでるのを知ってか知らずか、の投げた煙草を本部は日本刀で受け止め戦闘モードになり刃牙史上に残る迷勝負が始まる。

先に動いたのは本部以蔵で、勢いよくを振りかざし・・・いきなり日本刀を投げた。
不意を突かれたがかわそうとするも、太ももに突き刺さってしまう。
休む間もなく鎖分で追撃を掛けられ足を掬われ左を抉られてしまう。
絶体絶命であったが、悪い笑みをしながら反撃の一手と風神を取り出し振り回す。
しかし本部がジャングルジムの傍に移動したせいで上手く使う事が出来ず(下手に使うとジャングルジムに絡まってしまう)、戸惑いながらも何とか風神を使うが本部に当たらず地面に刺さり、焦っている隙に鎖分を顔面に投げつけられ、腕を極められジャングルジムに投げ飛ばされてしまう。投げられた隙にを奪われるがその時に、

技量では私のはるか上を行くあなたが、何故これほど遅れを取るのか・・・・・・。

磨いた五体以外の何ものかに頼みを置く、そんな性根が技を曇らせる。

と、キツい一言をさっきから武器使いまくりの本部以蔵に言い放たれる。
ならばと丸腰で身構えるが

お忘れか・・・あなたはその・・・・卑劣に仕込んだ右手(=手)に頼っている。

と、素手で戦う事すら批判を喰らい、が気もそぞろな状態で本部が風神を手に攻撃を仕掛ける。
右手が切り落とされた。
満身創痍の状況で足からが引き抜かれ、それを突き付けられ本部以蔵から敗北宣告を受ける。
そこに範馬勇次郎乱入
本部はすぐに勇次郎にを向けるがペキペキとがへし折られ言葉を失う。カステラじゃあるまいし
そして範馬勇次郎からも敗北宣告を受ける。
しかし、謀にも気丈にも反論し、

自他共に最強称号を持つあんただが、

この勝負の勝ち負けを決めるのはあんたではない。

と言ってのける。
その反論は勇次郎にも認められ大正解だと言われる。ちょうどそのタイミングで遅れて来た渋川剛気も到着。
これで事終了かと思われたが、否!
勇次郎がブチ切れての顔面に全体重を乗せて全身をしならせて全で裏拳パンチ!!!
意見自体は正しいが反論するなら倒す!という思想の本、強な一撃を叩き込まれの顔は滅になり倒れた。

決着後

特に登場はしないものの、ストーリーには非常に大きな影を与えている。
イルを保護したビスケット・オリバがドイルを治療。
その際にから受けたの成分を調べ「こんな物が血中に入ったら大問題だぜ。」とこぼしていた。
間違いなく血中に入っていたであろう刃牙は、今更の影を受けガリガリとなる。
病院で鎬紅葉の診察を受けるが手遅れ、山に登って安藤さんの治療を受けるが手遅れ。
いよいよ本格的に命の危機が迫るが、烈海王の手で誘拐され中国わざわざ大擂台賽に出場させられ手使いと戦わせられ復活した。詳しくこちら

外伝スカーフェイスのグランドマスターとの関係

柳龍光師匠であるマスターを仕込んだのは作中の暴力団王会会長であるグランドマスターである。
つまり柳龍光グランドマスターの孫子に当たるのであるが、を特化させて戦うのに対し、グランドマスターバリバリパワーファイターでさらには催眠術を使ったりとファイティングスタイルは大きく異なりドリアンのような戦い方をする。

評価

世間での評価

渋川剛気を相手に3度勝利を収めた事、刃牙渋川剛気のタッグと言う当時ではほぼ最強クラスタッグを破った事、同じ死刑囚のドイルをほぼ実で破った事、これらの事からドリアンと並び死刑囚中で最強との呼びが高かったが、最大トーナメント一回戦敗退の本部以蔵に敗退した事で一気にを落としてしまった。しかし、それでもなお手で刃牙を死の淵に追いやり負けてもなお恐ろしい一面を見せた。そのせいで簡単に評価を下す事は難しく、「死刑囚で最強だった!!」と言う人もいれば「死刑囚で最弱・・・」と言う人もいたりで、評価は両極端に偏っている。

パワーバランス

本部以蔵に負けた事により、本部以蔵柳龍光刃牙(最大トーナメント優勝時)>アントニオ猪狩山>本部以蔵と言う矛盾が生じてしまった。
これと同時に渋川剛気はに負けっぱなしで終わった為、柳龍光渋川剛気は動かせない。
間接的にではあるが本部以蔵柳龍光渋川剛気という構図が出来上がってしまう。
しかし直接戦っていないものの、今までの戦績から渋川剛気>本部以蔵と言う事実は明
刃牙世界パワーバランスが大きく崩れてしまった。
ランキングを作る際に困った読者は“公園武装本部以蔵”というポジションを新たに作る事でそのジレンマを解消する事には一応成功している。
この一件は実戦柔術と言う本部以蔵スタイルが、試合よりも実戦でこそ価が発揮される事、場所・条件・周囲の環境・精の動揺を利用した心理戦等、体や技の強さだけが全てではいと言う事を徴していると言える。

柳龍光と刃牙との闘いについて

自身が刃牙フルボッコにされた件は、後から来たくせにと同じタイミングで負けたシコルスキーやまるで相手にされなかった洋王、が治ったら一方的に倒された王、刃牙に2で倒された成、刃牙に2発で倒されたマホメド・アライJr.等ビスケットオリバ戦まで苦戦らしい苦戦を刃牙がしていない、というか圧勝ばっかりだった事を踏まえると、4発も攻撃を入れただけでもむしろ良く頑ったと言えるのではないだろうか?(しかもその後刃牙はその戦いで喰らったひんし状態にまでなった)

毒手について

彼の使う(これ自体、一般に知られている「」とは違うようである)の技の内、手は中国から伝わって来た武術であり、それを殺法としてに取り入れたものである。

勇次郎や烈海王ったところによると、手は元々2種類あり、陰手7巻と陽手5巻の計12巻の書物で伝えられており、それが日本に猛威を振るっていた。
1540年に日本に正式に伝来し、当時の武将が忍者にのみ手の習得を許可し、以後それが世の中の裏側で受け継がれて来たと言う、がしかし日本には中途半端に伝わってしまい12巻のうち陰手の7巻しか伝わらなかった。
柳龍光マスターが受け継いだのはこの陰手であった。

この陰手について作中の警視庁医者が分析したところ、ペプチド・アコニチンアチシン・スコポラミン・セロトニンその他諸々、基性有機化合物を中心とした成分が検出されている。

一方、中国大擂台賽編で登場する王は両手が陽手の手であり、その手の症状はを打ち込んだ部位が大きく腫れ上がっている。
ただの神経と言うよりは皮膚や細胞を犯す一面が強く、これは手には見られなかった特性であり、この事からも二つの手は似て非なるものだと推測される。

陽手もつまりなのだが、ある限られた条件でのみ陰手の解作用に転じると烈海王は言いっている。
陰手を受け、ほぼ瀕死状態のまま大擂台賽に連れてこられたバキは、陽手を受け全に倒れるが、直後江の涙を浴びることで化学反応を起こしスパークし、見事から立ち直ることに成功した。

関連商品

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9F%B3%E9%BE%8D%E5%85%89
ページ番号: 4949793 リビジョン番号: 2615319
読み:ヤナギリュウコウ
初版作成日: 12/08/22 01:34 ◆ 最終更新日: 18/08/12 12:25
編集内容についての説明/コメント: 作中での活躍に追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


やな

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

柳龍光について語るスレ

164 : ななしのよっしん :2018/11/12(月) 07:25:53 ID: p+PNG42IJ0
については印の問題だけでなく普通に後半は迷走しまくって弱体してるよねあれ
本来だったら本部にも負けるはずなかったんだと思う
165 : ななしのよっしん :2018/11/12(月) 17:53:41 ID: lvusu+z2wi
は暗殺者としての自分と格闘としての自分とで葛があったという説を挙げてみる。

本部は手やに頼っていると批判して明らかに動揺していた。しかし的にはこれらもの一環だし、むしろ本部が本部流柔術を誇ったようにも誇ってもいいはず。

実はは本心ではを自分の実ではないと思っていたのではないか?
暗殺者なら本部の言うことを気にすることはないが、格闘だからこそ動揺してしまったとも解釈できる。

さらにドイルへの襲撃もなんでわざわざが?と思うが、格闘だからこそ許された和解に嫉妬したように見える。

暗殺者と格闘はどっち付かずだったのかも知れない。


166 : ななしのよっしん :2018/11/12(月) 21:13:43 ID: Ul+Hjm7N1F
>>165
むしろは生の暗殺者(マスターく「殺法」)であり、敗北=死と考えるが故に命のやりとりを行う意思のない格闘を下に見てた
だから命のやり取りにまで踏み込む古い武術である渋川先生には一置き、殺法から格闘へ『堕落』したドイルに制裁を加えんとした
しかしSAGA後の戦いで刃牙手で敗北、名と信を置く武器を持ち出してなお手負いのドイルを逃してプライド粉砕
渋川先生を相手にして自信回復しようとしたけど、現れた本部に「お前は武器がなきゃとすら戦えないぐらい弱い(意訳)」と突きつけられて終了した
167 : ななしのよっしん :2018/11/13(火) 15:26:39 ID: p+PNG42IJ0
実際最後に渋川と戦えたとしてももう普通に負けそうだよね
168 : ななしのよっしん :2018/11/14(水) 13:08:35 ID: et4Fke9oMj
本部に膚なきまでにやられ、勇次郎に負けを突き付けられても突っぱねたあたり、死刑囚の中では一番往生際が悪い、あるいは修羅にどっぷり浸かってたキャラだと思う

にとっての敗北は死かそれに近い再起不ってことだったんだろうな
169 : ななしのよっしん :2018/11/15(木) 06:09:28 ID: qmEGaG/06R
お空外伝で暴れてる模様(えぐりまくり)
170 : ななしのよっしん :2018/11/17(土) 17:35:41 ID: UB8cgm89lK
>>164
というか元々本編でも本部から実的にはの方がかに上だとは明言されてるしな。

得意技だったらしい打で負けたあげくに二人掛かりでも一方的ボコられて見逃されて
武器やのようなわかりやすいへの依存心ができてしまったという流れだと思うし
要するに自分の技量への自信を喪失してスランプになったってことだと思う。
171 : ななしのよっしん :2018/11/18(日) 05:42:45 ID: Ot7AWV5t6y
真空を作り出すってずっと意味不明だったけど
吸引で肺の空気抜き取る技だったのね
この記事見てようやく納得した
それにしたってあり得ない技だけどw
172 : ななしのよっしん :2018/11/18(日) 07:31:30 ID: Qdqd+KaOQk
舌やを根こそぎ持っていけそうな悪技なんだけどそうじゃないのはグロ防止か?
173 : ななしのよっしん :2018/11/19(月) 17:37:56 ID: et4Fke9oMj
>>170
刃牙渋川二人を相手どった時のなら本部にああも遅れを取らなかっただろうなぁと思う
バキにおいて精の状態はだいぶ大きい要素だと思うし、本部戦でのはそれがボロボロだったからああも手玉に取られたんじゃないかと

まぁ武器使用可で戦場利用もできる戦いにおいて本部は一流だからそれでも負けてた可性はあるけど