栃煌山単語

トチオウザン

栃煌山 雄一郎(とちおうざん ゆういちろう)は、春日野部屋所属の現役大相撲力士である。

概要

1987年3月9日生まれ、高知県安芸市出身。本名は影山雄一郎であだ名はカゲ、シャケ。「のロクイチ組」と呼ばれる世代であり、舞の海の選んだ平成七人の侍現在の3大関も名前が挙がっている)として大関補に名前が挙がる。新関脇で11勝を挙げるなど地も抜群である。身長189cm、体重159kg。以前は押し相撲を得意としていたが、最近は右四つから寄る相撲も取れるようになった。

好物はトンカツ。嫌いなものはエビ趣味読書大関豪栄道は同学年であり、何かと較されることがある。り出される時はまるで釣られたシャケのように抵抗である(北の富士の中継解説が元)。

来歴

幼少期は祖とよくテレビ相撲中継を見ており、小学校2年生で自ら志願して相撲場に通い始めた。4年生からわんぱく相撲の全大会に顔を出している。わんぱく相撲の全大会に出場する子供は大会の時期に相撲部屋に宿泊するしきたりとなっているが、6年生の時に泊まったのは後に入門することとなる春日野部屋だった。

中学校時代にはある大会の団体戦での敗北を屈辱的に感じて大幅な増量を図る。結果として75kgだった体重を1年で120kgにまで増やし、3年生で中学横綱いた。明徳義塾高校時代には埼玉高校豪栄道と切磋磨して腕を磨き、高校卒業後は春日野部屋に入門2005年1月場所で初土俵を踏むと2006年9月場所で19歳の若さ十両昇進を果たす。2007年1月場所では十両の優勝決定戦に進出して、3月場所で新入幕を果たした。番付発表時点ではまだ誕生日を迎えていなかったが、初日は3月11日だったため場所2日前に20歳の誕生日を迎えており、10代で幕内の土俵に上がることはかった。

新入幕の場所では師匠(元・栃和歌)から10勝と敢闘賞受賞を命じられたが、栃煌山はこれを上回る11勝を挙げて、敢闘賞も獲得。1年後の2008年3月場所でもう1度11勝を挙げると今度は技賞を獲得。中位から下位でじっくり実をつけて2009年3月場所は初めて上位と総当り。5人中3人の大関を破って見事勝ち越しを果たして翌5月場所で小結に昇進。1度跳ね返されて幕内下位まで落ちるも、翌年5月場所で再び小結に返り咲いた。新関脇に昇進した9月場所は11勝4敗の大活躍で2度の技賞を獲得すると大関への期待は一気に高まった。

しかし上位では安定した成績をなかなか挙げられず、2012年5月場所で12勝3敗を挙げて優勝決定戦に進出した頃から地を発揮。ようやく三役を定位置とできたのは2013年から。しかし小結の地位で1月場所で8勝、3月場所で10勝を挙げても、関脇豪栄道把瑠都も勝ち越しているため上が詰まって関脇復帰はできず、5月場所で負け越して幕に陥落。9月場所で三役に復帰すると6場所連続で三役に在位。2014年1月場所で小結で11勝を挙げた時は関脇豪栄道琴欧洲が勝ち越しており上位の番付が詰まっている状況は変わらなかったが、今度は関脇が増員となる形で、3人関脇として関脇復帰を果たす。この場所は9勝を挙げると、5月場所は10勝。三役で3場所連続の勝ち越しということで、2年間も関脇に滞留している豪栄道より先に大関に上がってしまうのではないかという見方をする者も出てきたが、7月場所は怪で途中休場。大関取りは全に白紙となった。この場所で豪栄道大関昇進を決めており、まさに明暗が分かれた形である。

超会議場所トーナメント戦の成績

ニコニコ超会議で行われた大相撲巡業のワンデイトーナメント大会の結果をここに記す。

大相撲超会議場所

ニコニコ超会議3で開催された。当時の番付は西関脇2(2014年3月場所)。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 シード
2回戦 り出し 前頭14枚
3回戦
準々決勝
準決勝
決勝

大相撲超会議場所2015

ニコニコ超会議2015で開催された。当時の番付は東前頭筆頭(2015年3月場所)。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 西前頭10枚 北太
2回戦 寄り切り 小結 玉鷲
準々決勝 寄り切り 関脇 照ノ富士
準決勝
決勝

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A0%83%E7%85%8C%E5%B1%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

栃煌山

2 ななしのよっしん
2015/08/12(水) 02:04:15 ID: WAlBOC8WjL
大関に向けてあと一歩だ。頑張れ!
3 ななしのよっしん
2015/08/19(水) 05:09:27 ID: DqotKgTtad
先場所は終盤の失速が本当にもったいなかった
下手すれば優勝してたかもしれないのに
4 ななしのよっしん
2015/09/16(水) 12:39:55 ID: vgKvojvrnq
ここ2場所は明らかに違ってるな
立ち合いからの攻めが厳しくなって、苦手の攻められる体勢にならない
本当に大関あるんじゃないのか
5 ななしのよっしん
2015/09/24(木) 19:05:13 ID: 837s0Gdp5e
ここで照を止めるのが栃煌山になるとは思わなかった
くなってきた
6 ななしのよっしん
2015/09/24(木) 22:44:22 ID: 5flhpuVA/Y
インタビューを聞いていたら「そうですね」が「ソッスネ」に聞こえます……。
7 ななしのよっしん
2015/09/28(月) 02:08:20 ID: DqotKgTtad
序盤好調だったのに終わってみれば8-7
大関昇進は当分先だな
8 ななしのよっしん
2015/11/24(火) 18:08:56 ID: DqotKgTtad
豪栄道の惨状を見てると関脇のままで終わった方が幸せなんじゃないかと思ってしまう
9 ななしのよっしん
2016/12/01(木) 21:49:38 ID: r3zCxSS7Z0
立合いからの当たりは幕内最上位の威といっていもいい時もあるけど
その後、相手とくらべて四分ほど劣勢の技量差でも楽しもうとせず結構あっけなく割っちゃうのは多い
10 ななしのよっしん
2018/05/23(水) 17:51:39 ID: jnvNjQkhM9
いいところ行けるんだけどもう一歩どころか三歩ぐらい足りない
11 ななしのよっしん
2018/11/16(金) 07:22:00 ID: jnvNjQkhM9
今場所5連勝
上が詰まってたから注されてなかったけど上位狙える強さはあるんだよな…