根本陸夫単語

ネモトリクオ

根本陸夫(ねもと りくお)とは、球界の寝業師である。

西武ライオンズ福岡ダイエーホークスで実質的なゼネラルマネージャーとして辣腕を振るい、その手腕は「根本マジック」と呼ばれた。

概要

1926(大正15)年11月20日生まれ。茨城県出身。

関根潤三と旧制中学時代からの親友であり、バッテリーを組む関係にあった(根本捕手)。大学卒業後はノンプロに所属していたが、1950年近鉄パールス(現在オリックス・バファローズ)設立と同時に入団した関根推薦もあって1952年近鉄に入団した。ちなみに、当時の監督(初代監督)は旧制中学時代からの恩師でもある藤田三であった。

一年から頭をあらわし、二年は正捕手に定着するが、肩を痛め出場機会がなくなってしまう。だが、その一方で田武夫監督サポートするコーチ的な役割を果たすようになり、投手のローテーションは根本が決めていた。1957年シーズンを最後に現役を引退するが、その後もスカウト、マネージャーコーチとしてチームを支え続けた。「18歳の四番打者」と呼ばれ話題になった土井正博も、根本が担当した選手である。

1966年オフ近鉄を退団するが、恩師・藤田広島カープ現在広島東洋カープオーナー松田恒次と旧知の仲だったこともあって推挙され、1967年より広島コーチに就任することとなった。長谷川良平監督の辞任に伴い、1968年より監督に就任した。同年はトレードで獲得した大打者・山内一弘の復活、安仁屋宗八外木場義郎投手の成長で前年の最下位から3位に躍進して球団創立19年にして初のAクラス入りを果たすが、翌年は再び最下位に沈む。それでも、若手を積極的に起用して選手層の底上げに邁進し、後の初優勝メンバーの台頭を促した。

1970年には関根潤三と広達朗をコーチとして招聘し、更なるチームの増進をはかった。効果は現れて1970年71年共に順位こそ4位ながら勝率五割以上を記録するが、関根庭の事情で70年限りで退団したことで根本と広の関係が険悪となり、広71年限りで退団してしまう。根本72年も揮を執ったが、開幕から成績不振が続き、途中休養の後退団した。

解説者を経て、1978年に暗っ盛りのクラウンライターライオンズ監督に就任。翌年からチーム西武ライオンズとなるに伴い、監督をしながらフロントの権限も握って暗脱却のためのチーム革に着手。田淵幸一山崎裕之野村克也など実績のある選手を補強するとともに、森繁和石毛宏典伊東勤工藤公康などをドラフトで、沼博久・兄弟秋山幸二ドラフト外で獲得、のちの西武黄金時代の礎を固めた。4年1981年勝率1967年以来14年ぶりの5割復帰を果たした。

1981年をもって西武監督を退任し、後任に広達朗監督森祇晶ヘッドコーチを招聘。自身はフロント職に専念し、ドラフト清原和博を引き当て、田尾安志平野謙などを補強、を獲得するなど、その辣腕を振るった。しかし、理解者であった坂井保久球団社長89年に土井正博逮捕の影で辞任した後は思うように動けなくなる。

1993年福岡ダイエーホークスオーナー中内功に招かれ、西武オーナー義明とのトップ会談の末ダイエー監督に就任。またまた暗っ盛りの球団再建を任された根本は、いきなり同年オフ佐々木誠村田勝喜・橋本武広を放出して秋山幸二渡辺智男・内山智之を獲得する「世紀のトレード」を敢行。94年をもって監督を退き、後任に王貞治を招聘。自らはフロント入りした。

フロント入り後は、石毛宏典工藤公康ら古巣西武FAで獲得するなど、トレードやFAで実績ある選手を多数獲得してチームの暗黒ムードを払拭するとともに、ドラフトでは逆名制度をフル活用してアマチュア玉選手を次々と獲得。小久保裕紀城島健司藤井将雄斉藤和巳井口資仁松中信彦柴原洋篠原貴行などを名し、現在の強ホークスを作り上げた。

1999年4月30日、急性心筋梗塞のため72歳で死去。同年、福岡ダイエーホークスパ・リーグ初優勝、そして日本一を果たす。ベンチに飾られた根本遺影は、日本一の胴上げの輪の中にあった。

根本マジックの功罪

まだゼネラルマネージャーという概念がNPBに存在しなかった頃から、親会社すら動かす大トレード、オーナーすら事前に知らされない密室トレードなど、ありとあらゆる手を駆使して暗ライオンズと暗ホークスを建て直し、常勝軍団へと生まれ変わらせたその手腕は確かなもので、球団ファンの間ではチーム再建の立役者として今なお称えられる。

その一方、特にドラフト会議を巡っては、有選手獲得のためにあらゆる手段を使った。西武時代は、伊東勤高校を転校させて球団職員として囲いこみ、熊谷組入社の決まっていた工藤公康を強引に説得して入団させ、秋山幸二大学進学の噂を流してドラフト外でまんまと獲得などなど、そのエピソードは枚挙にいとまがない。西武系列の社会人チームプリンスホテル硬式野球部を使って多数の選手を囲いこみ、同じ年に2人の1位名選手を入団拒否させプリンスホテルに進ませたこともある。

ダイエーでも逆名制度をフル活用、特に井口中・原をって獲得した1996年ドラフトは「反則ドラフト」と呼ばれた。高卒選手も駒澤大学進学とみられていた城島健司の強攻名など、何かと物議を醸す。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A0%B9%E6%9C%AC%E9%99%B8%E5%A4%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

根本陸夫

4 ななしのよっしん
2013/01/16(水) 21:33:31 ID: ZVeFw+1uXP
>>3
巨人だからってのもあるが清原の存在がでかいだろうな
坂やマー君ハンカチなんかじゃ対抗できないような
甲子園ヒーロー公式の場で泣かすんだもん
5 ななしのよっしん
2014/10/13(月) 14:25:15 ID: PgY+tJss3o
ガチモノのタブーだからかれないし注もされない
6 ななしのよっしん
2015/03/04(水) 22:31:07 ID: sTkPY29U+k
親会社の宣伝で黙っていても良素材が入ってくる盟様に立ち向かうのにカネと小細工以外に何があるっていう話
まあそんな方法を容赦なく使いまくれるところがこの人のこの人たる所以な訳だが
7 ななしのよっしん
2015/07/15(水) 00:48:37 ID: 7dPRGQ1Tii
ミスタージャイアンツといえば長嶋
ミスター囲い込みといえば根本
8 ななしのよっしん
2015/07/18(土) 01:17:18 ID: 4F9JLq20Qb
カネや特攻精だけで根本さんとの獲得競争に立ち向かっても簡単には勝てなかった。
身内(場合によっては人)の仕事をあっせんしたり、セカンドキャリアの保をしたり
アマチュア時代の怪の治療の面倒を見たり
的にがっちり囲い込む手法をやってたんだもの。
獲得の経緯については選手本人からはめったにられない。たいてい墓場まで持っていくでしょう。
9 ななしのよっしん
2015/08/24(月) 23:15:28 ID: coP6QQQ6rE
この人がいないとパ・リーグはだいぶ違っただろう。
10 ななしのよっしん
2016/10/20(木) 21:40:36 ID: Bx+2LStIa4
本当に頭が上がらない恩人だが当時の球界の闇の擬人化みたいな人だと思う
11 ななしのよっしん
2016/11/18(金) 07:38:21 ID: xhgmjEie6q
死後15年。今も野球界に色濃く残る「根本陸夫の遺産」
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2014/04/30/15_1/index_4.phpexit

根本さんについてよく知らない人はまずここを読めばいいだろう
まあ根本さん寄りの記事だから、ダークな話題は皆無ではあるけど
12
2018/09/05(水) 09:31:11 ID: OQs13zC3Pt
でも今になってみればプリンスホテル使っての選手獲得方法とかその手があったか頭いいなとは思っても別にダークでも何でもいよなあ。むしろ正々堂々ルールに則って独自ルートを開拓したといえる。
13 ななしのよっしん
2018/11/12(月) 19:48:29 ID: 4obffTlmZA
長嶋茂雄に並ぶジャイアンツ英雄王貞治ダイエーホークスに引き抜いたのが一番驚いた
そしてこれが今のソフトバンクホークス下にも繋がってる。いくらがあっても人脈やカリスマがないと人は集まらない。ドラフト交渉でもFAでも王会長の影は凄まじく高い