桂ざこば単語

カツラサコハ

桂ざこばとは、上方落語落語家タレントである。桂米朝門下で、枝と吉亡き後は、桂米朝事務所専務取締役を務めており、桂南光とともにツートップとなっている。本名は関口ひろむ)。あだ名はざこびっち(ザコとかビッチとかよくこんな称が通ってしまったなと思ってしまう…

概要

経歴はかなりハードなもので、実の飛び込み自殺に伴う生活難や持病の皮膚病とそれによる偏見などで、若い頃はかなり荒れていたらしく、その心の逃げ場として劇場通いをしていたところ、桂米朝の演技に心底惚れ込み子入り志願した。その頃は不登校も続いていたが、の「学校卒業しといた方がええ」って助言に従い、学校はきちんと卒業してから、正式に入門する。

若い頃は丸(ちょうまる)という号で、や永六の伝を借りてに劇場に活躍の場を移し、次第にお茶の間の人気を得ていった。上方お笑い大賞で優勝してからしばらくして、二代桂ざこばを襲名(ざこばとは雑喉場ので知られた大坂の地名)。東京で活動したこともあるが、そっちではそこまで名が売れず再度大阪に戻ってから、上方落語協会にも復帰し本格的に落語に打ち込むようになる。子も多く取っており、実師匠以上といわれる上方落語期待の若手、四代目などがいる。

TVタレントとしても知られ『バラエティ生活笑科』の相談員、笑福亭鶴瓶とともに『らくごのご』の出演などで名が売れた。また、近年は桂南光とともに関西バラエティ討論番組などに登場することも多いが、桂南光同様、爆弾発言が多い。やしきたかじんとはの仲であったことも知られていたが、彼が世を去った時は号泣したという。

恐妻家でもあり、彼のは大抵、に敷かれる旦那の悲哀をった愚痴こぼしの場と化している。だが、二人のも孫が生まれてからは待望の男の子でもあり、すっかり孫煩悩として、自分の名跡を継がせる気満々だそうだ。

さて、そんな売れっ子になっても気取らない(ただし、嫉妬深い一面があり、桂吉朝子の吉弥に対抗意識を燃やしたりはしていた)ざこばの芸だが、一言でいうと「もっさり」である。桂吉朝桂枝雀桂南光など一門には抑揚が特徴的な落語家が多い中で、師匠ゆずりの滔々としたり口に近い。一方で演じ分けはあまり得意ではないため、落語からはイマイチと思われている節もあるが、その独特の訥さを生かし、素な庶民を描いた「青菜」「お玉」「遊山船」「子は鎹」「崇徳院」などを十八番としている。

関連動画

関連商品

桂ざこばに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

桂ざこばに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A1%82%E3%81%96%E3%81%93%E3%81%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桂ざこば

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 桂ざこばについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!