桂南光単語

カツラナンコウ

桂南光(かつらなんこう)とは、上方落語落語家タレントである。本名は森本良造。桂枝雀の一番子であり、現在桂米朝事務所の常務取締役を務め、桂ざこばと並びツートップとなっている。旧号はべかこであり、今でもべかちゃんという当時の称で呼ばれることが多い(なんこはんより、こっちの方が呼びやすいから)。

同じ門下だった故桂吉朝によると、に起きてテレビ曲に赴きニュース番組に出演し、バラエティ番組やドラマのロケに出向き、毎日2、3本演芸場をこなすというほどの働きであったという。

概要

の名の由来は、出身地の千早赤阪村英雄楠木正成)と上方落語の名跡であった(上方では別にこの名前でも問題なかったのだが…まあ、お察しください)を掛けたもので、大名人の若い頃の旧名でもあったため、厳密には三代目桂南光である。また、旧号は歌子(べかこ)で、これも上方落語の名跡なのだが、歌子(かつらごめうたこ)などと女性と間違えられたことで、平仮名に変えた経歴がある。

関西では四い仁まーるく収めまっせ♪のりで名高い長寿番組バラエティ生活笑科』の相談員(後に桂ざこば吉弥と交代していった)、ハウス食品のインスタトラーメン『好きやねん』のCM、『おはよう朝日です』や『痛快!エブリデイ』などで知られ、今も『ちちんぷいぷい』などに出演している。また、『そこまで言って委員会』など討論番組に出ることもあり、そこではやや思想の偏った過な発言も聞かれ、それが時折物議を醸し出すこともある(辛坊治郎と舌戦になったとか)。

落語家としては、タレント稼業の知名度だけでなく実も持っている。とりわけ、持ち前のだみ声を活かした、小憎たらしい輩や理屈っぽい大人、お調子者の間を演じさせたら天下一品であり、「ちりとてちん」「算段の兵衛」などを十八番としている。その質から演じ分けはそこまで巧い方ではないが、間の取り方や緩急の付け方は、師匠譲りの技量といえるだろう。

関連動画

関連商品

桂南光に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

桂南光に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A1%82%E5%8D%97%E5%85%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桂南光

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 桂南光についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード