桂文珍単語

カツラブンチン

桂文珍とは、日本落語(上方噺)、である。本名、西田勤。五代桂文枝一門。

概要

1948年12月10日兵庫県多紀篠山町(現在の丹波篠山)出身。
幼い頃からパイロットにあこがれていたが、大阪産業大学入学後に落語にあこがれて落語研究会に入部、美憂亭 さろん(びゆうてい)という高座名でテレビにも出演していた。
その際に桂三枝(現:六代桂文枝)に誘われ、彼の師匠であった小文枝(後の五代桂文枝)に1969年入門、三番子となった。

の名は、師匠に字を書く際にに飛ばされそうになり、を抑えるよう示をした際、その様子から「文鎮のようだ」ということと、しい人物であることをかけて名付けられた。

1974年毎日放送ヤングおー!おー!」にテレビ出演、その後はテレビにおいて会者として1980年代に活動を広げる。
一方でパフォーマンスを取り入れたニューウェーブ落語が受け入れられ、人気の落語としても名を上げるようになる。

1990年代に入るとテレビでの活動を減らし、古典落語にもを入れ始める。その中で関西大学の非常勤講師も務めるようになる。また、あこがれであったパイロットも、1990年に自飛行機免許を取得し、自飛行機を持ってフライトを行っている。

2004年に、長らく会を務めていた「ウェークアップ!」の終了とともにテレビの活動から身を引いている。

は、本格路線を踏襲しつつ、それをアレンジするのにも長けている。特に忠臣蔵など芝居噺は十八番としており、「五段」「胴乱の幸助」などは得意噺。他に「手水廻し」「悋気の独楽」などがある。また、創作落語も多く発表している。そして、の面さに定評があり、だけをひたすら漫談だけでもを取れる人物である。

人物像

関連動画

関連商品

桂文珍に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

桂文珍に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A1%82%E6%96%87%E7%8F%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桂文珍

1 ななしのよっしん
2013/08/29(木) 21:29:42 ID: o/0XOHJJzF
やっぱここは「さんまの名探偵」の第一被者でしょう。