桐野夏生単語

キリノナツオ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

桐野夏生(きりの なつお)とは、日本小説家女性

概要

1951年生まれ、石川県金沢市出身。成蹊大学法学部卒。

1984年、『のゆくえ』で第2回サンリオロマンス賞佳作を受賞しロマンス小説デビュー男性名と間違われると言われて1986年に「子」に名、1989年からは銀色生とややこしいと言われて「野原野枝実」と名しMOE文庫、コバルト文庫などで少女小説を15冊ほど書いたり、レディーコミック原作をしたりしていた。(以上、本人く「屈辱の歴史」)

1993年、『顔に降りかかる』で第39江戸川乱歩賞を受賞。公式プロフィールではこれがデビュー作ということになっている。女性作家による女性主人公ハードボイルドとして話題を呼んだ。

1997年に発表した『OUT』で「このミステリーがすごい!1位を獲得、翌年の第51日本推理作家協会賞を受賞、直木賞補にもなり本格的にブレイク(のちにアメリカ翻訳され、史上初めて日本人作家の作品としてエドガー賞最終補に)。1999年、『柔らかな』で第121直木賞を受賞。

以降、2003年グロテスク』で第31泉鏡花文学賞2004年『残虐記』で第17柴田錬三郎賞2005年『魂萌え!』で第5回婦人論文芸賞、2008年東京』で第44谷崎潤一郎賞、2009年女神記』で第19回紫式部文学賞2010年ナニアル』で第17恋愛文学賞と第62読売文学賞を受賞している。

作風

その作は、『残虐記』で柴田錬三郎賞を受賞した際の選考委員・本陽の選評の、

『残虐記』は人間の疎外、悪意、弱者の嫉妬、強者の弱者への蔑視などがからみあって緊迫した状況をつくりだしてゆき、それが破局、犯罪へつながってゆくという、人の濃厚な動物性の面に視線をむけてゆくという、これまでの作品とおなじ内容である。

というのがおそらく一番的確に言い表している。出世作の『OUT』や、シリーズ主人公底的にダークサイドに落としてそれまでのファンを愕然とさせた問題作『ダーク』、代表作『グロテスク』など、小説の構造やプロットを破壊してでも底的に人間暗黒面性を描き、理に落ちないその作は、のちに一時ブームになったイヤミスの先駆ともいえる。その作ゆえ、エンターテインメントなのか純文学なのかよくわからないところにおり、エンターテインメント系の文学賞純文学系の文学賞を両方、しかも多数獲っている。

東電OL事件を元にした『グロテスク』、新潟少女監禁事件を元にした『残虐記』、アナタハン女王事件を元にした『東京』など、現実の事件を下敷きにした作品も多い。

『顔に降りかかる』について著作で批判した書評とガチバトルしたこともある(エッセイ集『異端審問』参照)戦う作家

作品リスト(『顔に降りかかる雨』以降・小説のみ)

は村野ミロシリーズ

  1. 顔に降りかかる1993年講談社1996年講談社文庫→2017年講談社文庫[新装版])
  2. 天使に見捨てられた1994年講談社1997年講談社文庫→2017年講談社文庫[新装版])
  3. ファイアボールブルース 逃亡 (1995年集英社
    → ファイアボールブルース1998年、文文庫、題)
  4. の眠り の夢1995年文藝春秋1998年、文文庫→2016年、文文庫[新装版])
  5. OUT1997年講談社2000年講談社文庫[上下巻]→2014年双葉文庫[上下巻])
  6. 錆びる心1997年文藝春秋2000年、文文庫)
  7. ジオラマ1998年新潮社2001年、新潮文庫)
  8. 柔らかな1999年講談社2004年、文文庫[上下巻])
  9. ローズガーデン2000年講談社2003年講談社文庫→2017年講談社文庫[新装版])
  10. 2000年文藝春秋2003年、文文庫)
  11. 2001年朝日新聞出版2004年朝日文庫→2005年、文文庫)
  12. ファイアボールブルース22001年、文文庫)
  13. ダーク2002年講談社2006年講談社文庫[上下巻])
  14. リアルワールド2003年集英社2006年集英社文庫)
  15. グロテスク2003年文藝春秋2006年、文文庫[上下巻])
  16. 残虐記2004年新潮社2007年、新潮文庫)
  17. I'm sorry, mama2004年集英社2007年集英社文庫)
  18. 萌え2005年毎日新聞社→2006年、新潮文庫[上下巻])
  19. 冒険の2005年、新潮文庫)
  20. アンボス・ムンドス2005年文藝春秋2008年、文文庫)
  21. メタボ2007年朝日新聞出版2010年朝日文庫[上下巻]→2011年、文文庫)
  22. 東京2008年新潮社2010年、新潮文庫)
  23. 女神2008年角川書店2011年角川文庫
  24. IN2009年集英社2012年集英社文庫)
  25. ナニアル2010年新潮社2012年、新潮文庫)
  26. 優しいおとな2010年、中央論新社→2013年、中公文庫)
  27. リティコン2011年文藝春秋2014年、文文庫[上下巻])
  28. 2011年角川書店2014年角川文庫
  29. ハピネス2013年光文社2016年光文社文庫)
  30. だから荒野2013年毎日新聞社→2016年、文文庫)
  31. またの深い2014年幻冬舎2017年幻冬舎文庫)
  32. 奴隷小説2015年文藝春秋2017年、文文庫)
  33. 抱く女2015年新潮社2018年、新潮文庫)
  34. バラ2016年集英社2019年集英社文庫[上下巻])
  35. の見る夢2016年講談社2019年講談社文庫)
  36. を行く2017年文藝春秋
  37. デンジャラス2017年、中央論新社)
  38. 路上のX2018年朝日新聞出版
  39. ロンネス2018年光文社
  40. とめどなく囁く2019年幻冬舎

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A1%90%E9%87%8E%E5%A4%8F%E7%94%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桐野夏生

1 ななしのよっしん
2014/12/04(木) 19:32:30 ID: TWymZWpVnX
記事あったんですね 作って下さった方に感謝
OUTはなかなか生々しいというか死体切断の描写と
介護に疲れる女性の描写が読んでて辛かった
最後の幕切れがちょっとあっけなかった気がしたけど

急上昇ワード