桜庭一樹単語

46件
サクラバカズキ
1.8千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

桜庭一樹さくらかずき)とは、日本美少女小説家である。

概要

大学時代にライター系の新人賞を受賞し、以後フリーライターとして活動。山田桜丸名義でノベライズゲームシナリオを手がける。小説デビュー作は『アークザラッド』のノベライズゲームシナリオでは、今なお名作と名高いあの『EVE burst error』……のファン軒並み絶望の淵に追いやったクソゲーと名高い続編EVE the lost oneシナリオを手がけたことで知られているような、いないような。他に『サンリオタイムネット』『マーメイドの季節』などのゲームシナリオや、EVEシリーズのノベライズなどを山田名義で手がけた。

1999年桜庭一樹名義で第1回ファミ通えんため大賞佳作を受賞し、『ロンネスガーディアン AD2015隔離都市』(ファミ通文庫)でオリジナル小説デビュー。以後『B-EDGE AGE』(富士見ミステリー文庫)、『竹田くんの人~ワールズエンドフェアリーテイル~』(角川スニーカー文庫、ちなみにイラストみさくらなんこつ)などの非常に微妙作品を様々なレーベルで書いていた。仮面ライダー555のノベライズなんかもしていたりする。

2003年、第6回皇杯参戦作品(ちなみに敗退)『GOSICK -ゴシック-』(富士見ミステリー文庫)が武田日向イラストもあって初めてのヒット作となる。続く2004年、『推定少女』(ファミ通文庫)と『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』(富士見ミステリー文庫)を立て続けに発表。特に『砂糖菓子~』が各方面で高い評価を集め、東京創元社から刊行された『少女には向かない職業』で一般文芸へ進出を果たした。でも当時は作品そのものよりあとがきの評価の方が高かった気もする。

その後は『ブルースカイ』『少女七竈と七人の可そうな大人たち』『朽葉伝説』『青年のための読書クラブ』などを発表、全に活動を一般文芸へシフト。『朽葉~』は日本推理作家協会賞を受賞、「このミステリーがすごい!2位となり、直木賞補にもなる。2008年、『私の男』で第138直木賞を受賞。ライトノベル出身作家直木賞受賞としても話題になった。

クソゲーシナリオライターからライトノベルを経て直木賞作家、というマンガのような立身出世街道を突っ走った作家。ちなみに現在ライトノベルを書く気はいと宣言しており、ファミ通文庫で中断していた『荒野の』は『荒野』というタイトルハードカバーにまとめられた(現在は文文庫で全3巻で出ている)。『×ピンク』『推定少女』『砂糖菓子~』も一般文庫として再刊されている。竹田くんの人』は再刊せんの?

なお、2007年4月刊の短篇集3巻を最後にストップしていた『GOSICK』も、2009年9月から挿絵しで角川文庫にて再刊が開始。2011年1月からのアニメ化に合わせ、3月に4年ぶりの新刊(7巻)が角川文庫で刊行され、その後短編集4巻と8巻(上下巻)が出て完結。挿絵ありのバージョン角川ビーンズ文庫で復刊された。

2012年には『 贋作・里見八伝』が『伏 鉄砲娘の捕物帳』のタイトルアニメ映画化。

一般文芸方面進出以降は、一作ごとに読み口が違うと言ってもいい変自在の文体を駆使して、漫画的な冒険活劇から、ミステリーSF、はてはマジックリアリズム的な大河小説まで様々なジャンルを横断する作品を書いている。ほとんどの作品には大なり小なり、「少女」と「大人」の関係というテーマが含まれており、『×ピンク』から現在にいたるまで何らかの形で「何かと戦う少女」が桜庭作品の統一テーマであると言ってもいい[要出典]

かなりの読書であり、読書エッセイ『桜庭一樹読書日記シリーズも発表している。
真空手の使い手でもあり、ときおり日記に人を殴る話が出てくる。

関連動画

映像化作品。他に『少女には向かない職業』がGyaOドラマ化されている。

当時ライトノベルから一般文芸への進出は一種のブームだった。

黒歴史とはこういうことである。

関連商品

今の桜庭一樹しか知らない人たちは是非これらの作品で「人に歴史あり」という言葉を感じ取っていただきたい。

普通に今の桜庭一樹を読んでみたい人はこのへんをどうぞ。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桜庭一樹

46 ななしのよっしん
2016/12/16(金) 18:58:39 ID: sp02suxKKK
この人の作品ってなんかいよね…
gosickでもヒロインとか最新作で物中が抜けきれてないって書かれてたし…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
47 ななしのよっしん
2016/12/16(金) 19:01:21 ID: osXa1OmeS7
ファミリーポートレイトが好きな異端者か
👍
高評価
0
👎
低評価
0
48 ななしのよっしん
2016/12/16(金) 19:36:12 ID: 6igkjCgWcO
名時代のサンリオタイムネットとかいう鬼作
👍
高評価
0
👎
低評価
0
49 ななしのよっしん
2017/05/29(月) 22:49:41 ID: TBnY54a2ud
>>41
555と言えば園田真理少女時代GOSICKのヴィウトリカ役になるんだよな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
50 ななしのよっしん
2018/05/03(木) 15:00:56 ID: zlQDhkPzYh
なんかがないこの大百科
👍
高評価
0
👎
低評価
0
51 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 00:46:59 ID: G1b/3+h6sY
新装版のGOSICKで初めてこの人の作品読んだんだけど、文章のある演劇部みたいな文体してんなと思ったらラノベ作だったのね...
正直あんま面くなくてまだ50ページくらいだけど読む手進まんわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
52 ななしのよっしん
2019/08/06(火) 16:43:14 ID: qqCQZmvHJG
GOSICK以前に竹田くんの人とかB-EDGEとかを読んだラノベ読者
まさかここまで化けるとは思わなかったって言ってるよ
当時のラノベ作の中では地雷扱いされてた時代もあった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
53 ななしのよっしん
2020/04/27(月) 21:11:46 ID: T/DqXjD7xa
ここまで花果とほんとうのいとかお前らなにやってんだ

にしても自分はGOSICKより前の桜庭作品を読んだことはいんだが、古い桜庭作品って作者のやりたいことが全面に出過ぎて読者がおいてけぼりになることが多かったイメージあるよ。GOSICKも一弥くんの女々しさ(でもいざというときはマジかっこいい)はクセが強くて苦手だった。技量が足りてなかった頃に批判されてたって聞いても納得だ。
もちろん今は素晴らしいけどね。そう、特に花果とほんとうの
👍
高評価
0
👎
低評価
0
54 ななしのよっしん
2021/05/21(金) 13:36:36 ID: LmI5AsCp/3
朽葉伝説ガチの期待外れだった
第三部で万葉の殺人告白一気に話が展開する空気になって鳥肌だったのに
もう話の途中で「ああこの人この後自殺したんか」って分かってたことが相とか言われて
何だこの話…?ってなった
クセが強すぎるだけで面くなる前に話が終わった感が強だった
昔読んだ砂糖菓子のなんたらもひどかったこと思い出して納得したけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
55 ななしのよっしん
2024/01/22(月) 22:19:21 ID: EpUoZQzTod
EVE The Lost Oneで作中のクローン人間の表現にミュータントって言葉を使ったのを見て
ミュータントっていうのは突然変異体をす言葉じゃないのか言葉選びが神経じゃないのかと思ったけど
後の遺伝子工学の用を顧みると結果的に正しくなってるのがおもしろい
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス