梅澤の十手単語

ウメザワノジッテ

梅澤の十手とは、マジック:ザ・ギャザリングカードの一枚で、河の危険品のひとつである。

概要

Umezawa's Jitte / 梅澤の十手 (2)

伝説アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーが戦闘ダメージを与えるたび、梅澤の十手の上に蓄積(charge)カウンターを2個置く。
梅澤の十手から蓄積カウンターを1個取り除く:以下の3つから1つを選ぶ。「装備しているクリーチャーは、ターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。」「クリーチャー1体を対とする。それはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。」「あなたは2点のライフを得る。」

装備(2)

河謀叛」に収録された伝説の装備品。
このカードの効果は「ブロック」のストーリー主人公梅澤俊郎》が使う「漢字の魔術」をイメージしたものである。

あまりの強さに「十手ゲー」と呼ばれるほどの状況を生み出した強カードであり、「モダンフォーマットでは禁止カードとなっている。
また、構築済みデッキに収録されていた

あまりの強さとクソさ故に付けられたアダ名が『F○ckin Japanese Weapon』。(一部伏せ)

ゆるゆるな条件

意外なことに発売前は「これ強くないよ」と言う意見がそこそこ見られた。
ぶっちゃけ誤読からの勘違いなのだがこのカードの効果はプレイヤーイメージとずれているところがあった。

戦闘ダメージを与えて何かを使うカードは、基本的に「プレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび」となっている。
だが、このカードの蓄積カウンターを置くための条件は「戦闘ダメージを与えるたび」
《梅澤の十手》を装備してとりあえず殴れば、ダメージを与えた相手がプレイヤーでもブロッククリーチャーでも蓄積カウンターが乗る。
ついでに言うと対戦相手のクリーチャーの攻撃をブロックしても蓄積カウンターは乗る。
要するに戦闘を迎えればほとんどの場合、蓄積カウンターが乗る。

次にカウンターを取り除いて起動する効果だが、クリーチャーに装備している必要はない。
もっとも、3つあるのうち一番上は装備してないと駄になってしまう。
しかし、これが装備してないと自体起動できないと勘違いする人を出す原因となった。

そして、戦闘ダメージでこのカードに乗る蓄積カウンター2個。1個ではない。1個ではない!

漢字の魔術

第一の効果はクリーチャー強化。1個あたり+2/+2。
ちなみに装備元のクリーチャーが二段攻撃[1]を持っていると1回の戦闘ダメージカウンターが乗る。
よって、1/1二段攻撃に4個の蓄積カウンターが乗った《梅澤の十手》が装備されている場合、
1/1

9/9(4個カウンター消費)

9ダメージ

2個カウンター乗る

13/13(2個カウンター消費)

_人人 人人_
突然の死
 ̄Y^Y^Y^Y ̄

第二の効果はクリーチャー弱体化。1個当たり-1/-1。
「十手ゲー」を生み出した。一度《梅澤の十手》に蓄積カウンターが乗れば小クリーチャーは次々撃ち落され、プレイヤーへのダメージカウンター永久補充されてしまう。
なんとかブロックしても蓄積カウンターが乗ることには変わりはなく1体のクリーチャー+《梅澤の十手》だけで全に動きが封鎖されてしまうこともあった。

第三の効果はライフ回復。1個当たり2点。地味そうに見えるが、「どんな雑魚クリーチャーでも毎ターン4点回復」するのでバーンデッキ土下座が確定する。
負けそうなときでも、「とりあえずブロック」→「起動」の繰り返しであっという間に回復してしまう。

十手をぶっこわせ!

あまりに汎用性があるのため、デッキクリーチャーがいればとりあえず入れようという判断がされるほどの強さであるが、このカードにも一応弱点がある。

まず、クリーチャーを使わないデッキバーン呪文を使わないデッキ相手では2番、3番が十分に機しなくなる。それでも十分なんじゃね?

次にこのカードアーティファクトで装備品である。このカードが出た直後はまだ「親和デッキ」が猛威を振るっており、アーティファクト、装備品対策は必須であった。そのため、このカードに対策をとれないデッキはほぼ0であった。

最後にこのカードレジェンドルールの制約を受ける「伝説の」パーマネントである。

2013年7月13日までのレジェンドルールは「2つ以上の同名「伝説の」パーマネントが戦場にある場合、すべてを墓地に置く」というものであった。つまりこの時期までは《梅澤の十手》を出せば相手の《梅澤の十手》を破壊できたのである。
当時のスタンダード環境では、このルールを利用するために《梅澤の十手》をデッキに入れるプレイヤーも多かった。
さすがに「MoMa」のキーカードであった《トレイリアアカデミー》のように、クリーチャーもいないのに《梅澤の十手》を採用することはなかったが、前述の通りこのカードは構築済みデッキに入っていて較的入手が容易[2]だったため、《梅澤の十手》が入っているなら(お金の事情を除いて)確実に4枚入っている、と言ってもよかった。
ただし《梅澤の十手》が収録されていた河謀叛には、レジェンドルール効にする《の画廊》というアーティファクトが存在するため、これが戦場に出てしまうと対消滅は出来なくなってしまう。

2013年7月13日以降、レジェンドルールは「プレイヤーが同じ名前の伝説のパーマネントを2つ以上コントロールしている場合、そのプレイヤーはその中から1つを選び、残りはそのオーナーの墓地に置かれる。」と訂された。
これにより相手も自分も《梅澤の十手》を1枚までなら戦場に出せるようになったため、対消滅狙いで出すことはできなくなった。
逆に相手も自分も使えるという意味では多少は使い勝手が良くなったともいえる(これはどんな伝説のパーマネントにも言えることだが)。お互いのデッキに《梅澤の十手》を採用している場合注意しておこう。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *先制攻撃ダメージと通常攻撃のダメージを両方発生させる。2回ダメージを与えるので実質的なパワーは2倍となる。
  2. *シングルカードで買うよりは安上がりだった、という意味。「河謀反」では4種類の構築済みデッキが発売されたが《梅澤の十手》入りデッキだけが爆速で売り切れた。なお、(4種類のデッキが4つずつ入っている)単位でしか入荷できないため、残り12個のほとんどが不良在庫となるこの商品の再入荷はなかった。
    また、当時の《梅澤の十手》4枚のシングル価格は通販価格での構築済みデッキ1(4種類の(略)、つまり構築済みデッキ16個)に相当したため、単位で構築済みデッキを購入する人が続出した。構築済みデッキの1つは忍者デッキだったため、カジュアルプレイ忍者率が上昇したという話がある。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A2%85%E6%BE%A4%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%89%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

梅澤の十手

16 ななしのよっしん
2017/02/17(金) 19:18:30 ID: eviIuNkUHA
>>10
ジェイスで締め切りギリギリに差し替えられたのは(よりにもよって)消術の部分やで
元は単に2枚ライブラリー削るだけだった
17 ななしのよっしん
2017/05/15(月) 06:42:02 ID: 01C8cXXl9H
>>14
日本ショップは人気のあるFoilにわけわからん値段をつけるから…(小

高いカードSCGで購入、しよう!
18 ななしのよっしん
2017/09/09(土) 09:21:19 ID: Mbz72NfUjs
大口縄みたいに壮大な設定ある訳でもないのに壊れウメザワという言霊はあるが
19 ななしのよっしん
2017/09/09(土) 09:28:58 ID: NGwpnJuBvZ
>>14
実際の取引相場は10万前後だぞ
偽の情報に踊らされないように注意しような
20 ななしのよっしん
2017/09/22(金) 08:26:37 ID: wmqiwZfPH4
>>19が偽の情報に踊らされててッ!

海外通販だと200$くらいで買えるんだよなぁ。
21 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 09:15:08 ID: JFnm2QoJQ/
なお、エキスパンション”ドミナリア”時点でも
子孫と一緒に健在の模様
22 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 07:52:41 ID: 3irHl4vNW1
テツオ・ウメザワ=てつを梅澤の十手=リボルケイン説が出てて
23 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 11:25:55 ID: 26O6JlHWiQ
これのだけを抽出した梅澤の魔除けがあまりにも惨め過ぎる。
まるでプライベートブランド商品になったような感覚だ。
24 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 14:09:20 ID: 6ow+dO1YbN
>>23
色付き2マナが適正なコストの効果を毎ターンタダで2回使えるこっちが異常ぎたんや・・・
25 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 22:11:18 ID: PkE6wGt4eU
モダンは置物対策してない方が悪いという環境
争大戦カーンの登場
・サーチして踏み倒して装備先にもなれる石鍛冶モダン禁止
キャスト2マナ、装備2マナ、一回戦闘するまでは何もしない置物
・たった1マナ重いだけの2色(しかしこっちは装備して即サイズ修整とプロテクションが得られる)ですらモダンじゃ遅い

絶対モダンの十手はジェイコースだと思う