森林鉄道単語

シンリンテツドウ

森林鉄道とは、木材を運搬するために敷設された鉄道である。

概要

兼用を含むならば日本初の森林鉄道は明治37年に和歌山県九度山に敷設されたものからである。専用としての森林鉄道であるならば明治41年の津軽森林鉄道からとなる。

森林と呼ぶ場合もあるが森林鉄道と同じものである。

名前からわかるように木材輸送のために敷設された鉄道である。

かつてはを管轄するために日本に敷設され、一時期は総延長は8,000km以上、路線数は1000えることもあった。大杉森林鉄道のように現地の森林組合が敷設したものを営署に移管したものも多い。

昭和30年代後半頃からトラック輸送の進展と業の衰退などを背景に森林鉄道は急に数を減らしていった。

現存する林野庁の所有する森林鉄道は屋久島の安房森林鉄道のみとなっている。

民間の方でもいくつか生き残りがあり観光に利用されている赤沢森林鉄道などが有名である。

現在観光として運用されていることが多い。

森林鉄道

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A3%AE%E6%9E%97%E9%89%84%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森林鉄道

1 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 18:06:32 ID: /R1aBu3aKB
> 森林鉄道SLで「お月見」…遠軽町の「雨宮21号」を間運行 10月7日
>https://response.jp/article/2017/10/05/300716.htmlexit
いいですね、晴れてればきれいでしょうね

急上昇ワード