森田芳光単語

モリタヨシミツ

「森田芳光」(もりた・よしみつ)とは、「家族ゲーム」「メインテーマ」「キッチン」「(ハル)」「失楽園」「模倣犯」等の様々なジャンル映画作品で知られる監督脚本家である。

映画でも何を描いたのではなく、どう描いたかが大事だと思っている監督です。

概要

1950(昭和25)年1月25日生まれ。東京都出身。

小学生時代に子役として活動し、高校時代に映画ドクトル・ジバコ」を観て映画覚めて映画制作を志し、日本大学芸術学部に進学して学生運動に参加しながら自主制作映画を撮影し、1978年には短編映画ライブイン茅ヶ崎」の監督・脚本を務めて第2回ぴあフィルムフェスティバルに入選した。

1981年に、映画「の・ようなもの」で長編映画監督脚本家デビューを飾り、1983年開された松田優作映画で、長い食卓に横一列で食事をとるといった描写で知られるブラックコメディー家族ゲーム」がヒットし、

など数々の受賞し鬼才として評価された。

松田優作とは1985年開の映画「それから」でもコンビを組み、

を受賞するなど高い評価を受けた。

1985年には、とんねるず演を務めたそれまでの作品とは作の異なるコメディ映画そろばんずく」の監督・脚本を務めた。

※同作での共演がきっかけで、とんねるず木梨憲武安田成美が結婚している。

1989年吉本ばなな原作映画「キッチン」の監督・脚本を務めたが行成績がふるわず、久しぶりのオリジナル映画作品となった1996年開の映画「(ハル)」でも作品の評価に対して行成績は振るわないと言う結果が伴わない時期が続いたが、1997年開の渡辺淳一のヒット作を映画化した「失楽園」で監督・脚本を担当し、R-15定を受けながらも200万人をえる観客を動員するスマッシュヒットを記録した。

行成績がふるわなかった時期は、映画制作本数を控えて映画バカヤロー!」シリーズ製作に専念しつつ競馬雑誌のエッセイを中心に活動した。

1999年には「39 刑法第三十九条」や「黒い家」といった自身初のサスペンス映画開され、2002年には宮部みゆきの「模倣犯」の監督・脚本を担当した。

2007年には黒澤明監督映画椿三十郎」を当時の脚本を用いてリメイクし、子供の頃から好きだった鉄道を題材にした映画急行A列車で行こう」の監督・脚本を務めて邦画史上最多の車両数が登場する鉄道映画制作したが、2012年開まであと僅かとなった2011年12月20日、急性肝不全のため61歳の生涯を閉じた。

主な関連映画作品一覧

監督・脚本

脚本

映画出演

制作総指揮

その他の作品については wikipediaの関連項目参照exit

関連動画


関連商品




関連項目

関連コミュニティ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E8%8A%B3%E5%85%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森田芳光

1 ななしのよっしん
2015/04/16(木) 01:41:41 ID: wsM0DP6MFh
(ハル)は観とけ