森見登美彦単語

モリミトミヒコ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

「学園祭とは青春の押し売り叩き売り、いわば青春なり!」――『夜は短し歩けよ乙女』より

「みんなが不幸になれば、相対的に幸せになる」――太陽の塔』より

「努すれば解決することであれば悩むより努するほうが得策であり、
         努しても解決しないことであれば努するだけ駄なのだ」――有頂天家族』より

主人公だから頑らなければいけないなんて、いったいが決めた?」――なる怠け者の冒険』より


 

森見登美彦(もりみ とみひこ)とは、日本小説家である。称はモリミー。本人のエッセイなどでの一人称は「登美氏」。

概要

1979年生まれ、京都大学卒業デビュー後しばらくは国会図書館に勤務していたが、現在は専業作家

2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、大学在学中にデビュー
2006年、『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、第20山本周五郎賞を受賞し大ブレイク
2007年、『有頂天家族』で本屋大賞3位。
2010年、『ペンギン・ハイウェイ』で本屋大賞3位、第31日本SF大賞を受賞。

2010年に『四畳半神話大系』が湯浅政明監督によりアニメ化され、非常に高い評価を集めた。2013年には『有頂天家族』がアニメ化2017年には湯浅監督によるアニメ映画夜は短し歩けよ乙女』が開、『有頂天家族アニメ2期が放映。2018年には『ペンギン・ハイウェイ』がアニメ映画化。

独特の諧謔的な文体が特徴。また作品の多くは京都大学を中心とした京都舞台とする。デビュー作『太陽の塔』はファンタジー要素のない妄想恋愛小説だが、京大生の浮世離れした生活をリアルに描くと、普通の人からはファンタジーに見える」という意味でマジックリアリズム小説扱いされたりもした。以降の作品では、奇矯な人間天狗跋扈し不可思議なことが次々と起こるファンタジー京都舞台に、恋愛小説家族小説幻想小説怪談SFなど多ジャンルにまたがるワールドを構築している。異なる作品間にも共通の人物や要素がいろいろ登場するので、読んでいるとニヤリとすること請け合い。

近年『珈琲タレーランの事件簿』など京都舞台にしたエンタメ小説が増え、京都以外でもご当地ものの作品が増えたのはだいたい登美氏のせいである。『夜は短し歩けよ乙女』の表を手掛けたイラストレーター中村佑介ブレイクする最初のきっかけを作ったとも言え、その後のエンタメ小説界に登美氏が与えた影はたぶん相当大きい。

乙女しているが、ヘタレ告白の出来ない妄想インテリ男子大学生を描かせると天才的にうまく、女性読者からの評価も高い。が、そのヘタレっぷりを笑いながら、内心苦々しく思っている男子大学生も少なからずいると思われる。ちなみに登美氏本人は2009年30歳で結婚している。

2011年に登美く「締切を増やしすぎたため」体調を崩し、しばらく休業。2013年5月に約2年半ぶりとなる新刊『なる怠け者の冒険』を出版して復帰した。

作品リスト

  1. 太陽の塔 (2003年新潮社2006年、新潮文庫)
  2. 四畳半神話大系 (2005年太田出版2008年角川文庫
  3. きつねのはなし (2006年新潮社2009年、新潮文庫)
  4. 夜は短し歩けよ乙女 (2006年角川書店2008年角川文庫2017年角川つばさ文庫)
  5. 新釈 走れメロス 他四篇 (2007年祥伝社2009年祥伝社文庫→2015年角川文庫
  6. 有頂天家族 (2007年幻冬舎2010年幻冬舎文庫)
  7. 美女 (2008年光文社2010年光文社文庫 小説
  8. 恋文の技術 (2009年ポプラ社2011年ポプラ文庫)
  9. 山万 (2009年集英社2012年集英社文庫)
  10. ペンギン・ハイウェイ (2010年角川書店2012年角川文庫2018年角川つばさ文庫)
  11. 四畳半国見聞録 (2011年新潮社2013年、新潮文庫)
  12. 森見登美彦の京都ぐるぐる案内 (2011年新潮社2014年、新潮文庫 Not小説
  13. なる怠け者の冒険 (2013年朝日新聞出版2016年朝日文庫)
  14. 有頂天家族 二代の帰2015年幻冬舎2017年幻冬舎文庫)
  15. 夜行2016年小学館
  16. ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集2016年小学館 Not小説
  17. 太陽乙女2017年新潮社 エッセイ集
  18. 熱帯2018年文藝春秋

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A3%AE%E8%A6%8B%E7%99%BB%E7%BE%8E%E5%BD%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森見登美彦

112 ななしのよっしん
2017/04/08(土) 00:39:08 ID: nLVoKlD4g2
 失恋を機に、太陽の塔を読んだ。
 最初、私は高揚した。「これはまさに彼らの誇りをった本に他ならない」と、同好の士として、彼らを讃えたかった。
 ただ、これは勝ちどきを上げる本ではない。これは、敗北宣言だ。
 確かに、この世界々にとって、どこか間違っている。だが、同時に々も間違っていると、彼らは気づき始めてしまった。
 彼らは自分の後ろを失い、周りからの叱責に耐える術を失う。そして、それでもなお、世の中の方は間違いを認めない。
 決して勝てないものに立ち向かい、そして敗北し、自分なりに世の中に順応することを選ぶ。これは、彼らの屈辱と成長の物語だと私は思う。
113 ななしのよっしん
2017/04/08(土) 00:43:17 ID: lS1Ej/QCkc
太陽の塔」いいよね……個人的には一番好きかも
ラストシーンが妙に泣けるんだよな
114 削除しました
削除しました ID: tH/UN+NgiL
削除しました
115 ななしのよっしん
2017/04/15(土) 22:47:09 ID: 60EUc8pXSf
なる怠け者でテングブランなるものが出てきたけれど偽電気ブラン名でもしたのかな?
116 ななしのよっしん
2017/05/02(火) 00:32:01 ID: AqxL8B3vcE
は短し見たんだけど、最初にヒロインなんとか式に(を)飲んでしまいたいのですが~って言ってたのが聞き取れなかった
何式って言ってたん?
117 名無し
2018/03/01(木) 16:24:30 ID: ELsx59CItw
ペンギンアニメ映画おめでとう
監督キャラデザコロリドの石田新井コンビ
脚本はいつもの如く上田誠
音楽日曜美術館阿部太郎

ぶっちぎりで映像化が難しいけどコロリドには頑ってほしい
118 ななしのよっしん
2018/04/10(火) 23:54:06 ID: 6WC4o1XnyN
有頂天家族の第3部まだかな。アニメで見たい。
119 ななしのよっしん
2018/04/14(土) 08:21:55 ID: 60EUc8pXSf
>>116
手勝流に~
自己流みたいな意味。周りを気にせず飲みたいってとこか
120 名無し
2019/01/21(月) 16:46:52 ID: VBwl8Mr6um
熱帯といい夜行と直木狙いに行って失敗してるな
名なやつならともかくもう中堅だし、直木狙ってもそんな変わらんと思うけどな。
121 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 02:46:05 ID: 7uakOy0lNw
太陽の塔が一番すき