森鴎外単語

モリオウガイ

森鴎外(もり おうがい)とは、島根県出身の日本小説家であり、戯曲、陸軍軍医総監。特に夏目漱石と共に、明治期を代表する文として知られる。本名は森林太郎(もり りんたろう)。1862年2月17日生まれ、1922年7月9日没。

なお、名前の正確な表記は森鷗外であるが、「」が環境依存文字であるため、インターネット上などでは森鴎外と表記されることが多い。

概要

東京帝国大学現在東京大学医学部卒。その後帝国陸軍に入隊、医学を学ぶ為、4年ほどドイツに留学する。
留学中の体験などを下に1890年代に書かれた「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」はドイツ三部作と呼ばれる。
日清戦争日露戦争などでも陸軍軍医部長、陸軍医務局長として従軍している。
詳しい経歴などは文章量が膨大なWikipediaexitを参照。

以下、2chからのコピペ

303 名前:チラシ メェル:sage 投稿日2008/12/11(木) 11:50:17 ID:1DjEE4Xb0
森鴎外と愉快な子供たち
長男 菟(おっと) 次男 不(ふりっつ) 三男 類(るい)
長女 茉莉(まり) 次女 (あんぬ)

長男子供
章(まくす) 富(とむ) (れお) 樊須(はんす) 常治(じょうじ)

DQNとかそういうレベルじゃないな

代表作

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A3%AE%E9%B4%8E%E5%A4%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森鴎外

82 ななしのよっしん
2017/09/20(水) 23:17:57 ID: JTHuwDq2+o
うーん・・・当時の時代背景も考えずにDQNネームというのは安易じゃないか?
留学経験がある外は自分たちの名前が外国人には発音しづらいことを知っていたから
これから海外進出するかもしれない子供たちは外国人も呼びやすい名前にしよう!
って発想をDQN馬鹿にするのはいかがなものかと

現代人がこれをやったら多少は呆れるが、海外技術を吸収して列強に追いつこうと
必死だった明治人とでは事情が違う
83 ななしのよっしん
2018/01/24(水) 20:28:58 ID: ioRViwIcg2
外の脚気とか木の203高地とか当時の常識を実行した人間を後世の視点くのってどうよ?
まあ木は当時からかれていたが・・・w
84 ななしのよっしん
2018/02/18(日) 00:38:23 ID: Yi8+GlSnMi
外や木がかれてるのは当時の常識を守るどころか、あの時代で既にこうしたらいいだろって言われてたことを自分のメンツのために聞き入れずに犠牲者をいたずらに増やしたからやぞ

同時代の軍では脚気対策が効果を上げていた時点でコイツの言い訳は通用しない
85 ななしのよっしん
2018/03/22(木) 07:52:23 ID: yf1NwaZYyv
第一次世界大戦時も各近代兵器に対策出来てないし叩きは実際愚かだけどこいつは別
86 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 20:48:39 ID: TWT2A2jMOs
良くも悪くも名前だけが一人歩きしている面は否めない。おかげで、小説を精読どころか、もしかすると、それまで一冊も読んだことないような人が、ネットで当時の脚気対策の話を知って、近視眼的に全否定をするなら、それは残念なことだ。

ネット情報は、本来知的な人の血圧をも上げて、過にし、断罪病に駆り立てる側面がある。
87 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 11:19:06 ID: OxIHRRU8tr
外の問題は自説の間違いに気付いていたどころか、
脚気=栄養失調説を権威を利用して排除したことにもある。
調会を創設したけど、栄養説を罷免したのがその例。
北里三郎への批判も間違っていたし。

当時は確かに大戦中で人命は今よりも軽視されていたが。
88 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 11:31:23 ID: dmrsETcW5Q
としては夏目漱石と並んで他の追随を許さない存在だった外だが、医者としては脚気細菌説に固執して日清日露で脚気の死者を食い止められなかった上に
・留学帰りで同じ大卒の北里三郎が「脚気ビタミン欠乏説」を唱えた結果(結果的に北里の説が正しかったと後年判明)、説の検証をすることもなく、むしろ後輩のくせに生意気だとこれでもかってくらい冷遇しにかかる
・それを聞いた福沢諭吉が「優秀な学者を為に置くのは国家の恥だ」と私費で研究所を作って北里を引き取り、北里は研究と同時に野口英世や志賀潔など後進の育成にも取り組む
・北里がペストや破傷世界で初めて発見した時も外は逆恨みで潰しにかかる
・脚気治療としてビタミン世界で初めて発見した鈴木太郎もやっぱり北里同様底的に攻撃し、彼のノーベル賞受賞のチャンスも潰した
ってエピソード聞いて、この外の態度はどうなんだって思った。
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/charivari/2007_01/2007_01.htmexit

北里三郎
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
89 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 11:40:01 ID: Ra8BkzTB3K
ないです(無常
悪評が広まりすぎて紙幣にできる人間じゃなくなってる気がする
軍の威を借りて横暴に振舞ってたって現代ウケも最悪だろうし
90 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 19:29:50 ID: 9tpLPX/R+T
まさに>>86の言ったような人間のお手本みたいなのがいるな
91 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 12:55:49 ID: OxIHRRU8tr
医学とは名ばかりの権威義は外に限ったことではなく青山胤通をはじめとする東大医学部全体のスタンスだった。
日本医学界を支配していたにもかかわらず、当時の東大医学部では際的な成果は数えるほどしか挙げられていない。
北里がいなければ日本医学は数十年単位で後れをとっていたかもしれない。