植民地単語

ショクミンチ
2.6千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

植民地とは、領土・国家・地域を支配する形態の一種である。「入植地」「居住地」「開拓地」などとも。

以外の地域を新たに管理下におくことを「植民地化」と呼ぶが、その土地に先住者がいる場合、その先住者も含めて管理下におく事を「植民地支配」と呼ぶ。

概要

「植民」の名のとおり、一般的には「人がやって来て開拓して住み始めた土地」のことを植民地/入植地と定義できる。新しい土地にやって来て自分のなどを作り住むことによって所有権が生まれる。その土地が良い場所だったりすると、その場所に他の人なども住み始めて村や町が形成されていくようになり、最終的にそれが発展してとなったりもする。村や町を形成するでもなく単独でその土地を開墾し自分の土地としているところもある。

ただ、古い時代から領土問題とそれに関わる争いはすでに存在しており、入植した先がも住んでいない土地であればラッキーだが、先の入植者あるいは古くから自分の土地として住んでいた先住民がいた場合、新入植者とそれらの先住者とのあいだで争いが起きる事もある。[1]

際的には、「国家として自民を入植・移住させるために支配・管理下に置いている土地や地域」のことをそう呼ぶ。現在もっとも一般的とされるのは、15世紀ごろ(俗にいう"大航海時代")から始まった、西洋国家海外進出によって発生した海外領土のことであると思われる。

範囲の拡や香辛料などの資獲得、布教競争、文明化など、植民地化される理由は様々にあるが、植民地化された地域において抑圧された人間は多く、旧支配・旧被支配の間における歴史が現代での関係にしていることもある。[2]

第二次世界大戦以降は各地域で独立運動が盛んになり、国連世界人権宣言(1948)をふまえて1960年に可決された「植民地独立付与宣言」により植民地が際的に否定されるようになった。これにより被支配から脱却できた地域は多い。

しかし、現在でも植民地とやっていることが変わらないというところや、経済関係を基とした実質的な植民地状態(新植民地義)は残っている。

統治の種類

植民地となった地域の統治タイプは複数ある。

植民地にはだいたい現地住民・旧民(被支配民)がいるものだが、この扱いも支配レベルによって違いがある。

支配によって植民地に対する思想がやや異なるようだが、基本的には本民とは異なる地位(二等民)や法律が適用され、本民より一段低い地位におかれていることが多かったとされる。

タイプ 内容
直接
(直接統治)
行政機関を新たに設立し、総督・長官職などを任命して支配する。
人員なども本から派遣してくる。
間接
(間接統治)
現地の人員を徴用し、行政機関の設立や首長を任命して統治を任せる。
現地に既存の行政機関がある場合はそれをそのまま運用にあてる。
保護
(保護領)
行政は既存の現地行政機関が行う。
軍事権・外交権は本が持ち、軍は現地に駐留している場合が多い。
租借 一定期間、他のから一定のエリアを借り受ける。
借りられた地域は都市のままであったり、国家として独立することもある。
併合 植民地とした国家や地域を統合し、支配と同一の国家として扱う。

先住民・被支配国民の扱い

併合の実態

併合とは植民地とした国家侵略した国家が編入して同一国家として扱うようになることである。よく併合されるが未開の途上で、併合してやることで『やったあ!これで一等仲間入りだ!』と喜んでいるかのような描写が出ることがあるが、もちろんこれは植民地支配する側のプロパガンダである。

そもそも『併合』という言葉自体が日本明治政府朝鮮を植民地化する際に欧列強向けに発表した造であり、その際にも大韓帝国朝鮮のこと)を大日本帝国のなかに組み入れて一つのになるというものであった。本と同等の扱いを受けられて幸せだと外向けには宣伝されるが、一方では本に編入されることで自分の元あった地図から消え、国家行政運営は支配が設置した総督府が行い、その総督府には本から派遣されてきた総督によって支配される実質の直接統治であり、支配される権を失う。

支配された権を失うことで行政機構は本人間に都合の良いように政策がすすめられていき、特に教育や文化といった民族的な土は本に近いものになっていくように染められていき、消えていく。しかし実際にはそうなる前に自分の民族政治的に迫されて消されて行くことに危機感を感じて民族意識が強まり、本の政策に対して抵抗をするようになるのが歴史の常であり、それが認められたのが第1次世界大戦後に際的に認知される民族自決なのである。

関連動画

ゲーム

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *アメリカでは開拓地として入植してきたが、インディアンアメリカ先住民)や様々な動物がいたため、開拓者らは自衛や排除を行うためなどで武装していた。これが今日の自衛のための権利(を持つ権利)につながっている。
  2. *支配側と被支配側における、文化や習慣、観点や認識などといった違いのこと。支配側は「教育してあげた」「解放してあげた」「に許された」「正統な権利」など支配行為を肯定するが多いが、逆に被支配側は「侵略された」「奪われた」「押し付けられた」「不当」「頼んでいない」といった支配行為を否定するが多い。
    双方の全に違うため、認識のすり合わせや賠償をはじめとする贖罪方法の決定など、解決などには時間を要する。そのため、問題を棚上げすることで実質的な封印をはかるもある。

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

植民地

180 ななしのよっしん
2021/05/15(土) 09:45:44 ID: 1qUeqfqG5A
日本軍植民地経営とかは割と経営する人依存だからなぁ
台湾とかの当たりもあればインドネシア後半(軍票まみれで経済崩壊)とかビルマ独立約束しといて反故にするブリカス式)とかベトナムフランス植民地庁は残ってたから二重に搾取)とか結構欧と変わらねぇってのもある
181 ななしのよっしん
2021/05/21(金) 06:12:18 ID: +0Yy7sqcsf
戦後じゃ英の侵略植民地支配は戦勝側では正義の行為と崇められ敗戦国日本ドイツ侵略世界史上最大の蛮行と非難される。


見事に勝てば官軍負ければ賊軍を表現しているな
182 ななしのよっしん
2021/05/21(金) 23:47:21 ID: zb4Rv6Ilca
アメリカ中心の世界秩序が中国に破壊されたら欧悪魔化のために日その他も美化してくれるっしょ(他力本願寺
183 ななしのよっしん
2021/08/10(火) 10:45:18 ID: l9sa9ZF/G5
>もちろんこれは植民地支配する側のプロパガンダである。

で餓死者を出してまで併合先に投資した侵略者がいるらしい。
184 ななしのよっしん
2021/08/11(水) 15:33:57 ID: 8+ZWEJ+023
長期支配するなら、植民地エリート育てて、ガス抜きしながら支配するのは当たり前定期。
185 ななしのよっしん
2021/08/28(土) 14:47:56 ID: ifNAIL5GC8
そのエリートがやがて独立意識高い系になり本口向けるんだねぇ
186 ななしのよっしん
2021/08/29(日) 06:27:50 ID: 2ebQp/lwYt
>本で餓死者を出してまで併合先に投資した侵略者がいるらしい。
江戸時代ですら領民が餓死してでも年貢にしたりを売った江戸大阪で投資したりとかあったしな
187 ななしのよっしん
2021/09/01(水) 17:45:27 ID: 5T97H8rxwv
>>181
いや戦後なら英の侵略行為もきちんと悪認定されてない?
188 ななしのよっしん
2021/11/17(水) 16:57:04 ID: 5G9PVpTPFV
むしろスペインみたいな短期収奪とか効率のいい商品作物や資が取れるとかじゃない限り植民地なんてどこもほぼ赤字だよ
軍隊駐留させなきゃいけないし、反乱や暴動起ったら数年間は経済活動止まるし、大概の作物や資は買った方が安い
白人白人世界を教化しなければならないという使命感で赤字を受け入れて本の血税で植民地インフラや医療教育の整備やってた
フランス教育で特にアフリカ経営などが大赤字だったことを教えてるので、現代フランス人には植民地感謝しろと言ってる人間が多いという記事がつい先週ごろ出ていた
欧州植民地で設けていたとか、日本だけが植民地必死インフラやってたとかのウヨ史観がばっかり
189 ななしのよっしん
2021/11/24(水) 19:39:31 ID: 8+ZWEJ+023
現地に派遣する本人間の給料と現地の物価、本の物価の差を考えると気付いたわけだ、衛星にして飼い殺しにした方が安いと。

急上昇ワード改