楊齢単語

ヨウレイ

楊齢とは、三国志演義に登場する架の武将である。

概要

長沙の太守、韓玄の配下。管軍校尉。
劉備軍の関羽がわずか五騎で長沙に攻めてきた時、黄忠を向わせようとした韓玄に向かって、「老将軍が出するまでもない」と志願して、千人の兵を率いて関羽と対戦する。
しかし謀にも関羽一騎打ちを挑み、一のもと切り捨てられてしまうのであった。

各メディアにおける楊齢

コーエー三國志

初期のシリーズIIIII)には出演していた。復活を願いたいところである。
どうせいいてもいなくともあまり変わらないがゲフンゲフン

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A5%8A%E9%BD%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

楊齢

1 ななしのよっしん
2017/08/21(月) 12:03:00 ID: 2Ea85JQBoj
こいつが登場してる三国志Ⅱ・英傑伝のいずれでも
誤差レベルとはいえ武より知政治)の方が高いのはどういう理由からなんだろうか

演義では武官としての実績のみ、同じく演義オリジナルで同じ官職の鮑隆陳応脳筋
この差は何からきてるんだろう
2 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 08:21:28 ID: XB5vXh1Ljo
あの頃はホウ徳が知高くて、カク図が武高めだったりアホ設定多いから気にするな
3 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 19:25:33 ID: 2Ea85JQBoj
>>2
それはⅠの話であって、以降は明らかな武官が二作続けて文官相応のを持ってるってかいたか?