楠木正成単語

クスノキマサシゲ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

楠木正成とは、鎌倉時代から南北朝時代室町時代初期)にかけての武将である。

概要

出生は明らかになっていない面も多いが、河内千早赤阪村に居住した土出身であるという説、駿武蔵出身の御家人であるという説が存在する。

鎌倉時代末期、幕府の権が衰え「悪党」と呼ばれる新武士団が猛威を振るっており、正行もその流れに加わることとなる。後醍醐天皇が倒幕計画を立てるとそれに乗じ、天皇の隠岐追放後は赤坂千早城において多勢の幕府軍に対し少数にて奮戦した。
最終的に正成の善戦に呼応した足利尊氏新田義貞も倒幕のため挙兵し、鎌倉幕府は滅亡、後醍醐天皇京都への帰還を果たした。

後醍醐天皇からの信頼は厚く、「建武の新政」においては要職を務める。

しかし建武の新政への不満から、後醍醐天皇の代わりに武士の支持を集めるようになった足利尊氏朝廷の関係が次第に悪化、遂に朝敵とされるに及んで彼との戦いが勃発する。
一時は西に追放するも、勢回復して再び状況を図ろうとした尊氏と正成・義貞は兵庫で衝突(の戦い)、これに敗北し正成は自害した。最期には「七生まで人間に生れて朝敵(尊氏)を滅ぼしたい」(七生報国)を唱えたと言われる。

後に尊氏が室町幕府を立て、尊氏が起こした北南北朝時代に正統とされたことで、正成は朝敵とされた。
ただ朝敵とは言っても正成自体の評価は人格・軍事とも生前から極めて高く、敵だからと悪し様に描かれたりはしていない。「太平記」は言うに及ばず、足利寄りの「論」でもその死を惜しむ形で絶賛しており、楠木一門が追討対であることと同時に、武門の英雄正成のイメージ行していた。

室町幕府の滅亡後、名誉回復が図られ、南正統論が有となると後醍醐天皇に尽くした忠臣としても扱われるようになる。この頃には「太平記」が広く読まれたことで正成の名はますます高まった。戦国武将の間でも「今」は最高級の賛辞となり、竹中半兵衛志賀親次などがその名を頂戴したり、真田昌幸は正成を手本にしていたという伝説が作られたりと天才軍師の代名詞的存在になっている(ちなみに正成自身も太平記の中で「今世の張良」という扱いである)。

明治時代から昭和初期にかけては、忠君愛国徴のように扱われ、子の小こと楠木正行と共に「大」として崇められた。「太平記」における名シーン歴史的に見ると結構怪しい桜井の別れ」の話も戦前国語・修身(道徳)・史(日本史)の定教科書には必ず載せられていた。

戦後はその反動で忠臣の方は流行らなくなり、歴史教科書での扱いも大幅に削られた。しかしながら今度はゲリラの元祖、商業に通じていた、民衆と通じた武士などとといった新しい正成像が出現しており、基本的にどの時代でも格好いい。

正成に関する史跡

補足

本来戦国時代の人物ではないが「信長の野望 革新」(PS2)でスペシャル武将として登場している。

ゲリラを率いた知将だけに軍事はおしなべて高い。義理の数字も納得の高さ。

軍事 内政
革新 統率 96 武勇 74 知略 108 政治 51 義理 97

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A5%A0%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E6%88%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

楠木正成

118 ななしのよっしん
2020/09/08(火) 00:10:57 ID: oTBofrr9gm
尊氏をちょっとでも有能に描くと文句言ってくる人達がいるんで...
119 ななしのよっしん
2020/09/22(火) 18:05:42 ID: a9Pypd5mz4
政治の才覚さそうなのに建武新政の要職務めて大丈夫だったのかな?と思ってたけど、政治的才かったわけではいっぽくて安心
120 ななしのよっしん
2020/11/15(日) 16:33:20 ID: gh241r81aK
戦国維新たって信長とか役だったら天下統一とか維新の最後まで描かなくても普通なんだし。
最終回が寡兵で大軍に立ち向かって手に討ち死にで展開的に盛り上がれる、楠木正成が一番大河受けしそうな感じあるんだけどなぁ
121 ななしのよっしん
2020/11/15(日) 18:51:26 ID: oTBofrr9gm
制作するNHK側に立って考えてみろよ
楠木正成足利尊氏の人物像で少しでも変な描写を入れたら右左の政治屋から抗議が来る

そんなリスクを犯す必要がどこにあるんだ
122 鶴ヶ魂
2020/11/18(水) 18:42:24 ID: Q1qKW0Smcp
>>119

当時の朝廷の中では一番きちんと現実が見ていたのは正成だと思う。

一武将が一番戦略眼がしっかりしているって、上層部はどんだけ無能ばっかりなんだよと言う突っ込みが容易に想像できるから、ウヨ連中は正成の戦略眼にはほとんど触れようとしないと考えているのだが。
123 ななしのよっしん
2020/11/29(日) 00:36:20 ID: Zcd0cdPoJj
>>122
というかそれが伝統的な右翼史観だよ
「君や君側の奸は無能だけど忠臣の大だけが現実を見ていました。皆さんもたとえ上が駄でも自分は国家に尽くしましょう」って感じ

リアルでは有能だった後醍醐天皇無能に設定すると有能設定の正成がなんで仕えていたのか、普通には物語矛盾する訳だけだが
そこを逆手に取って「ものすごい忠臣だったのでアホな君にも死ぬまで仕えた」ってやった太平記作者の発明は頭良いと思う
124 鶴ヶ魂
2020/12/04(金) 22:08:07 ID: Q1qKW0Smcp
>>123

ふーむ。そういう考え方も出来るかもね。
ただ、仮に右翼方が仰った理由で正成の戦略眼を視していたとしても、やはりそれ以外の人には逆効果だと思います。特に無能とかわからずやの上に悩まされてる人にとっては。

現代においては「上が無能でも逆らわず従え」なんて考えは理解も支持もされませんしね。
125 ななしのよっしん
2020/12/05(土) 20:14:18 ID: Zcd0cdPoJj
>>124
現代でも「上が無能でも逆らわず従え」という考えを支持する立場の人はいるし、支持しない立場の人もいる
ただどっちの立場からしても、周りの無能に振り回された可哀想な正成という太平記の話が
自分の立場を補強するのに使えるから広まりやすかったんだよ
この辺は太平記高師直の木像天皇論にも言える

そういうイデオロギー的な視点から抜け出した話がもっと普及すると良いんだけどね
確実な史料だけ使っても正成は十分に凄い人なんだし
最後の結果に自分のイデオロギーを当てはめるのは簡単だけど、実際は南北朝60年近くも続いた訳でどちらかに明らかな非がある訳でもないし
醍醐も尊氏も親房も師直もこの時代に名を残した人は営によらず尊敬すべき人だと思う
126 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 15:44:31 ID: Yq6Vo4sdiE
七生報国を誓って散った大モルカーに転生して「やっぱ人間に転生しなくてよかった」ってなる話
127 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 09:44:54 ID: 0p1Kjv1M74
>>125
新田義貞くんはイデオロギー史観があってもなくても
新田か…扱いされる気がするから可哀想

急上昇ワード改