楠木正成単語

クスノキマサシゲ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

楠木正成とは、鎌倉時代から南北朝時代室町時代初期)にかけての武将である。

概要

出生は明らかになっていない面も多いが、河内千早赤阪村に居住した土出身であるという説、駿武蔵出身の御人であるという説が存在する。

鎌倉時代末期、幕府の権が衰え「悪党」と呼ばれる新武士団が猛威を振るっており、正行もその流れに加わることとなる。後醍醐天皇が倒幕計画を立てるとそれに乗じ、天皇の隠岐追放後は赤坂千早城において多勢の幕府軍に対し少数にて奮戦した。
最終的に正成の善戦に呼応した足利尊氏新田義貞も倒幕のため挙兵し、鎌倉幕府は滅亡、後醍醐天皇京都への帰還を果たした。

後醍醐天皇からの信頼は厚く、「建武の新政」においては要職を務める。

しかし建武の新政への不満から、後醍醐天皇の代わりに武士の支持を集めるようになった足利尊氏朝廷の関係が次第に悪化、遂に朝敵とされるに及んで彼との戦いが勃発する。
一時は西に追放するも、勢を回復して再び状況を図ろうとした尊氏と正成・義貞は兵庫で衝突(の戦い)、これに敗北し正成は自害した。最期には「七生まで人間に生れて朝敵(尊氏)を滅ぼしたい」(七生報国)を唱えたと言われる。

後に尊氏が室町幕府を立て、尊氏が起こした北南北朝時代に正統とされたことで、正成は朝敵とされた。
ただ朝敵とは言っても正成自体の評価は人格・軍事とも生前から極めて高く、敵だからと悪し様に描かれたりはしていない。「太平記」は言うに及ばず、足利寄りの「論」でもその死を惜しむ形で絶賛しており、楠木一門が追討対であることと同時に、武門の英雄正成のイメージ行していた。

室町幕府の滅亡後、名誉回復が図られ、南正統論が有となると後醍醐天皇に尽くした忠臣としても扱われるようになる。この頃には「太平記」が広く読まれたことで正成の名はますます高まった。戦国武将の間でも「今」は最高級の賛辞となり、竹中半兵衛志賀親次などがその名を頂戴したり、真田昌幸は正成を手本にしていたという伝説が作られたりと天才軍師の代名詞的存在になっている(ちなみに正成自身も太平記の中で「今世の張良」という扱いである)。

明治時代から昭和初期にかけては、忠君愛国徴のように扱われ、子の小こと楠木正行と共に「大」として崇められた。「太平記」における名シーン歴史的に見ると結構怪しい桜井の別れ」の話も戦前国語・修身(道徳)・史(日本史)の定教科書には必ず載せられていた。

戦後はその反動で忠臣の方は流行らなくなり、歴史教科書での扱いも大幅に削られた。しかしながら今度はゲリラの元祖、商業に通じていた、民衆と通じた武士などとといった新しい正成像が出現しており、基本的にどの時代でも格好いい。

正成に関する史跡

補足

本来戦国時代の人物ではないが「信長の野望 革新」(PS2)でスペシャル武将として登場している。

ゲリラを率いた知将だけに軍事はおしなべて高い。義理の数字も納得の高さ。

軍事 内政
革新 統率 96 武勇 74 知略 108 政治 51 義理 97

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A5%A0%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E6%88%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

楠木正成

48 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 10:09:40 ID: 0p1Kjv1M74
なんだかんだで戦前戦後も高評価なだけ新田義貞くんにべればマシだから…

戦前とりあえず官位追号しとくか…
戦後:そもそも新田くんは足利人扱いだろ?
49 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 04:43:43 ID: cZXe4zlwZz
戦後教育から排除されてたって言っても日本史から名前消されてた訳じゃないし、悪く言われてたとは思わないけどな
修身の授業がなくなったあおりで知名度落ちたくらいじゃないか
50 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 20:54:32 ID: vuomfjr5i+
>>46
明らかに忠臣じゃない」ってのは何を根拠に言ってるの?
じつは裏で北に通じてる史料でも出てきたんか?
51 ななしのよっしん
2019/11/13(水) 23:38:19 ID: lGCJwPZseN
歴史上の人物大概に言えるけど、世に出てから何十年も生きた人間に「璧な一貫性」なんて存在する方がおかしい
ある人物が「忠臣か否か」を論じたいなら、「どの時期の話か」という前提をつけないと話なんぞ合うわきゃない
特に後醍醐ボケが顕在化するのが遅い
52 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 23:41:44 ID: D1AS/+YLm+
戦前戦後で変わったのは「忠臣エライ、英雄凄いっていうイデオロギー教育はやめようぜ」って話であって、実際に忠臣だったかとは全く別の問題。そして桜井の別れみたいな怪しい話を抜きにしても、確かな事績だけで凄いし、むしろそっちの方が凄いまであるのが正成。
記述量が少ないのは単純に時代の役じゃないからだな。役は後醍醐、尊氏で、正成はものすごく重要な人物だけど、あくまでも現場の人間で名脇役世界史の教科書に項羽劉邦はでてきても韓信はでてこないってのと同じよ。だから評価と出番はあまり関係がない。
53 ななしのよっしん
2020/03/12(木) 01:30:16 ID: OlJ+RA0ETG
「『河内』の『土』」という2つの要素を中心点とする楕円こそが楠木正成であり、
その二重性が独特な個性と魅を形成していると感じる。

「土」ゆえ、朝廷とか、の上の権威に興味ない。むしろ陶しい。
でも「河内」は、文字通り畿内、遠隔地と違い存在感が大きく、その権威に
リアリティもある。
……と、お上に対して、「土」は遠心力として、「河内」はとして作用する。

「放恣自儘な悪党として、朝廷の権威性は嫌い」でも
後醍醐天皇個人の壮志に対しては、侠気に厚い河内人として意気に感ずる」
という矛盾のせめぎあいの結果が、正成の言動。
忠臣として逝ったが、骸を乞い、一切を放擲して、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
54 ななしのよっしん
2020/04/10(金) 18:27:46 ID: g7UCtaXU6i
信長がじいちゃんのころから朝廷送りまくってたり義時が上皇ふたりと天皇を流罪にしてたりするけどこいつらは別に忠臣とか逆賊とか言われないよな
この時代の人もそういうに単なる歴史上の人物として評価してそのうえで天皇陛下に尽くすのはいいことだなぁって教えるのが正しい歴史との向き合い方なのではないか
55 ななしのよっしん
2020/04/15(水) 23:49:23 ID: 8MJ1urrQGV
尊氏も正成も、現代から観たらどちらも英雄だわ
良し悪しは後世の人間が評価しきれるものではない
56 ななしのよっしん
2020/04/26(日) 00:04:10 ID: V95qFyGyC4
楠木正成は強かったなあ
信長の野望の諸王シナリオでまず使うのがわれるぐらいは強かった
その時は高二病だったから新田さんを理やり宝でドーピングして使い回し、楠木さんは後方輸送にしてもらうというある意味贅沢な使い方した
57 ショボンヌ
2020/07/01(水) 18:34:13 ID: Q1qKW0Smcp
私本太平記大河ドラマ人間味ある正成。
は好きなんですが、楠木の末裔の人は(大河の正成像は)捏造だと怒ってる様子です。

急上昇ワード