楢崎正剛単語

ナラザキセイゴウ

楢崎正剛(1976年4月15日 - )とは、日本サッカー選手である。ポジションGK

概要

奈良県出身で奈良育英高校卒業後、1995年横浜フリューゲルスに入団する。新人でありながら正GKの出場停止となった際にマウスを守り、その後も正GKとして守り続けた。チームが消滅することが決まった年の天皇杯で優勝するという有終の美を飾り、翌年名古屋グランパスへ移籍した。移籍先の名古屋でも正GKとして活躍し、現在クラブキャプテンを務めている。また、2009年7月25日浦和戦で「Jリーグ100試合完封」を達成し、翌年の2010年シーズンクラブが初優勝した際には、Jリーグでは史上初めてとなるGKリーグMVPに選ばれるという快挙を達成した。

187cm長身であり、非常に安定感のあるセービングが持ち味で、ポジショニングの上手さは特出している。他のGKであれば好セーブになるようなシュートも、ポジショニングの良さから難なく処理することが多く、楢崎本人もスーパーセーブには興味がないとっている。

川口能活とは代表GKの座を争ってきたライバルであり、プレースタイルから「動の川口」と呼ばれたのに対し、「静の楢崎」と呼ばれた。年々プレーに安定感を増しており、近年はがかったプレーも多い。現在でも日本最高のGKであると推す人物は多い。

一時期スペインアトレティコ・マドリーへの移籍が報じられたが、実現はしなかった。楢崎本人が、前所属の横浜フリューゲルスという名前を消したくないので名古屋からは出ないという趣旨のことをっていることからそういったことも実現に至らなかった1つの要因であると考えられる。

日本代表

1996年アジアカップで初選出され、1998年オーストラリア戦にて代表初出場を果たした。シドニーオリンピックOAで出場した際、オーストラリア戦でボールを処理する際中澤二と突し、頭蓋折という状況ながらも自ら出場を志願し、PK戦まで流血をしながらもゴールを守り続けた。その後怪などもあり、WCドイツ大会では川口の控えに回りその後はしばらく招集を見送られる期間が続いた。しかし、2007年キリンカップで久しぶりの先発出場を果たすと、不調の川口に代わって再び代表のマウスを守った。

WC南アフリカ大会予選においてもマウスを守り、本戦でのプレーに期待されたが高地順応が遅れたため川島永嗣が代わりに守り、楢崎はサブに外れた。しかしこ報道に対し楢崎本人は、高地順応について事実ではないとっている。その後2010年9月7日のグアテマラ戦終了後代表引退を表明し、惜しまれながらも代表引退をした。通算出場試合数は77試合。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A5%A2%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%89%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

楢崎正剛

1 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 09:53:17 ID: kjNBgn+e1t
ググってもなんか出てこないんだよねこページ・・・
まぁそんなことより、長い間お疲れ様でした
日本最高のゴールキーパーだったと思ってます

急上昇ワード