構造主義単語

コウゾウシュギ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

構造主義とは1960~70年にフランスを中心に流行した現代思想である。

概要

構造主義を理解するキーワードは「数学世界観」である。すなわち構造主義とは『数学的な世界観で、物事の底にある人間の意志ではどうにもならない不変的なシステム(構造)』を発見しようとする流と定義できる。

数学的な世界観というのは、例えば欧州歴史を一つの方程式だと考えた場合、時代と共に変化する様々な事は代数のY、x1、x2、x3のように見なすことができる。具体的にはヨーロッパ歴史というものは、

欧州歴史=Y(x1+x2+x3

Y=封建
x1フランス社会情勢
x2イギリス社会情勢
x3ドイツ社会情勢

のように表現できるかもしれない。もちろん実際はこんな簡単なものではないが、ここで重要なのは『いくら代数に入る数字(歴史的事)が変化したとしても方程式そのものが変化することはない』という点である。この方程式のような物と物の関連性を作っている不変のシステムこそが、つまり構造ということである。構造主義とは研究の根底にある構造に着した思想と言える。人間の意志を疑うという点でマルクス唯物史観とは親和性が高い点もポイント

構造主義は特定の学問分野の言葉ではなく科学哲学の一つであったので、その応用分野は人類学、言語学、精分析学、文芸批評など広く世界中でブームを起こした。代表的な構造主義の学者にレヴィ=ストロースソシュール、ラカンアルチュセール等がいる。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A7%8B%E9%80%A0%E4%B8%BB%E7%BE%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

構造主義

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 構造主義についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改