橋蕤単語

キョウズイ

「橋蕤(橋ズイ)」キョウズイ ? ~ 197)とは、三時代の群雄である袁術旗下の武官であり、曹操の討伐軍の前に逃げ出した袁術にかわって曹操軍と戦って散った将軍である。

名は「喬蕤(喬ズイ)」とも。


この記事の表記は「橋蕤」ですが、「蕤」の字が表示されないブラウザを考慮して
「橋ズイ」と記述する場合や「橋蕤(橋ズイ)」と併記する場合があります。

正史では

袁術の旗下にいた若年の孫策の器量を見抜き張勲と共に高く評価していたと言われている。

袁術が、刺史の陳温を殺して揚州を支配した際に、張勲と共に取り立てられて将軍に任命された。

※史書によってはこの段階で大将軍に任命されたと記述されている場合があるが、当時の袁術皇帝ではないので任命権はもっていない。

袁術皇帝を自称すると、「息子お前をくれ」と呂布に対して韓胤を使者として送ったが、呂布韓胤を捕らえて曹操の元に送った事から袁術が怒り爆発状態となり、大将軍に任命した上に数万の兵を与えて張勲と共に呂布を攻撃させた。

しかし、陳の策を聞き入れた呂布によりしたためられた手紙により、味方であった楊奉韓暹が裏切った事から全軍は崩壊して敗れた。

※史書によっては捕らえられたと記述するものもある。

懲りない袁術が陳に出兵したものの、曹操の遠征軍が来襲すると聞いて逃げ出してしまい、残されてしまった橋蕤(橋ズイ)は張勲李豊梁剛楽就らと共に曹操の軍勢に立ち向かい、張勲は脱出したものの、橋蕤(橋ズイ)は于禁られて戦死した。

演義では

仲の皇帝を自称した袁術呂布討伐軍に、張勲らと共に第二軍の将として参加した。

しかし、陳の策により楊奉韓暹が裏切った為に全軍が崩壊し、橋蕤(橋ズイ)は呂布軍の陥営こと高順に敗れた。

戦後自重しない袁術によりが疲弊した上、自然災害が重なったところに曹操に攻め込まれると、李豊梁剛楽就らと共に寿に残され、袁術が逃げ出してしまった中で曹操軍に立ち向かった。

しかし、戦いの最中に夏侯惇との一騎打ちが発生し、橋蕤(橋ズイ)は討ち取られた。

その他「橋蕤(橋ズイ)」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

コーエー(光栄)三國志シリーズ

コーエー三國志シリーズでは、「三國志Ⅲ」初登場だが、紀霊張勲はもちろん、楽就よりも弱いという悲しい値。むしろそこそこの知政治で文官としての方が使い勝手がいい。大将軍」(笑)なのに。

でいったん姿を消すが、で復活。以後、普通の武官となっている。しかしやはり、同僚たち(特に紀霊)とべても大将軍」(笑)値である。本人は「が自称したんじゃなくて、蜂蜜が勝手に名づけたんだよ」と言いたいかも知れんが……。

シリーズごとの値は後述の関連データ参照。

関連動画

橋蕤(橋ズイ)登場動画

仲王関連動画

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける橋蕤(橋ズイ)の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志
三國志II
三國志III 67 60 51 48 62 24
三國志IV
三國志V
三國志VI - - - - -
三國志VII 74 27 19 31
三國志VIII 70 33 36 38
三國志IX 68 72 45 48
三國志X 67 69 39 41 34
三國志11 64 69 38 41 58

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

仲王朝関連人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A9%8B%E8%95%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

橋蕤

5 ななし
2012/12/15(土) 00:08:34 ID: /z4P75DHyN
紀霊は演義の活躍があるからでしょっ
まあ、橋蕤張勲はせめて統率がもう少し高くてもいいのでは、とは思います

とはいえ紀霊橋蕤も言ってしまえば正史の記述は大軍を率いる身だったけどかに負けたというだけだから
正史でも甲は付けられないような。
6 ななしのよっしん
2013/01/25(金) 21:09:47 ID: 9dXrokdt+A
大将軍って言っても別に官位としての大将軍に任じられたんじゃなくて一軍の大将に任じられたって程度の意味だしねぇ
曹操軍に蹴散らされた雑魚の一人、孫策有能さは凄いって言ってた人」ぐらいの認識でも問題いんじゃないかなぁ
7 ななしのよっしん
2013/04/26(金) 23:34:28 ID: QYoy9GHt1V
袁術を評価すると、ともにまずいことになるんで、
史書でも袁術の評価はとにかく低い、もしくは書かれてない。
特には大いにまずい
袁術の後継者という名地方族を束ねたから。
そういうわけで袁術の評価は異様に低い。その犠牲者だな。
>>6とかは史書の読み方知らん典的ななので視してよろしい。
8 ななしのよっしん
2013/05/30(木) 16:20:03 ID: 2QWUGZlFuI
紀霊が過大評価とか意味不明すぎる
演義では関羽と引き分けたのに武80前半という過小評価ぶりだぞ

理由は袁術営を強くしたくないかららしいが
9 ななしのよっしん
2013/11/19(火) 23:06:15 ID: 3pnPwWQeaF
と言うか袁術配下の武官なんて、後に他勢に亡命・仕官した連中以外はどいつもこいつも名前とチョロっと行状が書かれてるだけじゃんか(橋蕤の場合書と志の記述を足しても漢字40字以下だった)
それじゃあフィクション三国志演義ではどうかって言えば、こっちに至ってはられるためだけの雑魚だし
>>2>>4>>7橋蕤ageは一体何の資料を読んで出てきた考えなんだろうか…
10 ななしのよっしん
2015/11/20(金) 09:10:31 ID: NE0vH+2iTP
>橋蕤ageは一体何の資料を読んで出てきた考えなんだろうか…
りしたいだけの馬鹿なんでしょ
11 ななしのよっしん
2016/02/22(月) 03:33:09 ID: NE0vH+2iTP
>>7
そりゃ名門の嫡男に生まれながら皇帝僭称して周辺勢から袋叩きにされて滅亡なんて
がどう記録したって高評価になるわけないだろ
12 ななしのよっしん
2016/05/21(土) 04:24:18 ID: 2BY0C3TTlc
橋蕤が梁氏(玄や瑁)で二喬の父親である可
袁術軍の大将で三出した氏ならば、と呼ばれても不思議じゃない
13 ななしのよっしん
2016/11/28(月) 11:37:24 ID: Jm5TVy8U5K
中原の支配と献帝を巡って争った敵
:徐州の支配を巡って争った敵(支持してた時期は黒歴史
だから袁術を評価したらまずいんじゃなくてはそもそも評価する理由がない
は評価というか言及すること自体がまずいのだがその理由は
劉繇王朗(どっちもの正式な臣下)を攻撃した理由を「袁術に命されたから」という形で責任転嫁したから
揚州支配の「名上の正当性」を引き継いだのは書の君伝の次に列伝されてる事実からし劉繇でしょう
14 ななしのよっしん
2017/01/23(月) 16:40:08 ID: AhYnETOsbW
そもそもKOEI三國志ってのは、特に最近はそうだけど
「演義と正史を足して二で割る」って感じで付けしてるからな
どっちかにしか記述がないとか、いは趙雲みたいな演義でスーパーヒーロー化した一部は除いて

だから正史ではちょろっとしか記述の紀霊がその割に強いのは当然なんだよ、演義もコミでの評価なんだから
逆に橋蕤は既に言われてるけど正史・演義共にクッソ微妙な扱いなんだからこの値は妥当もいい所