欧州版単語

オウシュウバン

欧州版とは、ヨーロッパ圏で発売されている作品に対して使われる呼称である

概要

日本で発売されているものは「日本版」。アメリカ(特に北アメリカ)で発売されているものは「北米版」。中国とか韓国とかのアジア圏で発売されているものは「アジア版」。…などによって呼称を使い分けるのには意味がある。各のニーズや需要・供給・価値観政治背景などを見越し、製作によって作品の内容を微妙に変えるからである。そうしないと結果的に現地のニーズに合わず、中身を確かめる前から消費者がそっぽを向き、売り上げが大変なことになってしまう可性があるからだ。ただ、欧州は言を除いてほとんどが似通っていており、パッと見て見分けが付かないためか「フランス版」や「イギリス版」などと、欧州々によって呼称を使い分けることは日本ではあまりい。 以下に作品のジャンルによっての欧州版と諸外版の違いを記す。

music

音楽というテキストによる表示があまりジャンルであるため基本欧州でも北でも内容にさほど違いはいが、マリリンマンソンなど現実少年にあまりよろしくない行動をされているミュージシャンなどはによってはそもそもCD自体が発売禁止にされたり、過歌詞カットされていたりする。ほかミュージックビデオの過パフォーマンスの一部がドイツイギリス版ではカットされる。特にドイツでは諸外ではさほど問題にならないようなデスメタル系の歌詞の一部がカットされていたりする。クラウザーさん涙目

movie

映画に関してはイギリス映画団体、「BBFC(British Board of Film Classification)」とドイツの審団体、「USK(Unterhaltungssoftware Selbstkontrolle)」は検閲が厳しいことで有名で、イギリスでは過度の暴力描写と性的描写、ドイツでは過暴力描写と例の総統閣下に関連する単シーンカットされる。過台詞も同様。おっぱいぷるんぷるん検閲により削除されました

video game

基準がアメリカと違うのかそれともサボったのかは不明だが、欧州のほとんどのが北英語版をそのまま自版に良したものを発売している。ちなみに性的描写に厳しいアメリカ検閲食らったサービスシーンなどが欧州版で復活していることもあるが稀。(GTASAのあれがいい例)その一方で欧州ゲームサブカルチャー部門の審をしている「PEGI(Pan European Game Information)」ってとこは銭描写には厳しく、wiiチョコボの不思議なダンジョンパチスロミニゲームが遊べるっていう理由のみで16禁になっちゃったりする。(日本じゃ全年齢向け・アメリカじゃあ10禁)

comic

マンガ本でもやっぱり銭描写には厳しいらしく、ドナルドダック融に関する話があったらしいが欧州版では未収録。更には会計レジスターが出てるコマすらカットされると言う底振り。に何の恨みがあるんだ。でもまあアメリカべると人種に関する表現はゆるいほう。女性差別は駄だったっぽいが。

関連動画

欧州人とのどうしようもない文化の違いをひしひしと感じさせてくれる動画アメリカよりはましだがやっぱフライ12時間のは長すぎるか。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%89%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

欧州版

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 欧州版についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード