歌川国芳単語

ウタガワクニヨシ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

歌川国芳とは、江戸時代後期の浮世絵師であり、類なき「ぬこ絵師」である。 別名一勇斎芳。

概要

寛政9年(1798年)、江戸日本橋にあった染物屋に生まれる。 本名井三郎絵師を志し、文化8年(1811年))頃に歌川豊国の門下となり、絵師として活動を始めるが長く評価されなかった。

文政10年(1827年)頃、30歳の頃に発表した「通俗水滸伝八人之一個」シリーズで初めて評価され、特に武者絵の評判が良く、 「豊似顔、芳武者、広重名所」と称される人気絵師となる。

自由奔放で、英雄譚・百鬼夜行動物絵・擬人化・寄せ絵・風刺絵・春画など幅広く、西洋の絵画技法を取り入れた絵も残している。

も多く、おもちゃ絵で知られる歌明治初期に挿絵師として活躍した河鍋暁斎、新聞錦絵の落合芳幾、最後の浮世絵師と呼ばれた月岡芳年などがいる。

文久元年(1861年)、65歳(満63歳)で死去。

作品一覧

擬人化とは、本来人ではないものを人間の姿に見立てて崇める行いである。

日本擬人化技術は世界一である。 (ニコニコ大百科)

 

 武者絵で一躍名を馳せた芳だが、現在ではむしろ「奇想の絵師」として知られている。日本人擬人化に長けていることは周知の事実だが、芳もまた例外ではなく、金魚など様々な動物擬人化している。

流行蛸の遊び1流行蛸の遊び2
流行蛸の遊び3流行蛸の遊び4後のポニョ1後のポニョ2
流行蛸の遊び5流行蛸の遊び6後のポニョ3後のポニョ4
流行蛸の遊び7流行蛸の遊び8後のポニョ5後のポニョ6
「流行 蛸の遊び」                   「金魚づくし さらいとんび」

 

相馬の古内裏」という作品では、西洋の医学から得た知識を元に、格を模した妖怪を登場させつつ、三枚続きの絵を1枚の絵に見立てる独特な構図を編み出している。後のダライアスである。

ちなみに妖怪がしゃどくろ」はこの絵を元にした姿でイメージされることが多いが、実際にはこの絵のの怪物は「がしゃどくろ」ではない。詳細は「がしゃどくろ」の記事を参照。

相馬の古内裏01相馬の古内裏02相馬の古内裏03相馬の古内裏04相馬の古内裏05
相馬の古内裏06相馬の古内裏07相馬の古内裏08相馬の古内裏09相馬の古内裏10相馬の古内裏11相馬の古内裏12相馬の古内裏13相馬の古内裏14相馬の古内裏15
「相馬の古内裏」

 

複数の人間の体を組み合わせて一人の人物に見立てる新ジャンル「寄せ絵」も開発している。この寄せ絵に関しては、16世イタリアの画アルチンボルドの影があるのではないかと言われるが相は不明。

みかけハこハゐがとんだいいひとだ01みかけハこハゐがとんだいいひとだ02みかけハこハゐがとんだいいひとだ03
みかけハこハゐがとんだいいひとだ04みかけハこハゐがとんだいいひとだ05みかけハこハゐがとんだいいひとだ06
みかけハこハゐがとんだいいひとだ07みかけハこハゐがとんだいいひとだ08みかけハこハゐがとんだいいひとだ09
みかけハこハゐがとんだいいひとだ10みかけハこハゐがとんだいいひとだ11みかけハこハゐがとんだいいひとだ12
みかけハこハゐがとんだいいひとだ13みかけハこハゐがとんだいいひとだ14みかけハこハゐがとんだいいひとだ15
「みかけハこハゐがとんだいいひとだ」

 

風刺絵も多数手がけており、保の革期に役者絵が禁止された時には、落書きのような役者絵を描き、「役者絵?いいえ、落書きです」と言い抜けている。

荷宝蔵壁のむだ書き01荷宝蔵壁のむだ書き02
荷宝蔵壁のむだ書き03荷宝蔵壁のむだ書き04
荷宝蔵壁のむだ書き05荷宝蔵壁のむだ書き06
荷宝蔵壁のむだ書き07荷宝蔵壁のむだ書き08
「荷宝蔵壁のむだ書き」

 

嘉永6年(1853年)、船来航直後に描いた「浮世又名画奇特」では、幕府要人に擬した人物を描いたことがばれて発禁・没収・罰の三連コンボを食らっている。

ちなみに右下の人物が老中首座・阿部正弘。その上の袖に読みにくく「かん」と書いているが13代将軍・徳定である。(「かん」と書かれたのは定の渾名が「癇性方」だったため)

浮世又平名画奇特01浮世又平名画奇特02浮世又平名画奇特03浮世又平名画奇特04
浮世又平名画奇特05浮世又平名画奇特06浮世又平名画奇特07浮世又平名画奇特08
浮世又平名画奇特09浮世又平名画奇特10浮世又平名画奇特11浮世又平名画奇特12
浮世又平名画奇特13浮世又平名画奇特14浮世又平名画奇特15浮世又平名画奇特16
「浮世又平名画奇特」

 

多くの動物絵や擬人化の絵を描いた芳だが、動物の中でも特に生涯愛し生き物がいる。ぬこである。

ぬこ大好きな芳は、単に絵に描くだけでなく、作業する時も散歩する時も懐に数匹のぬこを収めていたと言われ、飼いぬこが死んだ時には丁重に弔ったとされている。

ねこのすずみ01ねこのすずみ02ねこのすずみ03ねこのすずみ04
ねこのすずみ05ねこのすずみ06ねこのすずみ07ねこのすずみ08
ねこのすずみ09ねこのすずみ10ねこのすずみ11ねこのすずみ12
ねこのすずみ13ねこのすずみ14ねこのすずみ15ねこのすずみ16
「猫のすずみ」
ねこのけいこ01ねこのけいこ02ねこのけいこ03
ねこのけいこ04ねこのけいこ05ねこのけいこ06
ねこのけいこ07ねこのけいこ08ねこのけいこ09
「猫のけいこ」

 

ぬこ東海道五十三次に見立てた「飼好五十(みょうかいこうごじうさんびき)」なるパロディ絵も描いている。
それぞれのぬこに、地名にちなんだ名前が付けられている。高解像度版はこちらexitから。

猫飼好五十三疋01猫飼好五十三疋02猫飼好五十三疋03猫飼好五十三疋04猫飼好五十三疋05
猫飼好五十三疋06猫飼好五十三疋07猫飼好五十三疋08猫飼好五十三疋09猫飼好五十三疋10
猫飼好五十三疋11猫飼好五十三疋12猫飼好五十三疋13猫飼好五十三疋14猫飼好五十三疋15
「猫飼好五十三疋」

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E8%8A%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

歌川国芳

4 ななしのよっしん
2010/10/14(木) 22:26:30 ID: IEXLaJOWEd
漫画猫舌ごころものうち」オススメ
5 ななしのよっしん
2011/04/12(火) 21:41:53 ID: F3xIM8FS5n
歌川国芳展へ行ってきました
やっぱり本物は迫が伝わってくるようだった…
6 ななしのよっしん
2011/10/24(月) 20:47:00 ID: wf0P7klT3y
ttp://www.poco2.jp/comic/hirahira/
漫画が面い。く単行本化してくれ!
7 ななしのよっしん
2013/01/27(日) 12:50:25 ID: 5eMh14xgzL
芳絵の実写化ワロタ
https://twitter.com/shishioriori/status/295092888512114688exit
8 ななしのよっしん
2013/05/07(火) 00:03:20 ID: m+rWrnBsbx
何でイラストレーターの一覧に載ってんの
9 ななしのよっしん
2013/05/11(土) 16:52:35 ID: RUczjOiqWM
>>6漫画だが、単行本化してニコニコ市場にあったので貼っておく。
>>az4778321545exit_nicoichiba
10 ななしのよっしん
2014/01/26(日) 17:22:17 ID: xj9cTasQFR
北斎がくて芳が先にあるとは
がしゃどくろインパクト大きいもんね
11 ななしのよっしん
2014/02/06(木) 11:31:19 ID: D5+pkaAl8j
ニコニコ的にはやっぱり芳のほうがアニメっぽくていいんじゃね
にしても記事充実してるなー
12 ななしのよっしん
2014/05/05(月) 13:52:47 ID: 6Yswa4tVqv
> 後のダライアスである

讃岐族をして為をすくう図 ( http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=90933exit )これだな
13 ななしのよっしん
2014/11/19(水) 22:10:47 ID: G9g2tYESM1
杉浦日向子の「百日紅」に出てくる前少年芳なんだよな