歌川国虎単語

ウタガワクニトラ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

歌川国虎とは江戸時代後期の浮世絵師である。号は一斎。別名前田久米蔵(または繁蔵)。

概要

生没年不詳。一説では寛政年間末(1789~1801年頃)に生まれ、安政年間(1854~1860年頃)に死去したとされている。

歌川豊国の門下に入り、師の代筆を務めるほどの才を持っていた。また生涯独身で自宅を持たず、知人のを転々としていたという。その生涯に不明な部分が多く、作品も余り残っていないが、西洋画に影を受けた独自の画確立しており、『近江』『羅得毛舩入之図』(ロードの巨像を描いた作品)などにその片鱗が伺える。

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E8%99%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

歌川国虎

1 ななしのよっしん
2011/09/13(火) 19:37:21 ID: bcyjp0i+4a
この調子芳一門制覇してください

急上昇ワード