歌川広重単語

ウタガワヒロシゲ

歌川広重(うたがわひろしげ)とは、江戸時代後期の浮世絵作家浮世絵師)である。

葛飾北斎と並ぶ風景画の巨匠。代表作に『東海道五十三次』『名所江戸』などがある。

概要

生まれは江戸、火消し同心、安藤の子として誕生。幼い頃から絵心があり、15の頃に歌川豊広門下に入門し、歌川広重の名を与えられる。

当初は役者絵から始まり、美人画も描いた時期があったが、本人はあまり好まず、その後は図などを経て風景画を描くようになる。生涯作品は2万点以上に上るといわれ、絵画だけでなく、戯画春画、更には団扇の絵柄や双六などまで手がけた。中でも有名なのが記録的な大ヒットとなった『東海道五十三次』と安政江戸地震以降の復アピールしたともいわれる『名所江戸』が知られるところ。他に『六十余州名所図会』、『木曽六十九次』などがあり、また葛飾北斎に対抗していたのか、『富嶽三十六景』に似た『冨士三十六』という作品もある(こっちは全然売れなかったが)

広重の作品は北斎に負けず劣らず海外でも大人気となり、ヒロシゲブルーと呼ばれる青色は多くの芸術の琴線に触れ、ジャポニズム流行に一役買っている。特に広重のファンとして知られるのがヴィンセントヴァンゴッホクロード・モネであり、構図を真似たり、作品に採り入れたりしている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%BA%83%E9%87%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

歌川広重

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 歌川広重についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/17(木)09時更新