武器物語2(ROD)単語

ウェポンストーリーツーロッド
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

武器物語2とは、PS2ゲームドラッグオンドラグーン2」に登場する武器に付随する物語である。
ここでは、ROD)について列挙する。

ネタバレ故、ご注意召されよ。

物神

マナの杖 Manah's Staff

今から十八年前……。
少女は暗いの中で佇んでいた…。
に捨てられた少女
への想いは次第に歪み狂気へと変貌する…。
”は彼女狂気に魅入り、媒介として世を制することを託した。
そして…暗闇の中でる瞳…。

き瞳の少女世界混乱を招く。
崩れゆく世界に心を癒される少女
しかし、その至福の時も、ある“男”のによって奪われる。
世は治まり…男は少女を連れ贖罪に出る。
己の罪にを背ける少女……だが男はそれを許さなかった。

ある日、男は突然を見上げた。
男の瞳にはしい憎悪があった。
いったい何があったのだろう…少女にはわからなかったが、隙を見せた男に隠し持っていた短を突き刺した。
咄嗟に払われる幼き身体。
次の少女底へと消えていった……。

数年後…彼女は“い記憶”を失いとある貧しい村で暮らしていた。
そこで彼女は、人々を苦しめ続ける封印騎士団の存在を知る。
そして…皮にも世界混乱に陥れた少女世界を救うためにを握る…。
再び……封印崩壊のために……。

封印騎士団の呪杖 Knight's of the Seal's Curse Staff

かつて、封印騎士団長オローが健在だった頃、
気炎の直轄区の守りを任され、火炎の賢者と呼ばれた魔道師がいた。

オロ団長の良き理解者でもあり、親友でもあったその魔道師は、
気炎の地をその偉大なる魔によって、清浄に保っていた。

しかし、オロ団長が敵のに倒れた後、次期団長との対立により封印騎士団を離れたその魔道師は、
気炎の地にて、圧政に苦しむ人々の為に、尽を注いだ。

飢えに苦しむ人々に食料を買い与える為、売れるものはすべて売り、己の魔を引き出す為の武器さえも売り払い、
最後には餓死したという。

封杖:破天の詠歌 Sealstaff:Calamitous Sonnet

かの地に武具の名あり。
に弄ばれる世界を憂いに打ち勝つ武具を生み出すことを決意す。

に抗うは、封印の
封印の、即ち女神
女神を武具に封入す。

かの女神は、堕落したに生き因果に死した女神
気高き女神

宿るは「」、き恵みの
命を宿すなる

斉天の赤杖 Monk's Red Staff

かつて偉い僧侶が、典を受け取る為に、三人のお供と共に、か西の立った。 

旅の途中、立ち寄った村には、施しを行い、またある時には、人々を苦しめる魔物の退治なども行った。

お供の一人であった、このの所持者は、魔物退治を得意とし、
その強大な僧侶を守護しながら西のした。

遂に辿り着いた西ので、典を受け取った僧侶は、お供のものに感謝し、それぞれに相応しい“名”を贈ったという。

不死鳥の囀り Phoenix Curse

かつて魔術が栄えた時代、戦いの動向は軍の魔術師が握っていた。
魔術の効果にはが関わっており、を巡って戦いが絶えなかった。
特に、更なる昔、古代の付与魔術師により造りだされたには、失われた大魔術が封印されているものも多かった。

ある魔術師が遺跡から一本のを見つけ出した。
彼の魔自体はそれ程のはなかったが、そのの魔は計り知れぬもので、
彼はそので軍の要職に就き、一年も経つと将軍直属の魔術師となっていた。

彼の赴く戦いは負けを知らず、彼の発言は次第に大きなものとなっていたが、事件は起こった。
彼がを発見した遺跡から、全く同じが何本も発見されたのだ。
は各に出回り、戦いは凄惨なものとなっていった。

で地位を得た彼は、自らのを高める努を怠っていた。
戦いにおいて各魔術師は、修行の成果とを存分に発揮し、彼が赴いても勝てなくなっていった。
年明けの人事で、年十回程であった参戦を、各地を転戦し、毎戦参加するよう言い渡された。
既に彼は、ただの一兵士だった。
彼の晩年はこうして始まった。

北海の歌姫 Northern Siren

北の港の 小さな
綺麗なが 訪れた
透き通る肌 透き通る
場の男は 皆惚れた
を片手に 身軽な姿
に一言 ここで歌うわ

に会おうと 男は集まり
ほどなく店は 賑わった
は歌った 美しい
男は聴いた 美女
した 男らだったが
返して一言 あなたじゃないわ

ひとほど経ち 場に
する少年 やってきた
な瞳に 端正な顔
何より笑顔が 魅
は悟った この人しかない
彼に一言 あなたに決めた

明くる日は 少年と消え
部屋に残った 手紙
はお礼で 行き先は
どうやらは の精
優しい男ら 笑顔で言った
それならそうと 言えばいいのに

ヤハの杖 Yaha's Staff

あるの大臣が、疑い深い王に逆賊の汚名を着せられ、処刑された。
一族も皆処刑されたが、大臣の幼い息子不憫に思った処刑人が、王に虚偽の報告をして逃した。

美少年に成長した大臣の息子は、市場の商品を盗んでは売りさばく泥棒生活を送った。
時には捕まって袋叩きにされることもあったが、王への復讐想すると、苦痛すら甘美だった。
やがて少年は貯めたを賄賂として王宮に仕官した。

その中性的な美しさから、少年が王のにとまり、寵を受けるようになるのには時間はかからなかった。
ある少年は本懐を遂げようと、の形見であるの仕込まれたを長衣に隠して、王の寝所に向かった。

しかし、少年の額から流れ落ちたを不審に思った王の警護に包囲されてしまう。
で喉を突き、自した少年には、高笑いする王の姿があった。
その美しさと引き換えに数奇な運命を歩んだ封印騎士団のヤハが、
この美少年を手にしたのは必然だったのかもしれない。

夢桜 Dream Blossom

か東の精霊契約し、悪霊と戦う術師を王とする一族がいた。
王は普段から滅多に姿を見せず、悪霊の災いがしくなると、長期に渡りに戻らぬため、
王の顔も知らぬ民も少なくはなかった。

そんな民の中に錫を持って敵を薙ぐ諸にも名高き女兵士がいた。
ある年のの咲く時期の祭で、その女兵士が錫による演武を王の前で披露することになった。
王も女兵士もお互いを知ってはいたが、姿を見るのは初めてであった。

二人はお互い一で魅かれた。
王は初めて出会うその女兵士に、女兵士は初めて出会う王に。
兵士は代々伝わる錫の先端の輪をに換え、より一層王に尽くした。
王もまた民のために術を尽くして悪霊と対峙した。

しかし、悪霊の災いは化する。
町や村はことごとく滅び、一族の都も遂に落ちることとなってしまう。
兵士と王は、最後まで抵抗したが、明朝荒れ果てた宮殿には女兵士の錫のみが残されていた。
には短いが彫られていた。

離れども ともにい見ん 

賢者の意思 Wisdom

ある名もなき寒村に、北のより祭が訪れた。
千里を見通す大賢者と呼ばれた彼も、この遠方の地ではただの旅人でしかなかった。

しかし彼らは、遠くからやってきた祭を歓迎し、手厚くもてなした。
村人の心遣いに心打たれた祭は、お礼として、一振りのを贈った。

奇跡を秘めたこので、今より豊かな生活を送ってほしい。
祭の贈り物を喜ぶ村人を見ながら、祭は村に幸せが満ちることを祈った。

しかし村人達は、の悪い旅人にあっさりとを譲ってしまった。
それを聞いた祭は、村人達がすでに幸福であったことを悟った。

聖石の杖 Magi's Sorrow

このに嵌められている石は稀代の魔術の才を持っていた少年の魂を宿している。
彼は穏に人間として生きていくことに満足せず、
より高みをし全魔をもって自ら石化し、その存在を永遠のものとした。

ある時彼は自分を手にした元老が美しい女性であることを知った。
彼は彼女をたいそう気に入った。
だが、日は流れ彼女は老い、死んでいった。
彼の気に入っていた並みもも好んだ木々の色彩も年が重ねられる毎にその姿を変えていき、
やがて不毛の時代が訪れ、彼は悲しみに包まれた。

彼は人々の幸せを見守ることができるのと同じくその幸せがもろくも崩れ去ることも、
そしてその繰り返される悲しみもずっと見続けなければならないのだ。
そして、すでに石と化した彼にはそれに手を差し伸べることもできず一人、泣き続けなければならない。

永久めた結果の苦しみからいつ、少年解放されるのか。
永久の中で永遠に刻まれていく時間は、彼を癒してくれるのだろうか。
あるいは、あなたが彼をしい光へと導いてくれるなら。

痩躯の魔術師 Edacious

魔術師と皮で作られている
魔術師は多くの子を抱える高名な人物であった。魔術師は老い、自らの後継者を子の中にめた。

子の中に、のように鋭いを持ち、類希なる魔の才を持つ青年がいた。
魔術師青年を後継者と定め、持てるすべての術を伝授した。
青年は半年と経たぬ内にすべての術を極めた。
魔術師は大いに喜び、隠居の時まで青年子の導を手伝わせた。

青年導のかたわらに次々と新しい術を生み出していった。
やがて、子達は魔術師よりも青年から術を学ぶようになった。
魔術師は自らの世代が去ったことを悟り青年に後事を託そうとした。
しかし、青年は丁寧に申し出を断った。
青年に出、更なる術をめるのだという。

その言葉を聞いた途端、魔術師は秘めていたすべての感情が爆発した。
…妬み、嫉み、おしみ…
魔術師は知りうる最の呪を青年にかけたが、魔術師かにえた青年は、簡単に呪をはね返した。
魔術師は全身のと臓物が溶け、腐敗した血と共に吐き散らして絶命した。
と皮だけを残して。

知識の杖 Philosopher's Staff

その魔術師にはり合える友が一人もいなかった。
別に魔術師が、人間嫌いだったわけではない。
少し知識をひけらかす癖があったが根は悪い人間ではなかった。
だが、彼と交流を持った人達は、次第に彼の元から去っていった…。

ある日、魔術師原因不明の病が発症する。
熱は上がり続け、動悸もしく、手足は痛み、眩暈も起こりまともに歩けない。
自らに魔法を施したが、全く効果も見られず…。
傍らにあった用のを手に、魔術師は村の屋に向かった。

ようやくのことで屋に辿り着く。
そして、自分の症状を説明した。
「今、が身におけるさまざまな症状は常人が知り得る定義の範疇をすでに逸脱し、尚且つが研究結果をもえた驚愕なる事実、つまり…」
屋は首を傾げた……。

結局、話が通じずを貰えなかった魔術師はそのまま息絶えた……。
大事なことは、詰め込んだ知識を、ただ垂れ流すことではなく、万人にわかる言葉で伝えること。
それに気づけば、ただの食当たりで彼も死ぬことはなかっただろう…。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A6%E5%99%A8%E7%89%A9%E8%AA%9E2%28rod%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武器物語2(ROD)

8 ななしのよっしん
2010/05/21(金) 18:22:58 ID: DkMHHv0rBU
賢者の意思イイハナシダナー
9 ななしのよっしん
2010/09/27(月) 11:09:06 ID: bRuVohjVQj
イワンのばかを思い出すような話だよな>賢者の意思
10 ななしのよっしん
2011/02/13(日) 02:26:46 ID: OHk5SroPLO
物語はこのゲーム物語だと思う
11 ななしのよっしん
2011/02/20(日) 01:04:05 ID: hLzpOHrkKH
石の物語も引きもなかなかグッと来る。
個人的にはが一番だけど。
12 ななしのよっしん
2011/03/01(火) 22:26:36 ID: tOI9QrxhAI
賢者の意思は凄い良いな
幸せなんて人それぞれだもんな
13 ななしのよっしん
2012/03/22(木) 17:40:54 ID: kgkdy4d25R
>>6
あまりにもそのまんますぎて「まんま西遊記だけどどうせ最後は突然死とかすんだろ?」
とか期待してたのに裏切られてがっかりだった。
14 ななしのよっしん
2013/09/14(土) 10:25:43 ID: UXgnr7YXne
北海歌姫、文章がリズミカルで大好きな物語です!
あと、知識の魔術師シェル先生FF3の小人族の医者)を見習って……と思う(苦笑)
15 ななしのよっしん
2013/11/03(日) 15:42:26 ID: lQrXEz7rcW
北海歌姫の話、どうも気になる。最後の所の優しい男らの下り、この笑顔の意味が、普通善意祝福とも、巻き込まれず歌とか聞けていい思いしたな、とも取れるんだが…
16 ななしのよっしん
2013/12/31(火) 12:37:54 ID: jea3n5Y3Yk
石の引きも良いよね
17 ななしのよっしん
2014/12/18(木) 07:10:18 ID: kgkdy4d25R
その石のを使って人を虐殺する感慨もひとしおだな。