武嶋蔦子単語

タケシマツタコ

武嶋蔦子たけしま つたこ)とは、ライトノベルマリア様がみてる』及びそれを原作とするアニメの登場人物である。

担当声優佐藤利奈

概要

福沢祐巳の親友で、写真部のエース(後に副部長へ昇進)。マリみてでは重な眼鏡っ娘である(他には加東景しかいない)。女子高生の姿を写真に撮るのを日課にしておりで、授業中を覗いてはいつもカメラを片手にシャッターチャンスの機会をっている。その実1年生の頃から山百合会にも知られており、小笠原祥子タイを直す間を写真に撮って、それを文化祭のパネルに展示する許可をもらうために、と一緒に山百合会を訪れたことが、結果的にが祥子と姉妹スール)になるきっかけとなった。

隠し撮りばかりしているので胡散臭いを受けがちだが、撮った写真は必ず被写体となった生徒に見せて、本人の許可い限りは絶対に開しないという則を持つなど、相手の意志を第一に尊重している。また、実は人一倍人情に厚く、一貫して親友であるの味方である。そのため、新聞部のように緊関係になることは一切く、山百合会とも常に協調路線を歩んでいる。佐藤聖からは「カメラちゃん」の称で呼ばれている。

蔦子様がみてる

意外に理を重んじる子だが、二次創作などでは入浴中や就眠中の盗撮したり、撮った写真を祥子や佐藤聖に闇ルートで渡すなど変態カメラマンにされることも時々ある。また、細川可南子ストーカーされていた時も、可南子が心霊写真のように遠くで写った写真を何枚も撮って、可南子に気をつけるように忠告するシーンが見られるが、盗撮をしているあなたに言われても・・・と思った人もいただろう。また、内藤笙子とのカップリングである蔦笙人気を博している。しかし、なぜ蔦笙の記事がこの記事より3年以上も前に作られたのかは永遠のである。

実写映画版では若手女優広瀬アリスが演じた。役回りは原作とほぼ一緒だが、注すべきはラストシーン。この作品が本編が始まっても一向にメインタイトルが表示されず、最後にマリア像の前で祥子からロザリオを受け取る静止画から暗転して、「マリア様がみてる」の題名が画面に映るという趣向になっている。この静止画ナレーションから、子が撮影したという設定になっており、原作の文章っぽく言えば「と、マリア様と“子さん”だけが二人を見ていた」ということとなる。最後の最後で思わず突っ込んだ人もいたのではないだろうか?

カメラちゃんの美学

子には独自のポリシーがいくつか見られるが、その中の一つに自分自身は決して他の生徒と姉妹にならないというものがある。姉妹を作ってしまうと、客観的に撮れなくなるなどの理由があり、写真部の先輩からの誘いも断り、後に子を慕って写真部に入った内藤笙子にはせず、どちらかと言えば師のような繋がりとなっている。

ライトノベルであるマリみては、基本的にをはじめ特定の人物による一人称り形式になっているため、その登場人物の主観が入った文になることが多い。ところが、子は登場シーンが多い割には、モノローグや自身の思いを述べる箇所が少なく、他の登場人物の聞き手に回ることが大半である。カメラマンらしく分析・判断に長けた彼女は、その話し方も第三者による客観的な内容が多く、自ら積極的に話す場合でも、その多くは相手への助言やアドバイスである。笙子や新聞部の相棒山口真美と異なり、子には役の独立したエピソードいのも、あくまでも自分はサポート役にしているからなのかもしれない。

自分自身は一歩離れた立場から物事をとらえるスタンスを貫き、今日子はリリアン女学園の生徒達を取り続けている。カメラレンズ越しに撮った人々の織りなすドラマ人間模様を、写真という形でそのきをいつまでも色褪せずに残していくことが子の生き甲斐。自分は役にならずとも、相手の魅を引き出すことで、彼女自身も生き生きとき続けているのである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A6%E5%B6%8B%E8%94%A6%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武嶋蔦子

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 武嶋蔦子についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!