武田豊樹単語

タケダトヨキ

武田豊樹とは、茨城県所属の競輪選手である。

概要

1974年1月9日生まれ。北海道斜里町出身。
元々はスピードスケートの選手で、長野オリンピック金メダルを獲得した清水保とは同世代にあたる。2002年に行なわれたソルトレークシティオリンピックに出場し500mで8位入賞を果たす。その後オリンピック終了とともにスピードスケートから引退し、日本競輪学校入学する。

競輪選手として

競輪学校へは特別選抜制度として入学し、88期生として2003年7月デビューを果たす。88期生には、山崎芳仁・佐藤友和・成田和也・渡邉一成・成和幸・永井清史・南修二など、そうそうたる顔ぶれがっている。

2004年には3場所連続全優勝でS級特進を果たす(当時の最速記録である)。S級に上がってからは快進撃を見せ、7月の寛仁親王牌ではGⅠ初出場ながらいきなり決勝進出を果たしている。その後もコンスタントに成績を重ね、2005年にはデビューから2年半でKEIRINグランプリの出場を果たす。

その後は特別競輪に出場しながらもなかなか結果が出ない日々が続いたが、2008年ふるさとダービー広島GⅡ)で初めて特別競輪タイトルを獲得する。同時に、この年限りで止となったふるさとダービーの最後の優勝者となった。そして迎えた2009年3月日本選手権競輪(GⅠ)では後方からの捲くりで写真判定に持ち込み、微差という数センチ勝負を制し悲願のGⅠ初優勝を果たす。9月オールスター競輪(GⅠ)では平原康多・神山雄一郎という強ラインで挑み、見事2個のGⅠタイトルを獲得する。満を持しして迎えたKEIRINグランプリ09だったが、海老根恵太の捲くり追い込みに敗れ2着という結果に終わった。

2010年以降も特別競輪などでコンスタントに成績を残し、2011年2月の東西王座戦<東王座戦>(GⅡ)、4月共同通信社杯・一番(GⅡ)で優勝。そして2012年は東西王座戦<東王座戦>(GⅡ)の最後の王者にくと、故郷・北海道函館で行なわれた6月高松宮記念競輪12月競輪祭で3年ぶりのGⅠ優勝を果たす。迎えたKEIRINグランプリ2012では堂々の一番人気に支持されるも不完全燃焼に終わり悲願達成はお預けとなった。

2013年は上半期こそ安定感溢れるレースを見せていたが、7月高知での記念競輪で前を走る選手が先行しながら後ろを牽制し勝機を逸したことで追走義務違反の失格となり、その後のあっせん保留処分を経て9月から2013年いっぱいまでのあっせん停止処分が下された。これにより、グランプリ出場はおろか2009年から守ってきたS級S班の座を退くことになる。

競争スタイル

デビューから一貫して先行・捲くりの自で、特にスタミナに関してはトップレーサーの中でも1・2位を争うほど群を抜いている。また自だけでなく、番手に回った時でも差し脚を発揮するなどオールラウンドに動ける選手として活躍を見せている。ここ最近では立った大崩れが少なく、4倍台の大ギアで使用してより安定感が出てきている。デビュー当時は29歳と、当時は年齢制限があった中で遅咲きではあったが現在でも自として第一線として活躍している。

エピソード

他の競技から特別選抜制度から入学したのは、同じスピードスケート出身の植松仁(長野オリンピック銅メダル)に続いて2人であった。卒業後は茨城を拠点として活動し、スピードスケート時代から導を受けていた川村恵三に子入りをする。(川村は、アトランタオリンピック銅メダルの十文字信の師匠としても導している)

武田競輪で活躍するようになると、他の種から競輪に挑戦する選手がさらに増えるようになった。武田子である広(92期)と今井裕介(93期)も、元々はスピードスケートの選手であった。

関連動画


若かりし頃の武田が見られる動画

競輪関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E8%B1%8A%E6%A8%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武田豊樹

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 武田豊樹についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!