武藤礼子単語

ムトウレイコ

武藤礼子とは、日本女性声優女優である。

概要

1935年3月1日生まれ。

劇団こまどりに子役として入団。高校卒業後にNHK新人オーディションに合格し、その後「テアトル・エコー」に入団する。三年入籍した後、フリーとなり最後は青二プロダクションに所属した。

生録音時代からアテレコ仕事をしてきたベテラン。最初のアテレコ作品は1957年からKRTTBS)系列で放映されたアメリカTVドラマミッキールーニーショー」のいずれかのお話。
TV創期は女優としても活躍したがその後は声優一本に転向する。好き嫌いは別として、自分の仕事声優仕事ばかりだと自覚しており、声優と呼ばれても構わないと話していた。

レベルの低い声優と共に吹き替えをすると調子をはずされ落とされてしまうので嫌だと感じているという。「アテレコ仕事の場であり勉強の場ではないことを心得てもらいたい」と若い声優俳優に願っていた。
「口先だけの演技でなく、相手の動きに合わせてにのせて感情を出す、という難しいもの。ハートのある芝居を望みます」と声優志望の人たちに一言言ったこともある。

私生活を奪われることを嫌い、仕事主婦業の分量を半々に保っている。

エリザベステイラーグレース・ケリーヴィヴィアン・リーやスザンヌ・プレシェットなどの古い女優吹き替えをよく行っている。また、ジュリーアンドリュースの吹き替えも多く、「サウンドオブミュージック」ではTV版で2バージョンソフト版で1バージョンの計3バージョンジュリー吹き替えをした。5080年代の洋画番組の日本語吹き替えに貢献した声優の一人。

エリザベステイラーに関してはファンなるほど好きではないが、女盛りの中年期の吹き替えは自分に出来るのか不安だという。また彼女を悪だけど美人と言い、原に似せないように心掛けているという。「いそしぎ」の演技がうまくて大女優だなあと感心させられたそうだ。
リズの癖に喋る前に息を吸うことを挙げた。

ちなみに納谷悟朗には「むっちゅん」と呼ばれていた。

2006年10月29日、急性心不全により死去。

出演作品

吹き替え

エリザベス・テイラー

グレース・ケリー

ジュリー・アンドリュース

リー・レミック

スザンヌ・プレシェット

ヴィルナ・リージ

ジーナ・ロロブリジーダ

ヴィヴィアン・リー

その他

アニメ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

武藤礼子に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A6%E8%97%A4%E7%A4%BC%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武藤礼子

1 チャカチャカりきりき
2013/11/18(月) 20:42:29 ID: 6xE9y5n0aF
個人的に小原乃梨子と並ぶくらい吹き替えに貢献した女性声優だと思い記事を作成しました。
2 ななしのよっしん
2015/08/23(日) 18:02:43 ID: DEJweAOKlQ
劇場版クラッシャージョウ」のマチュアの
大人女性の色気が感じられたな。