武道館ピーターパン単語

ブドウカンピーターパン

武道館ピーターパンとは、プロレス団体「DDTプロレスリング」が、2012年8月18日日本武道館で開催した大会で、DDT旗揚げ15周年記念行として開催された。
大会の正式名称は「武道館ピーターパン 〜DDTの15周年、ドーンと見せます4時間SP(スペシャル)!」。 

概要

昨年の「両国ピーターパン2011」で、DDT初の日本武道館大会開催が発表され、DDT旗揚げ15周年にあたる2012年8月18日の開催が決定した。
プロレスインディー団体にとって「両国国技館進出」と並んで、「日本武道館進出」はひとつのステータスでもあり、DDTは15年を経て両国国技館日本武道館と「プロレス格闘技殿堂」とされる2大会場への進出を果たし、名実ともに「第5のメジャー団体」になったと言っても過言ではない。
今大会は例年通りスカパー!の「FIGHTING TV サムライ」でニアライブ中継で独占放送され、観客動員数は10124人(満員)を記録した。 

今大会のロゴマークは、毎年8月日本武道館から放送される『24時間テレビ地球を救う」』のものを元ネタにしている。ただし「4時間=240分」ということから「240 MINUTES」が入っている。
ちなみに大会時間は、開幕前のダークマッチを除いても5時間に及ぶ大規模行となった。

今大会では「DDTの15年のひと区切り」にふさわしく、マッスルによるダークマッチに始まり、ロイヤルランブル方式のアイアンマンヘビーメタル級選手権試合、新人レスラー竹下幸之介デビュー戦、5vs5サッカーマッチハードコアタッグマッチ高木三四郎vs鈴木みのるスペシャルシングルマッチ男色ディーノvs透明人間の透明爆破デスマッチ2012年ベストバウトとなった飯伏幸太vsケニー・オメガKO-D無差別級選手権試合に至るまで、バラエティに富んだ試合が展開された。

またゲストとして、元爆風スランプのサンプラザ中野くんが登場し、フィナーレでは参戦メンバーと一緒に「大きな玉ねぎの下で」を熱唱した。

なお、高木三四郎vs鈴木みのるシングルマッチ終了後、高木三四郎の口から「2017年の旗揚げ20周年に東京ドームで大会を開催する」ことが発表され、また全試合終了後に2013年8月17日・18日、両国国技館での2日間行が発表された。その後2013年3月に入って両2daysの大会名が決定し、1日DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」、2日両国ピーターパン2013〜プロレスの傾向と対策〜」となった。

あれ?横浜アリーナとさいたまスーパーアリーナは?

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A6%E9%81%93%E9%A4%A8%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武道館ピーターパン

1 ななしのよっしん
2012/11/28(水) 18:49:29 ID: IMXmo9ouGh
あれ?ダークマッチのマッスルは?