武雄市単語

タケオシ
1.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

武雄市とは、佐賀県西部にあるである。

概要

1889年(明治22年)に武雄町として成立し、1954年昭和29年)の周辺町村との合併で武雄市となった。2006年平成18年)には山内町・北方町とも合併している。
ちなみに2006年の合併については当初は武雄市・山内町・嬉野町・塩田町の13町で合併する予定で、名を「湯陶里ゆとりし)」とするところまでは決まったが、武雄市側が反発して破談となった(嬉野町・塩田町は別に合併することになり、現在嬉野市となっている)。

武雄温泉がある観光地として知られる。他にも紅葉の名所で知られる御楽園、池ノ内佐賀県宇宙科学館がある武雄温泉保養村、大内にある武雄神社リス遊園地であるメルヘン村などが知られる。また、姫神社はドラマ佐賀がばいばあちゃん』のロケ地として使われていた。
山内町には黒髪山、旧北方町にはちゃんぽん店が並ぶ武雄・北方ちゃんぽん街道がある。

スポーツ施設については武雄競輪場が営業している。野球場については白岩運動公園内にあったが、移転することになり2022年7月佐賀県初の全面人工芝となる武雄市民球場オープンする予定。

ショッピングモールとして郊外にはゆめタウン武雄の他にメリーランド武雄、アクロスプラザ武雄がある。結果として内中心部の洞化が起きているほか、かつて存在していたスーパーマーケット「オサダ」が経営破綻を起こして撤退するなど問題となっている(「オサダ」は現在不動産を運営する会社になっている)。

TSUTAYA運営会社(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)に管理させた結果、一時期色々騒動になり「ツタヤ図書館」と呼ばれた武雄市図書館ある意味有名。

交通

の中心武雄温泉駅。旧北方町は北方駅、旧山内町は三間坂駅が中心であった。
現在武雄温泉駅特急みどり」「ハウステンボス」が停するのみであるが、西九州新幹線開業後は「かもめ」とリレー特急リレーかもめ」の乗り換えとなるため、停本数が大きく増えることになる。

バスについては祐徳バスが多数の路線を運行している。またJR九州バス嬉野温泉・彼杵まで向かうバスを運行しているほか、多久に向かう昭和バス伊万里市)に向かう温泉タクシーバスがある。
ユタカライナー関西発着一部夜行高速バス武雄温泉駅前に止まる。

武雄南IC長崎道との行き来ができないため、アクセスは武雄北方ICメイン

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武雄市

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 武雄市についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!