歩く妖蛆単語

アルクヨウシュ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

歩く妖蛆(The Worm That Walks)とは、クトゥルフ神話における存在の名前である。

概要

歩く妖蛆は人間死体のような姿をした特別な存在である。

別名〈腐敗した怪物〉。

人間死体が腐敗して片が剥がれ落ちているような外見をしており、本当の姿はゾンビのようだ。

しかし短い時間であれば人間の外見を装うことができるそうで相手の心を読み、相手に好まれる存在になることができるという。そして安心したところで襲うという怪物である。


登場作品:『歩く妖蛆/The Worm That Walks』-サンディピーターセン

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

歩く妖蛆

1 ななしのよっしん
2021/07/28(水) 01:48:01 ID: +aUEHm5ohK
なぜこいつが「一の存在」カテゴリーなのだろう?
レウスモンストロルムのエラッタ? 
独立種族」じゃだめなんだろうか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改