歩三兵単語

フサンビョウ

歩三兵とは、将棋の特殊ルールの一つである。

概要

簡単に言えば将棋を覚え始めたばかりの初心者に対して経験者が用意したハンデ戦。ルールは以下の通り。

  • 上手の駒は裸の王将および持ち駒の歩兵三枚のみ。(図参照)
  • 上手にのみ二歩、三歩が許される。ただし四歩以上は反則。
△王
▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩
▲角 ▲飛
▲香 ▲桂 ▲銀 ▲金 ▲玉 ▲金 ▲銀 ▲桂 ▲香
持ち駒:なし持ち駒:歩三

この盤を見た初心者「歩三枚だけとか初心者相手だからって流石にめすぎwwwボッコボコにしてやんよwwwと意気込んで対局に臨むものの、気づけば駒をどんどん相手に取られてしまいコテパンに返り討ちに遭う場合がほとんどである。

上手は初手8六歩から入り、下手が何も考えず同歩ときたら8七歩でを取るのが基本の流れとなる。一枚でも実差があれば下手のを崩すことは十分可になる。

下手は二手同歩を回避できたとしてもを取られないようにするためには結構複雑な手順を踏まねばならず、まして初心者がそれに気づくのはどだい理な話である。一般的に歩三兵は六枚落ち、下手すれば八枚落ちと同等のハンデ戦であると見られている。

ちなみに上手がプロ棋士だった場合、下手側はアマ初段でもかなり厳しい戦いを強いられると言われている。実者同士の対局になると上手のみ二歩アリというルールが下手に重くのしかかってくるようだ。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A9%E4%B8%89%E5%85%B5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

歩三兵

1 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 01:54:12 ID: POAu26M+P+
この手合は知らないとボコボコにされるけど、
逆に正しい手順を知ってしまえばそれでおしまいなので
下手の実を測る的の駒落ちには不向き。
所詮上手のわからん殺し一発ネタでしかないという

上手の8六歩に7八と上がり、8七歩成8六歩に
9八が肝要な一手で以下8七歩打7九8八歩打7八損こそするが
上手が全て歩を吐き出して攻めが細くなるため正しくせば受けきれる。

手順さえ知っていれば八枚落ちよりラクなので級位者でも十分勝てる
ただしこの手順を自で発見しようと思うとアマ初段は欲しい
2 ななしのよっしん
2018/02/18(日) 07:41:55 ID: x/lNKr9wzZ
>一般的に歩三兵は六枚落ち、下手すれば八枚落ちと同等のハンデ戦であると見られている。
下手すればの使い方的に逆では?
あと最後の二行もほんとかねぇ……流石に(緩めの認定でも)初段あれば普通に勝てると思うが
3 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 14:07:55 ID: Yuekmii1v4
全に持ち駒なしの裸王・裸玉というのもあるらしいね。
>>sm16287129exit_nicovideo

>>sm23068088exit_nicovideo

急上昇ワード

2019/08/26(月)03時更新