編集  

死刑存廃問題単語

シケイソンパイモンダイ

この記事は、死刑制度の存置それぞれのがどのようなものかを簡潔に解説してみる記事です。
社会における死刑の実態については「死刑」の記事を参照するなどしてください。

死刑制度は必要か?必要でないか?

20世紀後半(特に20世紀末)になって、世界の多くの社会殺人犯などに対する死刑制度を止するようになっている。「民主社会は、国家が法のもとに人の命を剥奪するという伝統を維持すべきか否か。」

現在社会思想・法制度・生死論・民感情などが複雑にからむ死刑存廃問題は、日本においても学生ディベートから哲学書に至るまであらゆる所で論じられてきている。

同名の記事はWikipediaにもあるけれど・・・

Wikipedia日本語版の「死刑存廃問題」の記事は中立的かつ詳しいのだが、存置だった学説がそれぞれ根幹に据えている論拠と、お互いに対するありがちな反論が並列の扱いで述べられているため、一般的に言ってそれぞれどの点に説得が見出されているか、分かりづらくなってしまっている。

この大百科の記事では、両の学説やら感情的俗論やらにを向けた上で、そのパターンの根っこにあたる論拠だけを書いてみようと試みた。

死刑存置派の主張パターン

A. 古典的社会契約説にもとづく法の正義の主張

人はしも理不尽に命を奪われない理がある。そのような社会において故意・悪意で人命を奪ってしまった者に与えるべき中立的判決は、同等に死を与えることしかあり得ない。許される余地のない者に生きることを許してしまえば、かえって法の正義や、被害者の生命の尊厳が保たれない。
実際に、「全犯罪被害者の会」もこのような見地から死刑存置を訴えている。

B. 死刑が社会的不幸の増幅を抑えているという主張

日本には江戸時代まで被害者の近親による討ちが認められていた歴史があり、今でも伝話などで肯定的に捉えられることがあるが、現在社会秩序は、私闘を認めない代わりに法が刑事的判断によって個々の問題に決着をつけ、民もそれを支持していることで成り立っている。
そのため、法が許されざる悪犯に対して死刑という究極の判決を下す可性を放棄してしまえば、自制心を失った遺族の中には、自ら討ちを動機として私刑に走る者が現れたり、そうでなくとも憎悪のやり場がなくなるなどして、日本社会に息づく道徳観の崩壊や不幸の増大を招く可性がある。

C. 死刑は比較的コストがかからないという主張

もし死刑の替わりに終身刑や期刑を極刑とすれば、囚人の寿命尽きるまで長期にわたって収監しなければならない事例が増え、社会が負うべき経済コストが高くつく。 これについては「期刑は懲役刑であり、生産作業に従事させることで収監コストをある程度カバーしている。懲役刑ではなく、生産性のある作業に従事させない死刑囚を長期間収監することの方がより多くコストがかかる」という反論もある。
実際のところは、収監コストを食費や光熱費、生活費等、受刑者の身の回りに関するものだけで見れば期懲役の方が死刑囚よりも圧倒的に安くつく。しかし、彼らを監視する職員の給与などを収監コストに入れると逆転する。しかし、彼らの給与が本当に全て収監にかかるコストと言えるのかどうか、という議論も生まれて来るであろう。どの部分をコストと捉えるかで答えが違ってくる話である以上、永遠の議論と言えるかもしれない。

D. 凶悪犯の社会復帰を許してはならないという主張

悪意から殺人を犯し裁判でも反の色を見せないなど、更正・社会適合する可性が見いだせない悪犯は、永久的に社会から殺するのが民の安全のためとなる。
期刑では悪犯が仮釈放され社会に出て来る可性がある。これについては、以前は仮釈放の審が緩く15~20年で較的多くの期刑受刑者が仮釈放されてきたイメージを引きずっているとの摘がある。現状においては仮釈放されずに中死する期刑受刑者の割合(分を「仮釈放者+中死者とした場合の中死者の割合)は2004年以降の数値でおよそ75%較的高く、1998年以降は死刑に極めて近い重罪を犯した悪犯に対し仮釈放の審にすら上げてもらえない(=終身刑に準ずる)「マル特期」の運用も開始されている。
しかし、いくらマル特期や終身刑であっても脱獄・逃亡の可性が全にゼロと言えない以上、死刑制度を存置すべきである。

死刑廃止派の主張パターン

A. 立法や司法の絶対性に一線を引くべき(人は誰でも過ちを犯すものである)という主張

死刑は懲役刑などと異なって、一度執行してしまえば、冤罪が判明した場合や法体系正による赦免が必要になった場合に、受刑者本人を救済できる可性が全に閉ざされてしまう。
また、警察法といった機関も人間が携わっているものであり、人間はどんなに慎重に正義を以って事の判断に当たっても間違いを100%防ぐことは出来ない。死刑を容認することは、不確実な結論に対し不可逆的な処罰を与えることとなり、執行後の正当性を担保するものがいから、如何なる理由があっても死刑に処すべきではない。
法律や判決に対して、特定の人命を直接与奪するほどの絶対性を付託するべきではなく、終身刑・期刑などより人命の扱いに慎重な刑罰をもって死刑に替えるべきである。

B. 死刑執行人を生み出すべきではないという主張

死刑は、死に至らしめる身体に介入する(日本のような絞首刑の場合、「執行を宣告する」「受刑者を絞架台に連れて行く」「絞架台をセットする」「ボタンを押す」「遺体を処理する」etc.)刑務官らに対して、本来あるべきでない精的影・負荷を持続的に与えてしまう。

C. 死刑は過度に残虐であるという主張

絶対権によって人間としての可性が閉ざされ、(現在日本死刑であれば)いつ刑が執行されるか分からないまま過ごさねばならないという性質上、死刑は過度に人権的な残虐刑である。
どれほど悪な犯罪者に対してであっても、行政機関が合法的に執行する刑罰として好ましくない。

D. 理想主義的な立場に立った主張

受刑者は、死刑によってある種の罪意識からの解放を受けるのでなく、生きながらにして罪を悔い、噛みしめるべきである。
被害者の遺族らは、加者を被害者と同じ死に至らしめて解決するのではなくその生だけは赦すことによって、憎しみの残な応酬から本当の意味で逃れられるはずである。

迷宮入りの主張パターン

死刑には「凶悪犯罪を抑止する効果がある」という主張

しばしば議論が混迷してしまうテーマに、「死刑には終身刑など他の刑にべて、犯罪を抑止する効果があるか?」というものがある。
死刑制度の犯罪抑止効果を実しようとする論文は過去にいくつもあるが、学界で広く説得を認められているものは存在しない。これまでに死刑制度を止した犯罪悪化したという立った結果は見られず、アメリカでも一部に死刑制度のない州があるが、犯罪の発生率に有意な差は認められない。
今日では、死刑制度自体の犯罪抑止要な死刑存置の論拠とする学者はほとんどおらず、「そもそも刑罰は被害に対する最適な応酬とみなされる形をとるべきであり、犯罪抑止の程度によってその内容が決められるべきではない」というのが現代法学界における通説になっている。

また、世界殺人事件発生率を見てみると、死刑存置の区分による相関は見られず、それよりもその治安の良し悪しが殺人事件発生率と有意に相関していることが見て取れる。即ち犯罪の多寡はその治安と密接に関わっており、その背景貧困教育をはじめとする様々な社会問題があるということが言えよう。死刑制度を含め様々な量刑は既に起きた結果に対する一種の物差しを示しているに過ぎず、犯罪の抑制をすには死刑制度々の議論以前にまず治安の維持向上から、と言うことが出来ると考えられる。

ちなみに江戸時代一罰の考え方のもと、中引き回し等死刑を上回る残虐刑が多く設定されており、例えば今で言う不倫や一定額をえる盗みにまで死刑が適用されるなど、犯罪に対して非常に厳しい処罰がされていた。しかし、だからといって厳罰が犯罪抑止効果に寄与していたかと言うとそうでもなく、窃盗罪の場合は盗人が死罪を免れるよう被害者が盗まれた額をわざと少なく申告したり、不倫に関しては示談で済ませるなど、あまりにも厳罰であるがために逆に被害者が加者の身を案じて気を遣うという奇妙な現日常茶飯事で起こっていた。
ここから、厳罰化は一定の抑止効果はあるものの、ある閾値をえるとその効果は薄れるか、若しくは失われてしまうことが考えられる。どんなに刑罰を厳しくしたところで、犯罪の根絶は不可能であることを日本歴史物語っていると言えよう。

存置論・廃止論以外で、よく主張される論点など

  • 死刑はせめて他の刑罰と区別し、裁判官・裁判員の全会一致によってのみ量刑判断を下すことができるようにすべきである。
  • 法務大臣の思想や受刑者個人に対する主観的評価が執行判断に大きく影を及ぼしている現状は、明らかな法の下の等に違反する。「再審請の棄却や再審の終了から六ヶ後」など死刑執行の基準を法律などで明確にし、法務大臣の個人的思想による執行命令不履行は、職務違反と見なすようにすべきである。

死刑存廃をめぐる世論

国内世論

日本全体の一般世論においては、昔から存置の割合が大きくは少数である。や新聞社のやっている大きな社会意識調などではどのようなものでも、おおむね7~8割前後が「死刑制度を残すべきである」「あまりに悪な犯罪に対しては死刑の処置は必要である」などと答えており近年も大きな変化はないが、死刑存置の割合がやや増加傾向である。しかし「死刑に代えて終身刑を導入する」という条件を追加した場合、死刑存置5割強、は4割弱(残りは未回答など)とトーンがかなり変わってくる。即ち死刑に対して「積極的に賛成している者」は民の半数強程度であり、残りの2~3割は「消極的賛成」である点に留意する必要があると言えよう。

また、死刑制度を残すべき理由としては一番多いのはやはり「遺族感情への配慮」となっている。言い換えれば、もし死刑止すれば自救済の横行と復讐の連鎖が始まる懸念があり、実際に起きかねないのが実情である(実際に光市母子殺害事件で妻と子を殺された男性が、被告を死刑にしないならば罪にしろ、そして自分で裁くと言った例もある、仮に死刑止されていれば一歩間違えば復讐の連鎖が始まるところだったのである)。
このように世論自体は明らかであり、民主主義の観点から言えば死刑止は日本民主主義っ向から逆らうことになるため、日本政党において死刑止をあまり表立ってする政党政治家も少なく、日本において死刑止が国会議論玉になったり、選挙の争点として大きく取り上げられたことはない。

逆に、法学系の学界においては理論面では死刑止論が多数となっているようである。ただし、死刑論者として熱弁を振るった弁護士などが、家族仲間などを殺され犯罪被害者遺族の立場になると、あっさりと手のひらを返してしまう例も多く、このあたりも死刑論者にとっては苦しい所である。

考えを変えなかった人もいないわけではないが、「家族を殺されてなおも死刑止の考えを変えないのは要するに家族のことを本心では愛していなくて邪魔だと思っていたからだ」と思われているのが実情である(もちろんこれではどっちに転んでも死刑存置が正しいことになるため論点回避の虚偽となり詭弁となるのだが、これを見抜ける人は少ない)。
もっともこのような価値観日本固有の社会に根差していることも一因にあると言え、例えば大半の死刑制度を止している欧州の場合、家族を殺されてもその宗教観からか「自分も間違いを犯すことはあるのだから、たとえ家族を殺した殺人犯であっても相手のことを『死ね』とまでは言えない」、簡単に言うと「自分も他人のことを言えない」と考えている人が流のようである。このような価値観の違いも、死刑制度に対する見解が分かれる理由の背景にあるものと思われる。

しかしながら、前述の例を踏まえたとしても、現職の弁護士には死刑制度反対の方が多い。「加者を救えばになるからではないか?」などと邪推するも多く聞こえるが、本当の理由はそんなものではなく、単直入に言うと警察や検察の捜が信用出来ないから、死刑止を訴えていると言える。最初から容疑者が真犯人であるかのようにシナリオが用意され、そのシナリオに沿って捜し振る舞う捜当局の姿勢、そして蓋を開けてみたら冤罪であったケースも決して少なくない…こうした不信感や不満から「こんな杜撰な捜に人の命を預けてはならない」という思いを募らせ、弁護士になる前は死刑制度賛成だったのが死刑反対へと替えする者も少なくない、という訳である。また弁護士はその立場や性質上をまざまざと見せつけられることが多く、「自分は依頼人である加者を巨大な権を持つから守るべく闘っているのだ」と錯覚(※)してしまうのだろう(※一般民衆から見た感覚。本来加者の相手は被害者であり、被害者の代理に過ぎないはず)。そう考えると、弁護士に左が多いのもある意味合点がいくことではある。

また、少年による殺人等、犯罪が相次いで報道されるたび、少年法の撤未成年者に対する死刑めるが少なからず起こっているが、そもそも論として18歳未満死刑や終身刑を禁じているのは少年法ではなく「児童の権利に関する条約」である。即ち、18歳未満少年死刑刑する行為は違法どころか際法違反であり、法律違反以上に瑕疵ある行為となってしまうのである。もし少年法正を訴えるとしても、犯行当時18~19歳だった少年を成人と同等の基準で裁くことを可とする程度しか訴える余地はない点に留意すべきであろう。

国際的な趨勢

アムネスティインターナショナルの調べによると、2010年現在

となっている。いわゆる「先進国社会において、現在民の多数道徳観が死刑制度を必要とみなし、実際に継続的に死刑を執行しているは、日本アメリカ台湾シンガポールの4ヶであると言われている。

人口の多い死刑存置が多く、国家数では少数でも、人口別に見ると実は死刑存置の方が多数になる。

地域別に見ると、アジアでは東アジアから中東まで大多数の死刑を実施している(韓国香港フィリピン他いくつかのを除く)。アジア以外では、アメリカキューバベラルーシ、およびアフリカの10数ヶほどが実施しているのみである。

ちなみに、際的に多数だから合わせるべきだというは、いわゆる「衆人に訴える論証」になり、詭弁になってしまうので死刑の立場としてもくれぐれも注意したい。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%AD%98%E5%BB%83%E5%95%8F%E9%A1%8C
ページ番号: 5008065 リビジョン番号: 2598246
読み:シケイソンパイモンダイ
初版作成日: 12/12/07 16:49 ◆ 最終更新日: 18/06/14 18:48
編集内容についての説明/コメント: 誤字を訂正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

死刑存廃問題について語るスレ

1383 : ななしのよっしん :2018/12/04(火) 22:36:06 ID: x7IcOwB2am
ごめん、>>1382の解読を試みたけど、何をめられているのか本気で分からん。
事故』『懲役』『止』全部全然違う話から単取ってきてて、何の話に回答をめられてるのかすらさっぱり。
1384 : ななしのよっしん :2018/12/05(水) 08:59:56 ID: ckv0WXAzSo
>>1381
そう、死刑社会秩序の関係については「諸説ある」。死刑止で犯罪が増えるというデータもあれば変わらないというもあるけれど、明確な結論は出ていない
ところがの一部は結論が出ていないはずの議論をまるで「変わらない」「減る」が結論であるかのようにして止を急がせる。君のようにね

普通に考えて法正(特に刑法正などという社会基盤にかかわる大事)には慎重に議論を重ねなければならず、正した結果どうなるのか筋を立て、予想される反への対策をしっかりととってから踏み切るべきだろう
そういった手続きを軽視あるいは視している限り民の賛同を得られない。だと思うなら投票でもやってみろってんだ

個人の意見としては「死刑止して犯罪が増える確率が1でもあるなら止すべきではない」と思うけどね

>>ID: x7IcOwB2am
死刑止のメリットは何があると考えている?これまでからもまともな返答が返ってこなかったからある意味
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1385 : ななしのよっしん :2018/12/05(水) 22:48:03 ID: x7IcOwB2am
えぇ……そこまでメタクソに言われなきゃならんこと言ったのか?
正直なところ死刑制度の賛成反対自体にそんな情熱も知識も持ってくて、ちょっと思ったこと聞いただけのつもりだったんだが……
なので、ごめん。>>1384せっかくだけど、反論も何も出来んわ……
1386 : ななしのよっしん :2018/12/05(水) 23:07:41 ID: qq6WvE1ww9
死刑論者というのはそれだけで被害者遺族や犯罪を憎む圧倒的多くの日本国民から憎まれるものだという自覚が足りなすぎる。
憎まれ嫌われかれる覚悟もないならするなよ。
死刑止論を唱えたいのなら、自分より自分を憎む相手を説得するだけの根拠と人格と根回しが必要なのに、軽く考え過ぎ。
光市母子殺害事件ゴミクズ弁護士団がただでさえ死刑論者社会、弱者の敵の印を強めてくれたからな。
1387 : ななしのよっしん :2018/12/06(木) 08:42:39 ID: ckv0WXAzSo
>>1385
あー、自覚パターンかな
>>1379とか>>1381とか見て「ちょっと思ったこと聞いただけ」なんてふつう解釈されないぞ
死刑制度のリターン経済的なものとか言っちゃう時点でいろいろとおかしいのはわかってたけどさ

ここもそうだけど、世論の圧倒的多数である死刑存置をわざわざする場所っての暴論にうんざりしてる人ばかりだから発言には気を付けたほうがいいよ
1388 : ななしのよっしん :2018/12/06(木) 17:54:26 ID: JL6tESQLWm
>>1381で現のはずのフランス酷い現状をもって死刑存置のデメリットってる時点でただ煽りたいだけの馬鹿だろ
1389 : ななしのよっしん :2018/12/07(金) 13:22:17 ID: NPdxsKD6RW
調べてみたがでも悪犯に対しては死刑を行ってほしいというは大きいらしい
1390 : ななしのよっしん :2018/12/10(月) 17:29:54 ID: u6NRy1NSVp
そりゃそうだ、犯罪を犯したがまたのうのうとそこらを歩き回るなんて一般人にとっては正気の沙汰じゃない
更正した、心したなんてあり得ないとは言わんが、再犯の危険と秤にかけりゃ出てきてほしくない。ってなるのが普通だろ
1391 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 23:40:19 ID: poyxnUK3gj
止にせよ存置にせよ治安を向上したければ一般庶民、特に下層に属する人間に「たちの人生より悪犯の方が恵まれている」と思わせてはいけない
1392 : ななしのよっしん :2018/12/12(水) 23:43:41 ID: /TMwXnQu6X
それで拷問を行い恐怖を与える方向で制御しようとして大失敗したのが江戸時代だから人間とは御しがたいものよ
中国もできるだけ恐怖ではなく絶望で制御しようとしてるけど上手くいくかどうか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス