死徒二十七祖単語

シトニジュウナナソ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

死徒二十七祖とは、TYPE-MOON作品に登場する吸血種(死徒)たちの頂点に位置するモノ達の総称。

概要

深刻な吸血衝動を持つ「」が衝動を抑えるために用意した人間が元とされている。
祖によって血を吸われた人間は大抵の場合死亡してしまうが、体のポテンシャルが高い者や吸血鬼としての適正が高い者は「死徒」となり、他者の血を吸うことで体が劣化しなくなる吸血鬼となった。
他者の血を吸い、自身の血族を増やすことでを付けていった死徒たちの中から、祖の支配から逃れ始めるモノ達が現れる。その中でも最古の27人を死徒二十七祖と呼ぶようになった。

月姫Fateの時代にはすでに教会魔術協会、果ては同族である死徒の手によって滅ぼされてしまった祖が存在している。
二十七祖の座は奪い取ることも、正統に子孫が継承することも可で、席になった祖の座もいずれは埋まるようになっている。

ナンバーがどういう基準で付いているかは不明。少なくとも戦闘順でないことだけははっきりしている。
順位の並びは、第十六位のグランスルグ・ブラックモアが二十七祖の中でもトップランクに位置するとされていることから順位と実は必ずしも一致していないが、上位の十名に関しては通常の概念では打倒し得ない存在とされている。

しばしば議論の的となるサーヴァントとの実差だが、ただこの疑問について奈須きのこ過去三回発言している。
要約すると

一度は「二十七祖のほぼ全員均的なサーヴァントとガチンコできる」
二度は「相性もあるがサーヴァントやや有利。特に三騎士クラスは安心して見守れる」
三度は「どっちもどっち。互いに殺す手段はあるので状況次第」

このようになっている。
結局のところは相性や状況次第で勝敗は変わってくるとのこと。
二度の発言についてはこのあとエクスカリバーゲイ・ボルクについて言及しており、またFate/zeroなどの別シリーズが何も出ていない頃の話であるため、第五次聖杯戦争サーヴァントとの較をっているという見解がある。
ただし、第一位と第五位に関してはそもそも規格外の存在であるためサーヴァントでも太刀打ちできないとされる。

死徒二十七祖一覧

1/プライミッツ・マーダー

"ガイア怪物"。い魔。人類に対する絶対的殺権を持つ。
死徒二十七祖 第九位のアルトルージュブリュンスタッドに従っている。
元々は血を吸わなかったプライミッツ・マーダーが血を吸うようになったのはアルトルージュ真似たため。
二十七祖に数えられているが死徒ではない。
本来プライミッツ・マーダーを制御するには七騎の守護者が必要とされている。
サーヴァントシステムはこれを参考としたものである)

2/the dark six

"闇色の六王権"。最古の死徒だが現在蘇生中。
これが復活したには全ての死徒を束ねるとされている。
月姫の続編とされている「the dark six(仮称)」では、この死徒の復活、もしくは完成論む二十七祖達と
教会魔術協会、そして真祖の姫を巻き込む大戦となる、らしい・・・。
詳細は不明。

3/朱い月のブリュンスタッド

"タイプ・ムーン"、"アルティミット・ワン"とも呼ばれる、全ての祖の原初たる存在。
人類の誕生で危機感を持った地球)に対し、自分がアナタを守ろうと持ちかけたことで地球に迎え入れられた。
しかし、実際の的は滅んでしまった自身の、つまりの代わりに地球を手に入れることであり、
いずれは地球ガイア)と人類(霊長・アラヤ)の双方から粛清されることを予見し、自身の器となる「祖」を生み出すシステムを作り上げる。
だが生まれてくる祖はどれも欠陥品であり、満足のいくポテンシャルを持った「アルクェイド」が誕生する頃には、
元帥ゼルレッチによって滅ぼされてしまっていた。
現在席だが、月姫Fate未来の話である『鋼の大地』では最後に人類の前に現れ正体を明かすとされている。

4/キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ

"宝石"、"魔元帥"、"カレイドスコープ"等の異名を持つ、現存する魔法使いの一人。
第二魔法平行世界運営】を行使することが出来る。
かつて「気に入らない」という理由だけで朱いブリュンスタッドに喧を売り、そのまま倒してしまった規格外なお方。
性格は空条承太郎に似ているとかなんとか・・・。
朱いの「落とし(字面まんまの技と思われる)」を「宝石ゼルレッチ」により防いでいる。
しかし、その戦いで朱いに血を吸われたため死徒となってしまった。
現在全盛期ほどの魔法を行使することは出来なくなっているらしい。
魔法使いは基本的に世俗に現れないとされているのだが、たまにふらりと現れては子を取り破滅させている。
結果としてゼルレッチの系譜の魔の名門も存在してるが未だに魔法へ至っていない。

ちなみに『Fate/stay night』の遠坂凛ゼルレッチの門下である。
アルクェイドとは幼少の頃に出会っており、「ゼル爺」と呼ばれている。
カレイドステッキケータイさんを作ったのもこの人である。

5/ORT(オルト)

"タイプ・マアキュリー"、"水星(?)のアルティミット・ワン"。攻性生物として次元違いのを誇る。
西暦より以前に南に落下したとされている。
彼(?)が落下した地点には大きなクレーターが出来ており、その地で固有結界水晶渓谷」に閉じこもったまま約束の時まで眠っている。
全長はおよそ40メートルほど。外見は蜘蛛に似ているが、UFOモードビーストモードに変形することが可
かつて前五位の祖が謀にも捕獲しようと挑んできたためそれを秒殺、撃退している。
吸血種としての性質を持っていることが判明したため、そのまま第五位の座を冠することになる。
あらゆる環境に耐えうる外殻を持ち、その外殻は地球上のどんな物質よりも鋭く硬い。
さらに"死の概念"を持っていないため、直死の魔眼でも倒すことが出来ないという"どうしようもない絶望"

プライミッツ・マーダーと同じく死徒ではない。言ってしまえば宇宙怪獣である。

6/リィゾ=バール・シュトラウト

"黒騎士シュトラウト"。魔剣ニアダークを持つ。
の吸血アルトルージュの護衛その1。時の呪いを病んでいるため不死。
二十七祖の中でも最古参の一人。

7/腑海林アインナッシュ

"思考"。かつては催眠暗示の固有結界を持つ魔術師あがりの死徒。
アルクェイドによると最古参だったが、彼女レンマスターによって滅ぼされ、その先代のアインナッシュの血液を摂取した吸血植物が死徒化したモノ。
その様はまさに動くであり、領域に入った者を見く襲い吸血する。
この事実は長い間知られていなかったため、動くアインナッシュ固有結界であると考えられていた。
後に殺人貴シエル、メレムソロモンらの手によって滅ぼされた模様。

8/フィナ=ヴラド・スヴェルテン

"白騎士ヴラド"。アルトルージュの護衛その2。"吸血伯爵"の異名を持つ。
美少年趣味で同性の人間からしか血を吸わないというアッー!な死徒。
同じ二十七祖のリタ・ロズィーアンとはの仲だといわれている。
ここまでの設定だけなら単なるイロモノキャラだが固有結界「パレード」をもって、二十七祖十四位のヴァン=フェムの
七大ゴーレムのひとつ「マトリ」を攻め落としているあたり実はある模様。

9/アルトルージュ・ブリュンスタッド

"の吸血"。血と契約の支配者。
祖と死徒の混血であり、誕生したての頃は安定していなかったため朱いの器としては不適格とされていた。
見た14歳ほどの少女だがアルクェイドであり、かつてと戦った際にそのを奪っている。
ワラキアの夜ことズェピアにを与えたのも彼女であり、物語の裏側で度々暗躍している。
外見は遠野秋葉に似ていて、2段階変身が可
月姫2ではヒロイン補の一人だとか何とか噂されているが、さて・・・。
ガイア怪物プライミッツ・マーダー黒騎士シュトラウト、白騎士ヴラドを従えているため、実質的な死徒たちのトップ
ロアには「ある意味朱い以上の怪物」と評価されている。

第二十位のメレムソロモンや第十六位のグランスルグ・ブラックモア、第十七位のトラフィム・オーテンロッゼから嫌われており、命を狙われているが、アルトルージュはメレムを気に入っている。

10/ネロ・カオス

"混沌"。体内に666の命の因子を渦巻かせているの群れ。
元々はフォアブロ・ロワインという名の魔術師で、永遠を追いめているうちに吸血種となった。
滅ぼすには666の命を一度に奪い去る必要があるため、本来なら全アルクェイドでも倒しきれない存在。
同じ二十七祖のトラフィム・オーテンロッゼが提案した「狩り」に賛同し、アルクェイドを追って日本の三咲町にやってくる。
ホテル人間を皆殺しにした後、アルクェイド遠野志貴を相手に圧倒するも、直死の魔眼という規格外の存在に出会ってしまったことで、頭に血が上り突進。直死によってネロ・カオスという存在そのものを"殺され"消滅した。
元々は学者であったため、戦闘面の知識とセンスが乏しかったことが敗因だったといえる。

11/スタンローブ・カルハイン

"捕食公爵"。"食うモノ"。第一の亡霊(スタンティア)。
すでに体は教会の手によって滅ぼされているが、残った念が周囲を破壊するとして残っている。
存在濃度が全に消滅するまで後二年ほどかかるというハタ迷惑な死徒。
オシリスの砂が行ったような規模の魔術式が起動した場合、引き寄せられてやってくるらしい。

12/―――

現在席。

13/?????

"タタリ"。"ワラキアの夜"。
も見たことがいのに存在するとされていた死徒。
アトラス錬金術師「ズェピア・エルトナム・オベローン」が人類滅亡を回避するために死徒となったその成れの果て。
第六法に挑むが失敗し体が消失。しかし事前にかけていた保険アルトルージュ契約するなど)の効果でシステムに留まることには成功し、「タタリ」という現として具現化するようになる。
アルトルージュとの契約は「千年後の朱い(二十七祖の朱いのことではない)」が現れることで終了する。
後継者としては「オシリスの砂」がいる。

14/ヴァン=フェム

"魔城ヴァン=フェム"。"財界の魔人"。
古参の死徒の一人で、財界に人としての顔を持つという稀有な存在。
魔術師上がりの死徒で、巨大な物を作らせたら右に出るものはいない人形師。
七大ゴーレム魔城」を想像する。
本名は「ヴァレリー・フェルナンド・ヴァンデルシュターム」。
最近のマイブームは「エコロジー」で、悪化していく地球環境に憂いを抱いているらしい。
Fate/stay nightから数年後の頃にはモナコカジノ船のオーナーをやっている模様。
衛宮士郎が彼のカジノ「フェムの船宴(カーサ)」に参加することがられている。
かつて白騎士ヴラド戦争になった際に、「第五マトリ」を攻め落とされたためアルトルージュを嫌っている。
アルトルージュと対立しているトラフィム・オーテンロッゼとは同じ最古参の死徒であるが、考えが古臭いからと嫌っている。
しかし、トラフィムが催する第六の儀式に資本出資という形で協はしている。

15/リタ・ロズィーアン

"芸術お嬢様"。典的なお貴族吸血鬼。先代の祖から正統に座を継承している。
下克上上等なこの世界ではむしろしいケースな気がするのは気のせいなのだろうか・・・。
祖の中でも突出した趣味をしており、同性愛者でふたなりが好き。
21位のスミレとは親友で、殺し合う仲(いわゆる殺し)。フィナとは相容れない。

魔法使いの夜にて、ポスターに「義眼、眼鏡の専門店ロズィーアン」と書かれているシーンがある。

16/グランスルグ・ブラックモア

""。"飲み"。魔術を極めて死徒になった。 固有結界「ネバーモア」を有する。
生前はという存在を溺する優秀な魔術師だったのだが、ある時朱いに戯れで挑まれ敗北する。
これといって強魔術を持つわけではなかった為あっさりと殺されるかと思いきや、とある偶然により一命を取り留める。
その偶然を良しとした朱いに自分付の魔術師になるように命じられ、仕えるべきにふさわしい姿になるために自身の姿をのように変貌させていった。
吸血鬼に血を吸われた人間グールゾンビになるが人の形を保っているのに対し、グランスルグに血を吸われた者はの頭とを持つ化け物へと変貌してしまう。
それゆえに他の死徒達からは優さに欠けるとして蔑まれているのだが、彼からすれば人の姿の方が優ではないと思っているのだとか。
16位という位に反し、その実月姫2の中でも上位に食い込むとされる。
レムとは朱いに忠を誓った者同士仲間であり、アルトルージュを嫌い、アルクェイドを擁護する。
しかしメレムの忠慕を交えた感情であり、これはグランスルグにとって度し難い不忠である。
月姫2では二人が争い、メレム死亡することが臭わされている。

17/トラフィム・オーテンロッゼ

""。魔術師から吸血種となった。
黒騎士シュトラウト、魔城ヴァン=フェムらと同じく最古参の一人。
朱いブリュンスタッドの最初の従者であり、その血統や領土の大きさから死徒の王とされている。
が、実質的にはアルトルージュに遅れをとっており、お互いに反しあっている。
ヴァン=フェムからは同じ最古参の死徒であるにも関わらず「古臭い」と言われたため険悪な関係になっている。
的な貴族思考の死徒であり、固有結界などの異質なは必要なく、ただ吸血種として優れていればいいという考えを持つ。
狩り」を提案した本人で、ネロ・カオスが極東の辺鄙な町で滅ぼされてしまったのは結果的に彼の責任であるといえる。
古き支配者である祖を嫌っているが始祖たる朱いには敬意を表している。

MELTY BLOODではアルクセリフで存在に触れられている。また800年前に彼のに二十七祖の内半数が集まったことがあり、ネロ・カオスはこれに参加している。

18/エンハウンス

"復讐"。先代の十八位の祖を殺したことで祖になった新参者の死徒。
その経緯から「エンハンス(片)ソード」と呼ばれ蔑まれている。
本来は不可侵とされている他の閥の死徒を狩り続けている異端の存在でもある。
他の祖のように特殊なや身体があるわけではないが、基本的に消極的な死徒の中にあって精と行動がずば抜けて高い。
これは彼がまだ人間性を残しているためであり、その行動こそが最大の特長であると言える。
先代から奪い取った「魔剣アヴェンジャー」と、教会で作り上げた典」を持つが、ヒトとしての部分が残っているために魔剣を握る右手神経が死んでいき、死徒であるためを持つ左手は腐っていく。
典のメンテナンスシエルがしているとの噂。
月姫2/the dark six(仮)」では殺人貴と合わせて主人公だとされている。

何のために復讐をするのかは、「考えてはいけないこと」と答えている。
原作者によると、外見はまんまダンテであるらしい。

19/―――

現在席。

20/メレム・ソロモン

"フォーデーモン・ザ・グレイトビースト"。"王冠"。朱いに血を吸われて死徒になった少年
自身が創造した四大魔獣を両手足として使役している。
死徒でありながら敵である教会埋葬機関に所属しているという異端中の異端埋葬機関の第五位。
宝物コレクターであり、教会に属しているのは教会に保管されている秘宝のそばに居たいからとか。
自称ピーターパン。同僚をあっさり喰い殺すなどかなり危険な人物。
どの集団からしても裏切り者であるだが、何故か他の祖は皆メレムを容認している。
朱いの後継者補であるアルクェイド慕にも似た好意を寄せているが、それがグランスルグの怒りをかっていることに子ども邪気さゆえか気づいていない。
同じ朱いの後継者補であるアルトルージュに対しては「紛い物」、「血の月蝕」などと呼び、かなり嫌っている模様。もっともアルトルージュの方はメレムのことを「食べてしまいたい」と思っているようだが・・・。

ちなみに本体の少年の姿を見たことがあるのは埋葬機関内でもシエルとナルバレック局長のみである。

21/スミレ

"ウォーター・ボトル"。スミレ
を越えることが出来ないという吸血鬼の弱点をした死徒。
ずっと水の中で過ごしている自堕落な吸血鬼であり、常によっぱらっている。
しかし、陸に上がることで酔いがさめ、死徒としては一「想具現化」を使用できるようになる。
その場合のスペックは上位に匹敵するとされる。
同じ二十七祖のリタ・ロズィーアンとは殺しあうほど仲がいいらしい。月姫2では酔って殺人貴に絡んでくるらしい。

22/―――

現在席。

23/―――

現在席。

24/エル・ナハト

"界経典"。"屈折"。変人(変態)ぞろいの二十七祖の中でも特に奇怪な死徒と言われている。
一対一であれば確実に相手を消去し、同時に自身も死亡するという心中のスペシャリスト
蘇生には数十年の時間を要するため、現在教会りのに封印されている。
埋葬機関の第一位、第二位が対死徒用の切り札として、彼ので作られた「界経典」と呼ばれるアーティファクトを持ち出す場合がある。この場合事実無敵だとされている。

25/―――

現在席。

26/―――

現在席。

27/コーバック・アルカトラス

"千年錠の死徒"。二十七祖きってのお笑い担当、らしい。
自身が生涯をかけて作り出した「トライテン」を守るために迷宮を作ったはいいが自分自身がそこから出られなくなった。現在は南錠の姿をしている。
ゼルレッチとは親交があるらしく、魔術師としての腕は魔法使い一歩手前なのだとか。
もしかしてケータイさん

人間だった頃は信仰者で、の教えと魔術融合教会に滅ぼされた「パララララ機関」の創立者は恐らく彼。
アルクェイドが産まれた時に会ったことがあるらしく、ドラマCDでその辺りの事情を聴くことが出来る。

番外/ミハイル・ロア・バルダムヨォン

"アカシャの"。"転生限者"。アルクェイドに血を吸わせることで死徒となった魔術師
教会側からは二十七祖として扱われているが、死徒側からは認められていないため番外扱いとなっている。
元々は信仰者であり、初代のロアは当時のナルバレックと教会埋葬機関を設立する。
その後、「永遠」を実現するために当時から最強とされていたアルクェイドを騙して血を吸わせ、祖であるアルクェイド直系の死徒となる。
それによって手に入れた強大なを用いて急速に勢を拡大したことから、死徒のであるアルトルージュが諌めにやってくるがこれを返り討ちにしている。
その後、教会と手を組んだアルクェイドの手によって滅ぼされるが、生前にあらかじめ選定しておいた赤子に魂を転生させる。これ以降「月姫」の時点まで18代に渡ってアルクェイドと交戦・転生を繰り返すが、遠野志貴の「直死の魔眼」によって魂を"殺され"その一生を終えた。
ネロ・カオスと親交が会ったらしく、「創世の土」の作成に協している。
錬金術師でもあったことから同じく錬金術師であるワラキアの夜(ズェピア)とは折が合う、かと思われたが技法などの違いからむしろお互いを下に見ている節がある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%BB%E5%BE%92%E4%BA%8C%E5%8D%81%E4%B8%83%E7%A5%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

死徒二十七祖

359 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 01:30:27 ID: ZAkkVFzKdr
>>358
死徒「上(人類悪)が代わりに頑ってくれるから俺らが強くなる必要ないし?」
360 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 18:32:52 ID: r+szUTBYsL
月姫世界
地球への覚めた朱いが自分仕様の触覚、祖をガイアに創らせる(吸血衝動も朱い本人のが元なら織り込み積みの仕様)
祖から死徒二十七祖という組を創り出し(朱いが意図的に祖から死徒を解放させたなら死徒二十七祖の座に治まってるのも自然)
The dark six(第六法)を死徒二十七祖に成就させて第五仮説要素を元の第五説要素に戻し自らの存在できる『世界』を実現させ、更に地球産のブリュンスタッドを用いる事で朱いタイプアースとして顕現させる
以上の朱いプランAが着々と成就している世界(なお本人はゼルレッチにぶっ飛ばされたので直接介入が不可能になってしまっている)
FATE世界
決戦魔術 英霊召喚が先に完成されたで第五仮説要素がより固定(言い換えると今の世界を構築する人理が固定)されてプランA不可能になり朱いが死徒による介入を途中で取り止めた世界
取り止めた理由は祖を生み出したまでは良かったけど、吸血衝動があまりにもかった為失敗を悟った、とか?

朱い
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
361 ななしのよっしん
2019/09/04(水) 22:13:33 ID: Y3Ctu2rMIR
ズェピアが半数もそろってないとか言ってたし、ワラキアブラックモア以外も相当欠けてるだろうねえ。
吸血鬼というより魔術師としてのスタンスが強い人物は普通に生き残ってそうだけど。
362 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 16:03:54 ID: 6wgb7lQDBd
ロードエルメロ二世の事件簿で気になった死徒の点。

その1:魔眼収集列車の支配人

月姫世界では死徒二十七祖第15位:リタ・ロズィーアンという薔薇預言者二つ名を持つ死徒。この死徒はおなじ他の二十七祖の死徒に破滅の予言をを告げて、後継者を作れと促す。
つまり何かしらの未来視の魔眼を持つ死徒だから、あのような魔眼収集列車運営していた可性。

あと気になった、出るかわからない月姫2の舞台

朱いが定めたとされる、イギリスの片田舎アルズベリで行われる儀式。原液持ちの六人の祖の死徒が戦うとされ、この儀式は死徒にとって悲願ともいうべき儀式。でもこの儀式は何かに似ているような・・・

七人の魔術師が殺し合いをする聖杯戦争。この儀式の本来の的が第三魔法の成就。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
363 ななしのよっしん
2019/09/14(土) 19:45:48 ID: 7r/es2Rge0
微妙世界観の繋がりがTYPE-MOON作品の醍醐味だと思ってる
パラレルワールドだよって言われたらくそおもんなってなる

でもFGOはパラレルで問題ない
364 ななしのよっしん
2019/11/02(土) 04:29:00 ID: AnqDNO5SYA
ちょっと気になったんだが祖ってTYPE-MOONよな?
ストライクザブラッド祖ってのはきのこ許可取ってるって話あるの?
365 ななしのよっしん
2019/11/02(土) 10:44:43 ID: 7K/6Eq2fmK
型月より前からあるワード
366 ななしのよっしん
2020/04/14(火) 19:48:11 ID: zhAXG8gAVB
fgoでついにortの掘り下げくるらしい
367 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 21:37:53 ID: FAPLzK3rtc
ORT調べてウルトラ怪獣でいうと並ぐらいと知ってどんだけ魔なのかあの世界とちょっと考えたら技術で魔法と同じ事出来る世界だった衝撃
368 ななしのよっしん
2020/09/29(火) 22:11:57 ID: cJo2W03Oyl
>>367
ウルトラマン世界地球の技術バラツキはあるものの

軽装な隊員の性下200〜摂氏2000度まで耐えられて、着用者にも負担は与えず
更に初代ウルトラマンセブン制服は、宇宙空間に出ても問題

他にはウルトラマン線と同じ熱量(摂氏数十万度)を持つを作ってるのがチラホラ(威に関しては、ウルトラマン達の方は少しを出せば地球サイズ以上の太陽黒点を消せる)
あとは、共通して惑星破壊兵器ポンポン作り出したり
エースの時代にはタイムマシン異次元転送装置まで作られ
メビウスの時代になると侵略宇宙人UFOの残骸からオーバーテクノロジー兵器をたくさん作ったり

ティガダイナ世界だとネオマキシマオーバードライブという破格のエンジンを作り出して
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改